« 東京新大学野球 杏林大対創価大(9/29) | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(10/1) »

東京新大学野球 東京国際大対共栄大(9/29)

2018.9.29 (土) 11時5分 県営大宮球場
国際 000000000 0
共栄 10001000X 2
[勝]清水、[敗]柴田祐

プログラムを見ると、第2試合は12時プレイボールがフォーマットのようだが、前の試合が終わって約20分後の11時15分プレイボールとアナウンスが流れ、実際に試合が始まったのは11時5分くらい。どんどん時間が繰り上がって行った。元々は第1試合だけで撤退かなと思っていたが、あまりにも早く第2試合に突入したので、見ていくことにした。

東京国際大も4月に見ていて、先発投手もその時と同じ柴田祐。100キロ未満の球速のカーブなど、変化球主体のピッチングだったのも4月の印象のまま。ただ、その時に見た創価大戦では、打たれながらもうまく凌ぐというピッチングだったが、今日の試合では共栄大の手堅い攻めに、5回までに2失点。
とはいえ、たった2失点だから、そう悪いピッチングだったわけでもないが、打線が共栄大先発投手の清水にきっちり抑えられた。
清水はストレート主体の切れのいいピッチングで、ピンチらしいピンチもなく、無失点のまま8回を終えた。9回はさすがに意識したのか、先頭打者四球、2死を取った後、ヒットを打たれ、2死1-3塁と初めて3塁にランナーを背負った。しかし、次打者を空振り三振に仕留めて、完封勝利。

柴田祐のような緩急のあるピッチングは、見ていて面白いと思うけれど、この試合は清水の威勢のよさに負けた感じ。まあ、面白いのと、勝ち負けは別のものだけど、ちょっと不運だったかなという気もする。
共栄大は1回と5回、先頭打者が出塁すると、バントで送ってタイムリー。その後は追加点を取れなかった。早いイニングで、チャンスをうまく物にしたのが効いたという感じ。

この試合も速いペースで進んで、13時前の試合終了。この後、第3試合もあったが(駿河台大対流経大。ちなみに、フォーマットでは第3試合は15時プレイボールらしいが、この試合は13時15分開始がアナウンスされていた)、夜の神宮もあるので(この時点では中止は決まっていなかった)、見ずに撤退した。雨が強くなってきたタイミングだったから、ちょうどよかったかもしれない。
20180929board2
20190929score2
20180929kyujo2

|

« 東京新大学野球 杏林大対創価大(9/29) | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(10/1) »

「野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/67223266

この記事へのトラックバック一覧です: 東京新大学野球 東京国際大対共栄大(9/29):

« 東京新大学野球 杏林大対創価大(9/29) | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(10/1) »