« 感想「プロ野球と鉄道」 | トップページ | J1リーグ第24節名古屋対浦和 »

イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(8/25)

2018.8.25 (土) 13時 ヤクルト戸田球場
B 000020000 2
S 000010000 1
[敗]成瀬、[勝]飯塚、[S]武藤

陽射しが強く、蒸し暑い天気。かなりしんどかった。さいたま市の最高気温は37.4度だったそうだから、土手上は確実に40度を超えていただろうな。暑さだけなら今年の観戦で経験した中で、一番酷い部類だったかもしれない。なんにしても、とにかく今年は暑い。

先発投手はヤクルトが成瀬、DeNAが飯塚。5回までは両先発投手が好投して0対0。
成瀬は(確か)今季初めて試合で投げるのを見たが、低めの制球に安定感があったように見えた。緩い球を狙い撃ちされて、ヒットは5回まで5本と、そこそこ打たれてはいたものの、要所を締めることが出来ていた。ここまでの記録を見ても、そこそこ好投してる試合が多い感じだったし、出来は悪くないんだな、でも、これが上で通じるかどうかだよな、と思いながら見ていた。しかし、6回に一気に崩れ、ノーアウトから4連打を食らい先制された。屋宜のリリーフが成功して、2失点で済んだものの、これでは上では無理だろうと思ってしまう結果。
ただ、屋宜の後、ウルキデス、松岡、山本と継投し、追加点は許さなかった。

飯塚は4回あたりからボールが増え、不安定感が出て来た。6回に比屋根が四球を選び、谷内のスリーベースで還って1-2。さらに四球2つで2死満塁まで攻めたが、凌がれた。
7回以降、ヤクルトは毎回ランナーを出したが、追加点を奪えない。9回裏は、DeNA4番手の武藤から、ヒットと死球で1死1-2塁のチャンスを作ったが、比屋根の投ゴロ併殺で試合終了。
20180825board
20180825kyujo
20180825end
20180825score

|

« 感想「プロ野球と鉄道」 | トップページ | J1リーグ第24節名古屋対浦和 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/67095765

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(8/25):

« 感想「プロ野球と鉄道」 | トップページ | J1リーグ第24節名古屋対浦和 »