« トップイーストDiv1横河武蔵野対清水建設 | トップページ | J1リーグ第29節名古屋対東京 »

トップイーストDiv1ヤクルト対日本IBM

2018.10.7(日) 13時 ヤクルト戸田グランド 

 ヤクルトレビンズ 90(45−10)17 日本IBMビッグブルー
            (45−7)

今年初のヤクルトレビンズ観戦。

正直言って、IBM戦は近年、チームの力の差がありすぎて、大量点差であまり面白みのない試合になることが多く、この試合もそうなのかなあ、と思っていた。今季の順位争いを考えると、得失点が結構効いてくる可能性があって、そういう意味では大量点が必要な状況ではあるけれど、壊れた試合を見るのはあまり楽しくない、というのもあるわけで。

結果的には、やっぱり予想通り、壊れた試合だった。開始早々のコックスのトライに始まって、前半7トライ。後半、メンバーが入れ替わっても、勢いは変わらず7トライで、得点は90点。
失点は、前半はトライ&ゴール1度とPG1度の10点、後半は試合の最後の最後に1トライ返された7点で、合計17点。まあ、最後のやつは、大量点差だし無理して追わないという感じの失点だったので、おまけみたいなもの。前半の2回の失点は、守勢に回った時に反則を犯し、そこから攻め込まれたものなので、少し印象は悪かったけれど、ここまで点差が開く試合だと、どの程度意味を考えるべきかもよくわからなくなる。

ヤクルトは3人の外国人選手の存在感が圧倒的。去年から居るイブミー(SO)とコックス(WTB)のスキルが抜きん出ているのは分かっていたが、今季加入のシュレイダー(CTB)も気の利いた球捌きが出来る選手という印象。攻撃力は確実に上がっていると思う。一方で、守勢に回ると案外もろいかも(実際、そういう失点をしたので)、とも思ったけれど、強豪との試合の時は、選手を入れ替えて、力負けしないメンツにしてくるのかもしれない。少なくとも、NO8には、フォックスという新しい選手を補強していることでもあるし(ハミッシュ・パターソンは昨季限りで退団した)。ただ、とにかく、この日のようなIBM戦の結果では、ヤクルトがどの程度強いのかというのを測るのが難しい。

来週は、今まで一度も勝っていない東京ガスと、東京ガスグランドで試合。ここで勝てるようなら、今年のチームは、過去のチームよりも確実に強くなってると言えると思うし、トップチャレンジ挑戦という目標も、現実味を帯びてくるとは思うんだが。
20181007stadium
20181007score

|

« トップイーストDiv1横河武蔵野対清水建設 | トップページ | J1リーグ第29節名古屋対東京 »

ヤクルトラグビー部」カテゴリの記事

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/67254136

この記事へのトラックバック一覧です: トップイーストDiv1ヤクルト対日本IBM:

« トップイーストDiv1横河武蔵野対清水建設 | トップページ | J1リーグ第29節名古屋対東京 »