« 「ボヘミアン・ラプソディ」 | トップページ | 感想「犯罪コーポレーションの冒険」 »

「仮面ライダー 平成ジェネレーションズ FOREVER」

公開初日に見に行った仮面ライダー映画。
エグゼイドはあまりにもピンと来なくてほとんど見ずじまいで、その流れでビルドも見てなかったから、仮面ライダーとは、しばらく疎遠にしていた(もっとも、去年のビルド&エグゼイドの映画版は、旧作のライダーたちが大々的に出るというので、観に行ったけど)。でも、今のジオウは平成仮面ライダー20周年記念作で、旧作の登場人物がいろいろ出てくるのに興味を引かれて、少し見ている。その流れで見に行った映画版。

ビルドとジオウが、周囲の人間が仮面ライダーのことを忘れていくという事件に遭遇して、平成仮面ライダーをまるごと虚構の存在にしてしまおうとする策謀があることを知る話。
元々、ビルドとジオウのシリーズの内容が、色物に走りすぎてないこともあって、今作はシリアスなストーリー展開が浮かずに、しっかりした話になっている。例によってタイムパラドックスものなので、細部の整合は相当ぐちゃぐちゃだと思うけれど、大枠は納得出来る(というか強引に納得させる)話にはなっている。
仮面ライダーは虚構の存在である、という現実をストーリーに取り込んで、逆手に取ってくる荒業は、20周年記念作に相応しい趣向だなと感じた。ライダーが戦っている「現実の」光景を、周囲の人間がライダーショーのように取り囲んで見ているという、二重三重に入り組んだ演出もあり、こんなことを理屈抜きにやれるのも、20年続いているシリーズならではと思った。
格闘シーンで一人一人のライダーをきっちり見せる演出も、達者で良かった。

ある意味、最大の見せ場だったのは、某俳優(^^;)の登場シーン(いまさら名前を伏せる必要もないと思うが、まあ、一応)。映画館内がどよめいたよ。あれはびっくりだった。この種の趣向があってもおかしくはないなと、思ってはいたんだけど、全く宣伝されていなかったからね。ここは、公開初日で、ネタバレする前に見に行って、本当に良かったと思った。

よい出来だったと思う。
(2018.12.22)

|

« 「ボヘミアン・ラプソディ」 | トップページ | 感想「犯罪コーポレーションの冒険」 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/67549995

この記事へのトラックバック一覧です: 「仮面ライダー 平成ジェネレーションズ FOREVER」:

« 「ボヘミアン・ラプソディ」 | トップページ | 感想「犯罪コーポレーションの冒険」 »