« 2018年6月 | トップページ

イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/21)

2018.7.21 (土) 16時 浦安市運動公園野球場
S 001002000 3
M 000000000 0
[勝]寺島、[S]梅野、[敗]渡邊
[H]S:村上(渡邊)

初めて来た球場。新しい球場らしく、きれいだった。バックネット裏からだと、(遠くに)海は見えるし、プロメテウス火山は見えるし、飛行機が次々飛んでくのが見えるし、隣の陸上競技場のスコアボードも見えるし(関東リーグのサッカーをやっていた)、気が散り放題(^^;)。
なお、観客数は1016人だったとのこと。

先発投手はヤクルト寺島、ロッテ渡邊。
寺島が下で先発して投げるのは初めて見た。正直、よくわからない。特に何か圧倒的なものを持っているわけではなく、ヒットはポツポツ打たれるし、制球が不安定になって四球でランナーを溜めることもある。でも、野手の好守にも助けられ、要所は締める。何がいいのか、よくわからないけど、結果的には6回無失点。そういえば、赤川にも、こんなふうな印象があったなあ、というのを思い出した。

ロッテの渡邊は、そんなに悪くはなかったが、ボールが先行しがちで、苦労していた印象はあった。
3回に渡邊自身のエラーで山崎が出て、村上のタイムリーでヤクルトが先制。6回には先頭の村上のソロホームランの後、大松・比屋根の連打から、内野ゴロでもう1点。
7回以降は双方継投に入り、ヤクルトは7回山本、8回松岡、9回梅野とついないだ。ちなみに、ロッテは7回関谷、8回高野、9回大隣。ランナーは出たものの、得点には至らず、そのまま3対0で終了し、ヤクルトの勝ち。

村上がサードの守備に就いていたので、興味津々で見ていたが、平凡なゴロをふたつ、無難に捌くだけの守備機会しかなかった。ショートに入った廣岡が、横っ飛びでヒット性の当りをふたつアウトにしたから、なおさら霞んでしまった。廣岡は、今日の守備は冴えてたな。グラブを出せば、ボールが吸い込まれてくる、という感じだった。
20180721board
20180721stadium
20180721end
20180721score
20180721gaikan1
20180721gaikan2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「ダーク・ジェントリー全体論的探偵事務所」

「ダーク・ジェントリー全体論的探偵事務所」 ダグラス・アダムズ 河出文庫
この作家には、ずいぶん前から関心を持ってたが、手を出す機会がなかった。ようやく読んだ。
タイトルから、ミステリぽい小説かと思ったし、それが今回読むことにした、直接のきっかけでもあったのだけど、これは自分の感覚からしたら、まるっきりSFだな。殺人事件が起きて、探偵がその真相を追及するという要素はあるが、それはこの小説のほんの一部。もっとも、だからつまらなかった、というようなことは全くなかったから、特に問題はない。
いろんなSF的なアイディアをひねくり回す、ドタバタでナンセンスなイギリス流コメディだけれど、きっちり伏線が埋め込まれているので、軽く読み流していると、あれれ?と慌てて前に引き返すことになる。楽しく読めるだけでなく、しっかりプロットが構成されていた。
コールリッジの「老水夫行」が重要なモチーフになっているという訳者前書きがあり、どういうことかなと思ったが、最後まで読んで納得。気の利いた前書きだった。こういう古典文学作品をネタにしていること自体、イギリス流かな、とも思った。
(2018.7.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1リーグ第16節浦和対名古屋

2018.7.18(水) 19時半 埼玉スタジアム2〇〇2
観客 21250人 主審 木村博之 副審 平間亮、蒲澤淳一

 浦和レッズ 3(1−1)1 名古屋グランパス
        (2-0)

 得点 40分 浦和・遠藤
    45+1分 名古屋・ガブリエル シャビエル
    70分 浦和・槙野
    78分 浦和・遠藤

J1リーグ再開初戦。現地観戦。

ボロボロのチーム状態だった名古屋が、2ヶ月の中断期間で、どれだけ建て直してきたかというのが、この試合のポイントのはずだったけど、残念ながら、チーム力がリーグのレベルに見合ってないのが、今の惨状の根本的な原因と理解しているし、選手の力が劣っている所を、戦術的に何とかするという思想がヤヒロにない以上、大きく状況が改善する期待は、個人的にはほぼ持ってなかった。一応、新戦力の補強はしたから、何かあるとすればそれくらいかなとは思ってたが、そういう人たちは、そもそもこの試合はメンバーに居なかった。理由は知らないけど、とにかくその時点で、期待値はさらに下がった。

名古屋の先発メンバーはGKランゲラック、バックスは右から宮原・新井・櫛引・和泉、中盤は中央引き気味に小林、前気味にアーリア、児玉が左サイド、右寄りトップ下に玉田、2トップがシャビエルとジョー。そんな感じ。
中断前と何も変わってないじゃん、と思ったし、始まってみても、その印象はまるっきり変わらなかった、というか、どんどん強くなった。

ものすごく蒸し暑くて、選手がよく動く、いい内容の試合が期待出来ないのは分かっていたが、それにしても名古屋は何も出来なかった。まあ、左サイドで児玉と和泉が連携して積極的に仕掛けた場面には、ちょっとわくわくさせられたし、序盤にシャビエルのポストを叩くミドルなんかもあったけれど、大半の時間は球を持って、漫然と回しているだけ。そりゃあ、ポゼッションは高いけど、何か起こせそうな気配はまるで感じられなかった。そういうチーム相手に、全然突っ掛けてこない浦和もどうかと思ったけど。序盤から、名古屋のバックライン(特にCB2枚)がザルなのは見えていたし、試合の最初の方では、そこを突いてチャンスも作っていたのにね。
ごく低調な試合内容。でも、そのおかげで何とか前半はスコアレスで終れるのかな、と期待し始めた矢先の40分に、CKから浦和にやすやすと先制された。それでも、前半が終わろうとした所で、シャビエルのミドルが決まり、1対1で折り返す。全く期待していなかったから、このゴールは嬉しかったけど、これで試合内容のひどさをうやむやにされてもかなわんな、とも思った。

後半は双方とも、全体的には前半より多少活気が出て来て、チャンスらしい場面も増えたように思えた。ただ、名古屋の前半の見所だった和泉と児玉は、やはり疲労が激しかったようで、次第に目立たなくなっていった感じ。結局2人とも、試合途中で交代になった。
そして70分に、前半の失点と同じようなCKからの失点。78分にも、もう一度、CKから失点。このチームには、修正能力が全くないように思える。
そこからスコアは動かず終了。

中断前より良くなっていると、ヤヒロや選手はコメントを出しているみたいだけど、良くなっているとしても、ほんの僅かだし、泥沼から抜け出せる期待を感じさせるような改善には、全くなっていないと思う。しかも、対戦相手の内容の悪さを考えたら、差引きプラスが本当にあるのかも、相当疑わしいと思う。

2ヶ月のインターバルを、無駄に過ごしてしまったんだなと思ったし、もう覚悟はした方がいいとも思う。まあ、この試合では出て来なかった(なぜ出て来なかったのかな)新戦力が、最後の望みとして残ってはいるけれど。そこでダメなら、本当に終わりだろう。

[2018.7.21追記] 新戦力の選手が出場していなかったのは、登録の関係と教えてもらったけれど、それならそれで、なぜ登録が間に合うようなタイミングで補強出来なかったの?、と思うんだが。まあ、この辺にも、仕方ないと思える理由があるのかもしれないが…。とにかく、次の試合の結果次第だろうな。
20180718board3
20180718stadium
20180718goarlura
20180718score3
20180718aisatu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都市対抗野球1回戦 セガサミー対NTT西日本

2018.7.18 (水) 14時15分 東京ドーム
セ 000122012 8
N 000000000 0
[H]セ:根岸(吉元)、神野(吉元)

セガサミー(東京都)対NTT西日本(大阪市)。これはどっちのチームにも遺恨?(^^;)はないので、特にどちらを応援するということもなく。

両先発投手が快調に滑り出し、3回まで0対0。ただ、3回裏はセガサミーの森脇が、ヒットを打たれた後、2四死球で2死満塁として、無失点で切り抜けたものの、やや不安定な印象を残した。
しかし先に失点したのはNTTの濱崎だった。4回表にツーベースと味方エラーで無死3塁から犠飛。5回表にはヒット、犠打の後、タイムリーツーベース。ここで投手交代。見切りが早いなとは思ったが、ノックアウト式の大会だからね。ただリリーフした波多野も打たれて、この回もう1点、3対0。
NTTは6回に3番手の投手・本田を送ったが、ヒット3本と1四球で1点失った後、4番手・吉元も犠飛を打たれて、5対0。投手交代が全くうまくいかなかった。
一方、セガサミーの森脇は、4回以降もヒットや四球でランナーを出し続けたが、なんとか切り抜けているうちに落ち着いてきた。打線が8回に根岸のソロホームラン、9回に神野のツーランと、だめ押しにだめ押しを重ねた効果もあってか、最後の3イニングはスイスイ。無失点で最後まで投げきった。

個人的にありがたいこともあったので、この先はセガサミーを応援するわ(^^;)
20180718board2
20180718score2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都市対抗野球1回戦 新日鐵住金鹿島対日本新薬

2018.7.18 (水) 10時半 東京ドーム
鹿 101000520 9
日 001010000 2
[H]鹿:藤本(西川)、林(阿部)、片葺(阿部)、日:板倉(大貫)

新日鐵住金鹿島(鹿嶋市)対日本新薬(京都市)。住金鹿島は応援団にアントラーズのしかおが居るのを発見したので、日本新薬びいきで見ることに決定したんだが(^^;)。

住金鹿島が初回にツーベース犠打犠飛で先制し、3回に藤本のホームランでもう1点。
日本新薬も、3回裏にスクイズで1点返し、5回には板倉のホームランで同点。接戦の気配が漂った。
けれども、7回表に鹿島が1死1-2塁にした所で、日本新薬が先発投手の西川を榎田に交代し、これが裏目に出た感じで、3安打1死球で5点を失い、阿部に交代。阿部もこの回は切り抜けたが、8回に林、片葺の連続ホームランを浴びて2失点。
住金鹿島の大貫は、球が速いし変化球も切れているようで、失点した中盤は、少しもたついている感じがあったけれど、終盤持ち直し、大差がついて日本新薬が淡白になったこともあり、悠々完投。住金鹿島9対2日本新薬で終了した。
20180718kyujo1
20180718board1
20180718score1
20170718sikao

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都市対抗野球1回戦 新日鉄住金かずさマジック対西部ガス

2018.7.16 (月祝) 14時半 東京ドーム
か 000400200 6
西 001110001 4

神宮第二から転戦。転戦してちょうど、くらいの時間計算でいたが、前の試合が長引いたらしく、プレイボールが予定の14時から14時半に繰り下がっていた。
諸状況を考えて、久々に(かずさマジック)チーム券の行列に並んでみたが、えらい人数で、外野席まで食い込んでいた。なので、いつも一般席で見ているのと大差ない場所での観戦になった。

試合内容はおおむね五分。3回裏に西部ガスが1点先制したが、4回表にかずさが集中打で4点取って、すぐにひっくり返した。西部ガスも4回5回にコツコツと1点づつ返したが、7回にまたかずさが、集中打で2点取って突き放した。かずさには、一度火が付くと、一気に来る勢いがあった感じ。それでもまだ3点差だし、なんとも言えない所だったが、7回裏から登板したかずさの4番手投手の山川が、7-8回を連続で三者凡退で抑え(8回は三者三振)、9回裏は2死後にヒットとツーベースで1点を失ったものの、次打者を内野ゴロに打ち取って終了。かずさが逃げ切った。

ヒット数などは似たようなものだったし、投手陣の出来も大差はなかったと思うんだが、チャンスで集中打が出たかずさの方が、うまく得点を積み上げることが出来ていたな、という感じだった。
20180716board2
20180716kyujo2
20180716score2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国高等学校野球選手権 東東京大会 3回戦 順天対大森学園

2018.7.16 (月祝) 10時 神宮第二球場
順 1200100224 12
大 2020013001 9

高校野球は守備範囲外と思っているので、見に行ったことはなかったが、オリンピック絡みで神宮第二が取り壊されるという噂(?)があり、あれだけ前をさんざん通っていながら、一度も入らずになくなってしまうのは、なんだか悔しいので、一度入ってみたいと思っていた。この球場では、今は基本的に高校野球しかやっていないので(昔は東都の2部とかもやっていたはずだが、安全上の理由か何かで、数年前からやらなくなっている)、高校野球を見に行くしかない。今日はチャンスだと思ったので、カード度外視で見に行くことにした。こんな白熱した試合になるとは思わなかった。

序盤から、噛み合った試合だなとは思っていた。7回裏に相手の守備ミスから、大森が一気に3点追加して、4点差にした所で、勝負あったかと思ったが、順天が粘りを見せて8回9回に各2点を上げて追い付く。
10回表の大森は、先発投手に9回裏に代打を出したので、レフトをリリーフで投げさせたが、制球難と集中打で4点を失った。その裏、4失点した後、元の守備位置に戻ってプレーを続けていたレフトが、ヒットで出て還って1点返したものの、そこまで。順天が逃げ切った。

ミスの多い試合内容もそうだけれど、8点取られても先発が投げ続けていたり、選手がバタバタ倒れたり(足がつったり)、倒れても交代せずに復帰したり、いかにも高校野球だなあ、と思った。まあ、強豪校なら、また事情もいくらか違うんだろうけど。
今日は見ていて楽しめたけれど、これからは高校野球も、という気分には、やっぱりならない。なんというか、少なくとも、地方大会のこうした下のレベルでは、本来、第三者に見られることを前提にしていないんじゃないのかな、という気もして、見ていて、少しやましい気分になったりもするし。

元々、この試合を見に行った目的だった球場については、なるほどこういう構造だったのか、みたいな所が興味深くて、楽しめた。屋根席も広いし、結構試合を見やすい球場という印象を受けたけれど、この立地でこのサイズでは、今の時代、存続させていくのに、いろいろ難しい面もあるだろうな、とも思った。それほどしっかり手入れもされていない感じだったが、どうなるんだろう。
20180716board1
20180716score1
20180716kyujoleft
20180716kyujo1
20180716kyujoright

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対巨人(7/10)

2018.7.10 (火) 18時 神宮球場
G 012200100 6
S 000001110 3
[敗]ブキャナン、[勝]メルセデス、[S]マシソン
[H]G:長野(ブキャナン)、マギー(ブキャナン)、坂本(ブキャナン)

オールスター前最後の神宮観戦。

先発はヤクルトがブキャナン、巨人はメルセデス。
キャリア的にはブキャナンの方が全然上のはずだけど、2回表に1失点してたし(長野のホームラン)、3回表に自分が球場に入った直後、目の前でマギーにツーランを食らった。4回表にも坂本のツーランで5失点、5回で降板。
メルセデスも5回までだったが、無失点。すごくいい内容という感じではなかったけど、ミスの少ないピッチングだったかなと。

6回以降は双方継投。6回裏にヤクルトが桑原から1点(畠山のタイムリー)、7回表に巨人が近藤から1点(陽のタイムリー)、7回裏にヤクルトが桑原から1点(上田のタイムリーツーベース)、8回裏にヤクルトが澤村から1点(雄平のタイムリー)。双方、ランナーを溜めて、一気に崩せそうで崩せない、もどかしくて地味な加点が続いた。それでも、なんとなくヤクルトが3点差まで詰めた、というイメージで9回表に入ったが、9時を回っていたので撤収。
9回裏は打順も良かったので、逆転サヨナラの目はあると思ったが、簡単に三者凡退で終わってしまったらしい。自分が撤退するまで、4打席4安打と、前日のサイクルヒットに引き続き、絶好調だった山田も、9回裏はあっさり凡退してしまったようだし。

とはいえ、山田はついに打率が3割に乗った。一気に調子を上げてきたね。チームの調子とは、全く連動してないが。
20180710board
20180710kyujo
20180710score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(7/9)

2018.7.9 (月) 13時 ヤクルト戸田球場
M 010000010 2
S 00030020X 5
[勝]岩橋、[S]梅野、[敗]藤岡貴

ヤクルト戸田球場のイースタンリーグ。
晴れていて風が強かったが、雲が多い空模様で、近所では大雨警報が出ている自治体もあったから、油断できんなと思った。それもあって、ブルペン横の座席は無料だったはずだが、身軽に動けるように土手上で観戦していた。もっとも、結局、最後まで天気は崩れなかった。

先発投手はヤクルト古野、ロッテ藤岡。
古野は3回まで投げて被安打5(しかも大半がクリーンヒット)、与四球1。ロッテが三振ゲッツー2回と拙攻を繰り返したおかげで、2回に1点を失っただけで済んだけれど、この内容ではちょっと、という感じの出来。
4回からは岩橋が投げ、こちらもぴりっとしない出来だったが、引き続きロッテの拙攻にも助けられ、6回まで無失点。
打線は一回り目は藤岡にほぼ完璧に抑えられていたが、4回に突然、藤岡の制球が乱れ始めた。奥村の死球に始まり、廣岡・村上の連続タイムリーで逆転。2死後、渡邉のスリーベースでもう1点。3-1になった。
7回には、ロッテ3番手の山本が制球難なのに付け込んで、押出し四球と奥村の犠飛で2点追加。
投手は7回から山中が登板し、8回に2安打と四球で1死満塁として、内野ゴロで1点を失ったが、後続は断ち、9回は梅野が先頭打者に四球は出したものの、あとはきっちり抑えて逃げ切った。

ロッテの拙攻で救われた試合。投手でまずまず良かったのは、梅野だけじゃないかな。他の3人には不満が残った。得点も、ロッテ投手陣の自滅ぽいものが多かったし、まあ、勝ちを拾った感じだったかもしれない。
20180709kyujo
20180709board
20180709end
20180709score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対阪神(7/1)

2018.7.1 (日) 17時 神宮球場
T 060000000 6
S 012000002 5
[敗]寺島、[勝]小野、[S]ドリス
[H]T:俊太(寺島)

今年初めての阪神戦観戦。これで上下合わせれば、今季は12球団全部を観戦。そして、神宮でセリーグ全チームを観戦。

先発投手はヤクルトが寺島、阪神が小野。
去年ドラフト1位で入ったが故障で出遅れ、去年はほぼ1年棒に振った寺島。今年の5月に初めて下で見たけれど、大した印象もなかったし、今日はほとんど期待していなかった。チーム的にも、現在の投手事情では、誰を出してもどうせ打たれるし、今の打線なら打たれた分を取り返してくれるかもしれんからOK、くらいの感覚だったのでは、と推測。寺島は、ドラフト1位で取った以上、ファンにお披露目しないと、みたいな気持ちもあるだろうし。

寺島は初回は三者凡退だったが、きわどい打球もあって、危なっかしさは既にあったと思う。そして、2回1死後に俊介にホームランを打たれ、次の原口にヒットを打たれたところから、びびり始めた感じがした。制球がばらばらになり、2死は取ったが、その後4四球。タイムリー2本も打たれて6失点。この回で降板。次のチャンスはだいぶ先じゃないかなあ。
それでもその裏、打線が気配を見せて、3連打で1点。3回裏にも四球2つの後、タイムリーと内野ゴロで2点。3回から寺島に代わった大下が好投していたこともあり、3点差ならすぐ手が届くようにも思えたが、そこから小野を打てなくなった。7回に登板した藤川からは、ヒット2本と四球で2死満塁としたが、雄平が打ち取られ無得点。
7回以降は中澤、原樹理のリレーで無失点で切り抜け、3点差のまま9回裏。ドリスからヒットと四球で1死1-2塁として、山田のタイムリーで1点。バレンティンの犠飛でもう1点。ついに今日も打線発爆発かと思ったが、ここでも雄平が倒れて、1点差で終了。

いきなり6失点して、その後、小野がヨタってた時は、今日もボロカスな試合かよと思ったが、大下がよく試合を立て直したと思う。3時間半かかる長い試合ではあったけど、このところ壊滅的なヤクルト投手陣も、今日は寺島以外は無失点だったし、まあ悪くはない試合だったと思う。
20180701board
20180701kyujo
20180701end
20180701score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ