« JFL2ndステージ第8節マルヤス対流経大 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(9/19) »

イースタンリーグ ヤクルト対楽天(9/17)

2018.9.17 (月祝) 13時 ヤクルト戸田球場
E 010000000 1
S 21013400X 11
[勝]館山、[敗]石橋
[H]S:塩見(石橋)、奥村(濱矢)、武内(菅原)、E:枡田(館山)

先発投手はヤクルト館山、楽天が石橋。
1回裏、石橋の抜いたカーブみたいなボールを、先頭打者の塩見がレフトへホームランを打ち込んでヤクルト先制。さらに藤井のヒットから廣岡がタイムリーを打って2点目。
2回表、館山が先頭の枡田にライトへホームランを打ち込まれて2対1。
2回裏、比屋根の内野安打から松本のタイムリーで3対1。
3回は双方無得点で、落ち着いてきた気配があったんだが、3回を三者凡退に抑えた楽天2番手投手の寺岡が、4回先頭の比屋根を打ち取った所で、腕(肘?)の不調を訴えて降板。濱矢が緊急リリーフして、最初の奥村にホームランを打たれた。ちなみに楽天は、3回裏にも捕手の足立が、バットか打球が当たったようで、石原に交代していた。ちょっと気の毒な展開。
試合はその後、さらに楽天に気の毒な展開に。菅原・今野とつないだが、どちらも炎上して、6回終了で11対1。その後を継いだ、西宮・小野は、無難に抑えたが。
ヤクルトの投手陣は、館山が5回まで投げた。ピンチは作ったが、楽天の拙攻にも助けられ、1失点のみ。6回に登板した村中は2死満塁のピンチを作り、屋宜がリリーフして切り抜けた。7回以降は山本、松岡、ウルキデスと繋いで無失点。11対1のまま終了。

楽天の投手陣の出来が悪すぎた。もっとも、戸田で7月に見た時も、同じようなメンツで炎上していたから、まあ、こんなもんなんだろうな、という感じ。
館山は、来年はあるのかなあ、と思った。本人が辞めると言わない限りは、チームの方から切ることはない気がするし、今日の内容を見ても、上では苦しいんじゃないかなと思うんだが、明らかにダメという感じではないのが難しいところかなと。

試合開始時はいい天気だったが、9回に入ったあたりで雨がぱらぱら落ち始めたので、試合終了後は急いで引き上げた。しばらく後には土砂降りの雨になったから、あれ以上、試合が長引かなくて助かった。
20180917board
20180917kyujo
20180917end
20180917score

|

« JFL2ndステージ第8節マルヤス対流経大 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(9/19) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/67179764

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対楽天(9/17):

« JFL2ndステージ第8節マルヤス対流経大 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(9/19) »