« 関東大学対抗戦A 帝京大対明治大 | トップページ | J1リーグ第34節名古屋対湘南 »

J1リーグ第33節広島対名古屋

2018.11.24(土) 14時 エディオンスタジアム広島
観客 21997人 主審 山本雄大 副審 作本貴典、塚越由貴

 サンフレッチェ広島 1(1−2)2 名古屋グランパス
            (0-0)

 得点 36分 広島・柏
    39分 名古屋・ジョー
    44分 名古屋・小林

当日、DAZNで見る気でいたが、PCでうまく接続出来なくて、諦めて結果を見てしまった。DAZNの見逃し配信は29日になって見た。

名古屋の清水戦からの先発メンバー変更は、青木→相馬。システムは3-4-3で、相馬は中盤右サイドで先発。

立ち上がり、ジョーにボールがよく入り、ジョー自身の動きも良くて、2回くらい決定機に近い形を作ったが、5分頃から後は広島に押し込まれた。中盤から前へなかなかボールを出していけなくて、散発的に好機は生まれるものの、ゴール周辺で耐える時間が続く。パトリック不在(出場停止)で決め手を欠く広島に、だいぶ助けられていたが、前半半ば過ぎの36分に、左から崩され、ランゲラック好セーブ後のこぼれ球を柏に押し込まれて、とうとう失点。
しかし39分に、ジョーが見事なトラップとシュートで同点ゴール。失点直後に追い付けたのは良かった。
そして44分に、小林のミドルが、広島DFに当たってコースが変わる幸運もあって、逆転ゴールになった。
リードして迎えた後半は、ほぼ広島が主導権を握っていた。名古屋の好機は前半以上に散発的だったし、後半の後半はほぼ耐えるだけの試合展開。不調な広島が迫力不足で、どうにか逃げ切ることが出来た。助かった。

なにせ、この日は、勝ち点で並んでいた直上の2チーム(湘南、鳥栖)も勝ったから、負けてたら15位確保が相当厳しくなるとこだった。勝ったことで、少なくとも、最終節に湘南との直接対決で勝ちさえすれば、自力で15位以上を確保し、プレーオフも回避出来て、J1残留が決まる。
しかし、湘南に勝てるのか? この試合を見て、かなりな辛勝と思えたし、しかも試合を運ぶペースの遅い広島が相手だったから、比較的やりやすかったはず。相手がハイペースな湘南と考えると、どうしても、悲観的になってしまう。
もっとも、ジョーに復活の気配があったのは収穫だろうな。湘南戦は、少ないチャンスをジョーがきっちり決めて、あとはみんなで守り倒す。これくらいしかイメージがわかない…。
(2018.11.30)

|

« 関東大学対抗戦A 帝京大対明治大 | トップページ | J1リーグ第34節名古屋対湘南 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/67436746

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第33節広島対名古屋:

« 関東大学対抗戦A 帝京大対明治大 | トップページ | J1リーグ第34節名古屋対湘南 »