« J1リーグ第27節川崎対名古屋 | トップページ | 東京新大学野球 東京国際大対共栄大(9/29) »

東京新大学野球 杏林大対創価大(9/29)

2018.9.29 (土) 8時50分 県営大宮球場
杏林 000000001 1
創価 00103000X 4
[勝]小孫、[敗]上野
[H]杏林:清水(小孫)

夜の神宮球場へ行く予定だったが、台風接近の影響で中止になりそうだったし、そうなってからがっかりするのもつまらないので、近場の9時プレイボールの試合に行ってみた。実際、神宮は中止になったので、判断は合っていた。
ただ、9時プレイボールと言いながら、実際は試合は8時50分過ぎに開始。ぎりぎり間に合った。こういうのは、このリーグでは以前も経験したし、結構ルーズらしい。関係者以外の観戦者なんてほとんどいないから、それで特に問題はないのかもしれない。大学野球みたいなのは、全般的にそんなものなのかな。
それと、既に細かい雨が降り始めていて、遅い時間になるほど強くなるのも予想されていたから、早めに進行したいという意図があったんだろうな、とも思う。実際、試合が始まってから、そういう意識は感じられたし、第2試合・第3試合の開始時間も、どんどん繰り上がった。

創価大の先発投手は小孫で、4月に春のリーグ戦でも見た(東京国際大戦、3失点で負け投手)。その時のイメージよりも、安定感が増していたように思う。走者を出しても、落ち着いて対処していた。もっとも、その辺は、相手チームにもよるだろうし、パラメータが多いので、あまり安直には言えないか。
杏林大の先発投手は上野で、変化球主体のピッチング。3回に1失点したあたりから被安打が増え、5回には4連打で3失点して、この回で降板。6回から登板した五味が好救援を見せたものの、杏林大打線は小孫を攻略できない。このまま小孫の完封かと思ったが、9回表の先頭の清水がレフトスタンドにホームランを打ち込んで、1点を返した。ここでは小孫も少し動揺したか、次打者は四球。しかし併殺でランナーがなくなり、次打者が打ち取られて試合終了。

小孫の落着き(特に走者を出した後)が、印象に残った。バックもよく支えている、という感じがした。
20180929board1
20190929score1
20180929kyujo1

|

« J1リーグ第27節川崎対名古屋 | トップページ | 東京新大学野球 東京国際大対共栄大(9/29) »

「野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/67223200

この記事へのトラックバック一覧です: 東京新大学野球 杏林大対創価大(9/29):

« J1リーグ第27節川崎対名古屋 | トップページ | 東京新大学野球 東京国際大対共栄大(9/29) »