« トップリーグ総合順位決定トーナメント2回戦 豊田自動織機対宗像サニックス | トップページ | トップリーグ総合順位決定トーナメント3回戦 リコー対クボタ »

トップリーグ総合順位決定トーナメント2回戦 キヤノン対ホンダ

2018.12.9(日) 14時 秩父宮 

 キヤノンイーグルス 14(0−33)40 ホンダヒート
            (14−7)

秩父宮第2試合。勝てば9位決定戦、負ければ11位決定戦という試合。降格はないし、優勝なども絡まない中途半端な順位なので、双方あんまりプレッシャーはないのかなと思った。

キヤノンは強豪の一角に指を引っかけつつあるチーム、ホンダは昇降格を繰り返すエレベーターチーム、というイメージだったから、立ち上がりからホンダが圧倒的に優勢な試合になったのは、少し驚いた。
ホンダは13番(ノックス)の選手が、スピードと当りを兼ね備えて強力だった。彼を中心に、どんどん攻撃が回り、いろんな形でトライを積み上げた。キヤノンはミスが多く、自滅する場面もあって、前半はほぼ一方的な試合。ホンダ33対0キヤノン。

後半も50分過ぎまでは前半のペースが持続したが、そこでキヤノンは、ようやく1トライを決め、息を吹き返して攻勢に出始めた。しかし、これ以降のホンダが粘り強く守った。ゴール前まで押し込まれても、集中力を保って穴を作らず、キヤノンにインゴールへ飛び込ませない。75分に、ついに押し込まれて40対14になったものの、残り時間が少なかったこともあり、余裕で逃げ切った。

入替戦以下でならともかく、トップリーグでホンダがこんなに強い試合を見たのは、多分初めて。ここ2年くらい、トップリーグのチーム間の力関係を、あまりちゃんと把握出来てないが、ホンダは、今は結構強くなっているのかな? キヤノンがそんなに弱体化したという話も、聞いていないが。
まあ、今年はパナがベスト4に入れなかったし、リーグ内の力関係に、かなり変動が起きてるのは確かなんだろう。多分、来年のW杯の影響だろうな。

来週、ホンダはNECと9位決定戦、キヤノンは東芝と11位決定戦。東芝が11位決定戦というのも、力関係の変動を感じさせるが、まあこれは、東芝の会社事情によるものだろうから、少し話が違うかなと。
20181209board2
20181209pitch2
20181209score2

|

« トップリーグ総合順位決定トーナメント2回戦 豊田自動織機対宗像サニックス | トップページ | トップリーグ総合順位決定トーナメント3回戦 リコー対クボタ »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ総合順位決定トーナメント2回戦 キヤノン対ホンダ:

« トップリーグ総合順位決定トーナメント2回戦 豊田自動織機対宗像サニックス | トップページ | トップリーグ総合順位決定トーナメント3回戦 リコー対クボタ »