« イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(7/29) | トップページ | J1リーグ第19節仙台対名古屋 »

セリーグ ヤクルト対広島(7/31)

2018.7.31 (火) 18時 神宮球場
C 100101030 6
S 200000001 3
[敗]小川、[勝]ジョンソン
[H]S:安部(近藤)、田中(近藤)

オールスター後の最初の神宮観戦。このところ、いろいろ都合が合わなくて見に行けなかったので、だいぶ間が空いた。

6時半過ぎ到着で、まだ1回裏。1対1になっていたが、目の前で川端のタイムリーで逆転。先発投手がヤクルト小川、広島ジョンソン。好投手同士の割に、荒れた試合のようで、長引きそうだなと思った。
2回以降は多少落ち着いたけれど、両先発ともいまいち調子に乗りきれないようなピッチングが続いた。小川は、4回に鈴木にヒットを打たれ、安部のスリーベースで還されて同点。6回には、また鈴木のヒットをバティスタのツーベースで還され2対3と逆転。小川は6回裏に代打が出たので、この回まで。
一方のジョンソンは、4回と5回にピンチを迎えたが凌いで、こちらも6回表に代打を送られて交代。
ヤクルトのリリーフ陣は、7回の中尾は、苦労しながら無失点に抑えたが、8回に近藤が安部と田中にホームランを食らって3失点。9回は星が無失点。
広島のリリーフは6回の一岡が1四球のみで無失点、7回の永川が三者凡退、8回のフランスアも三者凡退。この辺が差を分けた感じ。ちなみにフランスアの速球は、最速157km表示を出してたみたい。
しかし広島の9回裏のクローザーは中崎で、確か今年はヤクルトが、最終回に3点差をひっくり返したこともある相手だから、すんなりは終わらないんじゃない?と思った。案の定で1死後、代打・畠山のツーベースを代打・谷内がタイムリーで返し、さらに2安打で2死満塁にしてバレンティン。ホームランなら逆転サヨナラ。
しかしここは中崎が踏ん張り、ニゴロで終了。終了時刻が10時を回る長い試合だった。

塩見が5番で起用されてた理由が、よくわからなかった。下で最近3試合、塩見の出場試合を見ているが、それほどの力を見せた場面はなかったと思う。経験を積ませるにしても、5番起用は? 今日の試合では、明らかに打線のつながりを切っていたし。

それにしても、球場で見ていて、ここまで長い試合になると、正直、勝ち負けなんてどうでもよくなるし、さっさと終われよとしか思わない。試合の盛上りとか、チームの粘りとか、どうでもいい。
たまになら盛上りもいいけど、近頃のヤクルトって、こういう試合ばっかりだから、見る気が失せてきてるという面もなくはない。ダラダラ長くて、時間がかかり過ぎるんで、オールスターで少し間合いが空いたら、テレビの中継とか、あんまり見る気がしなくなっちゃった。連勝で2位とか関係ない。強打弱投だから、そういう試合しか出来ないってのは分かるし、勝つならこういう形しかないのも分かるんだけど。
20180731board
20180731kyujo
20180731end
20180731score

|

« イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(7/29) | トップページ | J1リーグ第19節仙台対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/67008728

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対広島(7/31):

« イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(7/29) | トップページ | J1リーグ第19節仙台対名古屋 »