« セリーグ ヤクルト対巨人(10/1) | トップページ | 名古屋ボストン美術館 »

セリーグ ヤクルト対DeNA(10/3)

2018.10.3 (水) 18時 神宮球場
B 000000010 1
S 20000000X 2
[勝]カラシティー、[S]石山、[敗]京山
[H]S:山田(京山)

雨中止の先週土曜の試合が流れてきたもの。

ヤクルトは昨日のDeNA戦で2位を決めたので、もう消化試合。DeNAはまだ3位の可能性を残しているから、モチベーションはDeNAの方が高いはず、と思ったが。

2回裏に到着で、ヤクルト2対0DeNA。初回に山田の先制ソロホームランとかがあったらしい。
ヤクルトのスタメンは、青木・坂口・大引が外れて、確かに消化試合感のある面子だった。

DeNAの投手は、先発が京山だったが、2回裏は早くも2番手の笠井。その後も、小刻みにパリオス、三上、パットンと継投してきた。緊急登板だったと思われる笠井あたりは、制球が不安定で、付け込めそうにも思えたけれど、ヤクルトは追加点が取れなかった。
ヤクルトの先発は原樹里だったそうなんだけれど、アクシデントで1回だけで降板したようで、2回からカラシティーが登板したらしい。自分が着いたのはカラシティーになってからだったので、てっきり、カラシティーが先発と思っていた。やはり緊急登板だったせいか、立ち上がりの安定感はそれほどでもなかったと思うが、次第に調子を上げた感じで5回まで無失点。6回から登板した風張は、相変わらずの制球の不安定さを見せたものの、7回までの2イニングをなんとか無失点で抑え込んだ。8回登板の梅野は、筒香とロペスに連打されたが、乙坂の犠飛での1失点でしのぎ、9回は石山が抑えて試合終了。

DeNA打線の淡白さが目立った気がする。モチベーションが高いはずと思ったんだが、空回りなのかプレッシャーなのか、怖さがなかった。こんな調子だと、DeNAは3位は難しいかもね。
ヤクルト打線もあっさりしていたから、結局、消化試合のような雰囲気になった。序盤は多少もつれそうな気配があったが、最終的には割と早い展開になり、9時過ぎに終わってくれた。
しかし、原樹里のアクシデントって、どうなんだろう。
20181003board
20181003kyujo
20181003end
20181003score

|

« セリーグ ヤクルト対巨人(10/1) | トップページ | 名古屋ボストン美術館 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/67236859

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対DeNA(10/3):

« セリーグ ヤクルト対巨人(10/1) | トップページ | 名古屋ボストン美術館 »