« J1リーグ第29節名古屋対東京 | トップページ | クライマックスSヤクルト対巨人(10/13,14) »

セリーグ ヤクルト対DeNA(10/9)

2018.10.9 (火) 18時 神宮球場
B 000310000 4
S 000001000 1
[敗]館山、[勝]三嶋、[S]山崎康
[H]S:大引(砂田)、B:ソト(カラシティー)

ヤクルトの今季レギュラーシーズン最終戦。9/30の試合が雨で流れて、この日の開催になった。
ヤクルトにとっては消化試合だが、DeNAは勝たないとプレーオフ進出が消える試合。もっとも、勝っても、裏で行われていた阪神対巨人で巨人が勝てば、巨人のプレーオフ進出が決まり、DeNAは終了という状況だった。

3回表から見ていた。ヤクルトの先発投手は館山で、2回は被安打2ながら無失点。3回も四死球で走者を出しつつ、0点に抑えたが、4回に決壊。四球とヒット2本で1死満塁から、四球で押出して1点。さらに嶺井にツーベースを打たれて、もう2点を失い、カラシティーに交代。そのカラシティーも5回にソトにホームランを打たれて0対4。
DeNAの先発は平良で、ヤクルト打線をうまくかわしていたが、5回に四球2つとヒットで2死満塁にした所で、三上がリリーフ登板。DeNAは後がない状況だから、この後もどんどん投手をつぎ込んできた。それでも6回には、大引が砂田からホームランを打って3点差。しかし、後が続かなかった。まあ、ヤクルトにとっては消化試合だから、無理して勝ちにいく試合でもなかったし。
そのまま、1対4で終わったが、巨人が阪神に勝ったので、結局DeNAは終了。最終盤へ来ての打線の失速が痛かったねえ>DeNA。

試合後は最終戦セレモニー。今日はこれを見に来たようなものだった。もっとも、最終戦に向けたイベントは、元々最終戦のはずだった前日の阪神戦で実施されていたから、あっさりした挨拶のみで終了。まあ、このあと、神宮でポストシーズンもあるし、そんなに大騒ぎする状況でもない。
個人的にも、あまり時間を掛けずに、あっさり終わってくれて良かった。あくまでも、儀礼的なものだからね。
ということで、レギュラーシーズンは終了。
20181009kyujo
20181009board
20181009score
20181009end
ベイスターズの試合後のスタンドへの挨拶
20181009aisatubay
山田は3度目のトリプルスリーの表彰を受けた
20181009triple
最終戦セレモニー
20181009ceremony
20181009aisatu
20181009ogawa

|

« J1リーグ第29節名古屋対東京 | トップページ | クライマックスSヤクルト対巨人(10/13,14) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/67264502

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対DeNA(10/9):

« J1リーグ第29節名古屋対東京 | トップページ | クライマックスSヤクルト対巨人(10/13,14) »