« J1リーグ第21節名古屋対鹿島 | トップページ | J1リーグ第22節横浜対名古屋 »

イースタンリーグ ヤクルト対西武(8/15)

2018.8.15 (水) 13時 ヤクルト戸田球場
L 010000000 1
S 30000000X 3
[勝]寺島、[S]ウルキデス、[敗]藤原

先発投手はヤクルト寺島、西武が藤原。
藤原の立上りがひどい出来で、2四球の後、宮本のタイムリーでヤクルト先制。さらにその後、3連続四球の押出しで2点。初回に3点。
寺島は、初回は三者凡退で快調なスタートだったが、2回に四球とヒットで無死1-2塁。ただ、後続は内野ゴロに打ち取り、1失点に止めた。3、4回は三者凡退。5回にまた波がやってきて、ヒットと2四球で2死満塁としたが凌いだ。しかし6回にも、1死後連続四球。さすがにリリーフに屋宜が出て、三遊間に強い当りを打たれたが、ショート宮本が好守を見せ、遊直ゲッツーで切り抜けた。
一方、ヤクルト打線も度々走者を出しながらも、併殺などで逸機を繰返し、追加点が入らない。3対1のまま6回終了したところで16時半になって、撤収。
試合は、そのままスコアが動かずに終わったらしい。

このところ、やたらと寺島を見るが、今日見ていて、また、どう考えたらいいのかよくわからないと思った。要所は締めるから、大崩れはしないけれど、そこに至るまでのピッチングにあまり安心感がない。球が速いわけではないし、四球も多い。それでも要所を締められるのは、駆引きがうまいということなんだろうけど、それが上で通用するものなのかどうか。まあ、7/29に見た試合のように、安定したピッチングが出来ることもあるようなんだけれど。
20180815kyujo
20180815board1
20180815score1

|

« J1リーグ第21節名古屋対鹿島 | トップページ | J1リーグ第22節横浜対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/67063893

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対西武(8/15):

« J1リーグ第21節名古屋対鹿島 | トップページ | J1リーグ第22節横浜対名古屋 »