« J1リーグ第24節名古屋対浦和 | トップページ | J1リーグ第25節磐田対名古屋 »

セリーグ ヤクルト対広島(8/31)

2018.8.31 (金) 18時 神宮球場
C 0000001311 6
S 0010004000 5
[敗]梅野、[勝]中崎、[S]ジャクソン
[H]S:青木(野村)、C:バティスタ(ブキャナン)、丸(梅野)

ひと月ぶりの神宮観戦。ここんとこ神宮は満員御礼だらけで、チケット取るのがめんどくさくて。しかも、げんなりするようなバカ騒ぎの試合ばかりだから、めんどくささを押してまで、見に行く意欲がわかなかった。正直、勝ち負けはほぼどうでもいいと思っているので、ヤクルトがよく勝ってるというのは、試合を見に行くモチベーションには、まるでつながらない。とはいえ、ひと月1試合も見に行かないのもつまらないので。8月ぎりぎり最後の試合を抑えた。

6時半頃に着いて、2回裏から見た。空模様が怪しかったが、3回頃にいっとき、通り雨が来た以外は無事に済んだ。

先発投手はヤクルトがブキャナン、広島が野村。
途中まではいい感じの投手戦。3回裏に野村からバレンティンがタイムリーツーベースを打って、ヤクルトが1点先行したが、以降6回まで抑えられた。
ブキャナンもかなりいい内容で6回を終えたが、7回にツーベースとスリーベースを打たれて同点。
しかし、蓋が開いたのか、その裏、野村から青木が勝ち越しのスリーラン。さらに山田のヒットと盗塁(30個目で、トリプルスリーほぼ確定か?)から、西浦のタイムリーでもう1点。
しかししかし、8回表に今度はブキャナンが、バティスタにツーランを食らい、さらにランナーを2人残して(1人はこの回、守備固めで入ったファースト武内のエラー)、近藤に交代。近藤は松山にタイムリーを打たれたが、1点のリードは残してこの回を終わらせた。
8回裏のヤクルトは2死満塁まで攻めたが追加点なく、9回表に石山が、キャッチャー中村の悪送球絡みの1死3塁から、野間に犠飛を上げられ同点。
9回裏、中崎から1死満塁を作ったが、得点出来ず延長突入。9時半を回っており、ここで撤退。

こんな試合は、勝ってもバカ試合だと思いながら球場を出たが、10回表に丸のホームランが出た歓声が、球場のすぐ外で聞こえた。結局、それが決勝点になって、広島の勝ち。

とはいえ、今日の試合なんか見てると、今のヤクルトには流れが来てるというか、妙にツキがある感じで、これが勢いというものなら、このまま2位でプレーオフじゃない?、という感じではある。もっとも、やってる試合がとにかく雑だから、急に失速しても不思議じゃないが。もっとも、対戦相手も雑なんだけど。広島の試合運びも、見てて、なんだかなと思ったし。今年、こんなにバカみたいな試合が多いのは、何が原因なんだろう。暑すぎるせいなのかねえ。
20180831board
20180831kyujo
20180831score

|

« J1リーグ第24節名古屋対浦和 | トップページ | J1リーグ第25節磐田対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/67122169

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対広島(8/31):

« J1リーグ第24節名古屋対浦和 | トップページ | J1リーグ第25節磐田対名古屋 »