« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/22) | トップページ | 感想「ボートの三人男 もちろん犬も」 »

J1リーグ第17節名古屋対広島

2018.7.22(日) 18時 豊田スタジアム
観客 20244人 主審 荒木友輔 副審 相樂亨、田中利幸

 名古屋グランパス 0(0−0)0 サンフレッチェ広島
           (0-0)

DAZNでリアルタイムで見ていた。

名古屋は新戦力の4人が今節から出場。広島からレンタルの宮原が、契約で出場制限がかかって出られないこともあり、先発メンバーが前節から大幅に変化。
バックラインは右が和泉、CBは新加入の中谷と丸山、左が櫛引。中盤は後ろ目にアーリアと新加入のネット、前目に玉田とシャビエル、前線がジョーと新加入の前田、みたいな感じ。

前節があまりにも低調な内容だったのに比べ、動きの多い活気のある試合には見えたけれど、それが新戦力の影響なのかどうかは、よく分からなかった。相手チームの違いもあると思うので。前節の浦和の鈍い動きとは違い、広島はよく動いて、どんどん仕掛けてきたから、対応するために名古屋も動かざるを得なかった面があったと思う。
まあ、こういう相手と前節のメンツで対戦していたら、守備が早々に破綻していたかもしれない、という気もするが、この試合も結局、ランゲラックが最後の頼みの綱みたいな場面が何度もあって、新戦力でいきなり守備が鉄壁になった、というわけではない。見ていて不安感がいくらか薄かったのは確かだけれど、丸山と中谷の効果はどの程度だったんだろうな。
攻撃面についても、前田は意欲的にゴールに向かっていたとは思うが、決定的な場面がそれほど作れたわけではないし、結局ノーゴール。他の攻撃陣と、それほど相乗効果が生まれたようには思えなかった。
ネットも、相方が最初はアーリア、途中から彼に代わって小林が入り、持ち味の違う選手と組むことになったので、彼自身にはどういう役割が期待されているのかが、いまいちよく分からなかった気がする。

新加入選手が来て時間もなくて、まだチームが熟成していないのは確かだろうけど、のんびり待ってる時間は全然ないわけで。首位チーム相手にスコアレスドローで勝ち点1は成果かもしれないが、得点して勝ち点3の結果が出るのを見るまでは、ポジティブなことは考えられないなと。

|

« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/22) | トップページ | 感想「ボートの三人男 もちろん犬も」 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66995748

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第17節名古屋対広島:

« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/22) | トップページ | 感想「ボートの三人男 もちろん犬も」 »