« セリーグ ヤクルト対DeNA(10/3) | トップページ | トップイーストDiv1横河武蔵野対清水建設 »

名古屋ボストン美術館

9/15に、名古屋のパロマ瑞穂で、名古屋対長崎を見る前に寄ってきた美術館。行ったきりにしていたが、ここは10/8が閉館なので、さすがにその前にちょっと書いておこうと思った。

名古屋の金山駅前にでかいビルが出来たのは、Jリーグの試合を見に名古屋に行くようになってからだったので、そのビルに名古屋ボストン美術館が開館した時に見かけて、こんなのが出来たのか、そのうち入ってみるか、と思ったのを覚えている。
もっとも、名古屋へ行っても金山には立ち寄らないことが結構多かったのと、今回は寄れるけど、という時の展示の内容が、あまり興味を引かない、というのを繰り返して、結局一度も入らずじまい。
そうこうしてるうちに、今年10月でボストン美術館との契約が切れて閉館という話を聞いて、さすがに閉まる前に一度と思って、瑞穂へ行く前に最終展「ハピネス」に行った。
展示の内容そのものは、「ハピネス」という抽象的なテーマに合わせて選ばれた作品群なので、雑多な感じで、あまりまとまりみたいなものはなかったし、正直、そんなに興味を引くものでもなかったけれど、ここがどういう場所だったのかを見ることが出来たし、それが最大の目的だったから、不満はなかった。
個々の作品で面白いと思ったものはあった。一番印象的だったのは、デヴィッド・ボウイの「The man who sold the world」をテーマ曲にした「イングリッシュ・マジック」という映像作品。いかにもイギリス的と思える、混然とした「ハピネス」な雰囲気を感じた。「江戸四季風俗絵巻」という江戸時代の絵巻物には、江戸時代の呑気な「ハピネス」な風景が描かれていて、面白かった。

少しこぢんまりしてるかなという気はしたけれど、街中のビルの一角を使った美術館だし、こんなもんだろうと思う。ロケーションもいいし、悪くない場所だと思った。自分は名古屋市民じゃないし、今まで来館してたわけでもないから、言うのは筋違いだなと思うけれど、なくなっちゃうのはちょっと惜しい気がする。
20180915kanban
20180915kaidan
20180915kanayama

|

« セリーグ ヤクルト対DeNA(10/3) | トップページ | トップイーストDiv1横河武蔵野対清水建設 »

ぶらぶら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/67244571

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋ボストン美術館:

« セリーグ ヤクルト対DeNA(10/3) | トップページ | トップイーストDiv1横河武蔵野対清水建設 »