« イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(8/25) | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(8/31) »

J1リーグ第24節名古屋対浦和

2018.8.26(日) 18時 豊田スタジアム
観客 26410人 主審 西村雄一 副審 西橋勲、権田智久

 名古屋グランパス 4(2−1)1 浦和レッズ
           (2-0)

 得点 22分 浦和・OwnGoal
    29分 名古屋・玉田
    44分 名古屋・ジョー
    70分 名古屋・ジョー
    79分 名古屋・ジョー

DAZNでライヴで見てた。

名古屋の先発は、前節・鳥栖戦のメンバーに対し、出場停止だったジョーが復帰した(代わりに児玉が外れた)一方、水曜の天皇杯で退場を食らった中谷が出場停止で、代役は新井。新井は人選として妥当とは思うけど、7月の浦和戦で大敗した時に、CBで出場して、大敗の原因の一端を担った選手だから、不安はあった。

開始早々、双方が決定機を決め損なった後は、名古屋が押した展開になったが決めきれない。20分過ぎに新井が、相手ボールのスローインから興梠にかわされて裏を取られ、そこからのゴール前へのクロスを小林がクリアに行ってオウンゴールにしてしまい、先制されちゃった。やっぱり新井が鍵になっちゃった?と思った。
でも今のチームは、これくらいでは勢いが落ちなかった。攻め続けて、28分には相手ペナルティ内のボールに宮原が走り込み、ボールを奪った所で相手DFに倒されPK。ただ、このPKでボールをジョーがセットした時、かなり嫌な予感がした。割とそういう勘はよく当たる(^^;。ジョーのPKが西川に跳ね返された時、ああやっぱり、と思ったんだが、そこへ玉田が飛び込んで来て、押し込んだ。素晴らしかった。
一旦、同点に戻してしまえば、見ていてだいぶ気楽になった。前半1-1で後半勝負でもいいやと思ってたが、終了間際、相手ゴール前でのシャビエルと槙野の競り合いで槙野がファウルを取られ、シャビエルのFK。これがゴール前のジョーにぴたっと合って、逆転。
正直、槙野が取られたファウルは、イーブンかなとも思ったから、試合後のインタビューでオズワルドが主審の悪口を言いまくってたのも、わからんではないけど、まあ、こんなのはあいこだ。

後半の頭は、名古屋が少し流れをつかみきれない感じに見えた。疲れの見えた玉田が60分過ぎに和泉に交代。代わりに入るのが和泉ってのは、かなり贅沢な感じはする。ネットも、前半は良かったが、後半はプレッシャーを掛けられると少し厳しい感じで、65分に警告を貰った後、しばらくして相馬に交代。でも、この相馬が大活躍。70分に丸山の縦パスで左サイドを抜け出し、ゴール前へクロスを入れて、ジョーの2点目をアシスト(ジョーのシュートも見事だったが)。79分にもジョーから貰ったボールを左からゴール前へ送り、ジョーが3点目を決めてハットトリック(このシュートも素晴らしかった)。
さすがに4-1では、浦和にチャンスを作られても、そんなに気にせずに見てられたし、ランゲラックが手堅くゴールを守ってくれて、そのまま終了。

7月に浦和に負けた後は、もうどうもならんな、という気分だったし、それ以降は無敗で来て、この試合で連勝が6まで伸びるなんて、考えもしなかった。まあ、選手がごっそり入れ替わって、まるっきり別のチームになるなんてことも、あんまり考えてなかったわけだけど。
順位も13位まで上がって、降格圏が遠ざかりつつあるし。もっとも、下位のチームもそれなりに勝っているので、全く安全圏ではないんで。突然事故が起きることもあるというのは、去年もさんざん経験したし。とにかく勝ち続けないと。

まあ、それにしても、今年埼スタで2回もぐちゃぐちゃな試合を見せられたけど、浦和との今年最後の対戦で、気持ちよくお返し出来て良かった。
そういえば新井は、途中まではかなり不安感があったけれど、だんだん落ち着いたのか、いいプレーぶりだった気がする。とはいえ、次節は中谷が出るだろう、とは思うが。

|

« イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(8/25) | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(8/31) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/67106939

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第24節名古屋対浦和:

« イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(8/25) | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(8/31) »