« セリーグ ヤクルト対阪神(7/1) | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(7/10) »

イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(7/9)

2018.7.9 (月) 13時 ヤクルト戸田球場
M 010000010 2
S 00030020X 5
[勝]岩橋、[S]梅野、[敗]藤岡貴

ヤクルト戸田球場のイースタンリーグ。
晴れていて風が強かったが、雲が多い空模様で、近所では大雨警報が出ている自治体もあったから、油断できんなと思った。それもあって、ブルペン横の座席は無料だったはずだが、身軽に動けるように土手上で観戦していた。もっとも、結局、最後まで天気は崩れなかった。

先発投手はヤクルト古野、ロッテ藤岡。
古野は3回まで投げて被安打5(しかも大半がクリーンヒット)、与四球1。ロッテが三振ゲッツー2回と拙攻を繰り返したおかげで、2回に1点を失っただけで済んだけれど、この内容ではちょっと、という感じの出来。
4回からは岩橋が投げ、こちらもぴりっとしない出来だったが、引き続きロッテの拙攻にも助けられ、6回まで無失点。
打線は一回り目は藤岡にほぼ完璧に抑えられていたが、4回に突然、藤岡の制球が乱れ始めた。奥村の死球に始まり、廣岡・村上の連続タイムリーで逆転。2死後、渡邉のスリーベースでもう1点。3-1になった。
7回には、ロッテ3番手の山本が制球難なのに付け込んで、押出し四球と奥村の犠飛で2点追加。
投手は7回から山中が登板し、8回に2安打と四球で1死満塁として、内野ゴロで1点を失ったが、後続は断ち、9回は梅野が先頭打者に四球は出したものの、あとはきっちり抑えて逃げ切った。

ロッテの拙攻で救われた試合。投手でまずまず良かったのは、梅野だけじゃないかな。他の3人には不満が残った。得点も、ロッテ投手陣の自滅ぽいものが多かったし、まあ、勝ちを拾った感じだったかもしれない。
20180709kyujo
20180709board
20180709end
20180709score

|

« セリーグ ヤクルト対阪神(7/1) | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(7/10) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66923844

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(7/9):

« セリーグ ヤクルト対阪神(7/1) | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(7/10) »