« 感想「砂漠の空から冷凍チキン」 | トップページ | トップリーグカップ総合順位決定トーナメント1回戦 東芝対キヤノン »

感想「綿畑の小屋」

「綿畑の小屋」 ジム・トンプスン 文遊社
比較的初期の作品で、原著は1952年の刊行。
オクラホラの田舎町の貧農の息子が、不条理な状況に翻弄される話。

殺人事件などは起きるけれど、ミステリ的な興味よりは、青春小説的な要素が強い。不条理さはトンプソンの小説ではお馴染みのものだけれど、主人公の青年の若々しさが、いつもとは違う雰囲気をもたらしているように思える。絶望的な暗さの向こうには、ぼんやりとした希望が見え隠れしているのかもしれない、というような。
そのあたりが、どことなく「天国の南」を思わせる所があり、あちらを読んだ時、こうした作風は晩年の例外的なものかと思ったけれど、初期にもこういう作品があるということは、これもトンプソンの一面だったということなのかな、という気がしてくる。本書には、あちらほど、不思議な清々しさみたいなものはないにしても。
このところ、文遊社から出た一連のトンプスンの翻訳を見ていると、今までのトンプスンの紹介のされ方は、かなり偏ったものだったのかもしれない、とも思えてくる。それくらい、今まで翻訳されてきた作品と、毛色が違っている。

アメリカのインディアンに関して、今まであまり接したことのない事情が色々描かれているのが興味深かった。オクラホマにはインディアンや黒人の方が多数派な地域があって、そういう所では白人よりも彼らの方が支配的だったりするとか、インディアンの中にも金持ちで地域の有力者が居たりとか。インディアンの特殊な儀式について描かれている場面もある。そういう意味では、エキゾチックな所もある小説。
「殺意」に登場した弁護士・コスメイヤーが出てくる。彼はこの他、未読の「犯罪者」にも出てくるらしい。脇役で登場する場面は少ないが、存在感が強い、ちょっと奇妙な感じのキャラクターで、著者自身の投影と言われると、確かに納得する役回りだと思う。
(2018.12.29)

|

« 感想「砂漠の空から冷凍チキン」 | トップページ | トップリーグカップ総合順位決定トーナメント1回戦 東芝対キヤノン »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感想「綿畑の小屋」:

« 感想「砂漠の空から冷凍チキン」 | トップページ | トップリーグカップ総合順位決定トーナメント1回戦 東芝対キヤノン »