« トップリーグカップ総合順位決定トーナメント1回戦 NTTコム対神戸製鋼 | トップページ | トップリーグカップ総合順位決定トーナメント2回戦 リコー対NEC »

トップリーグカップ総合順位決定トーナメント2回戦 豊田自動織機対ヤマハ

2019.1.19(土) 11時半 熊谷ラグビー場

 豊田自動織機シャトルズ 31(31−14)35 ヤマハ発動機ジュビロ
              (0−21)

トップリーグカップ順位決定戦。勝った方が11位の試合。
リーグ戦では3位に食い込んだヤマハが、なんでこんな位置に居るのかもよくわからんのだけど、そもそもカップ戦の位置づけが分かっていない。Jリーグのナビ杯みたいなものと理解すればいいのであれば、わからんでもないが。
織機に関しては、年末の入替戦で三菱重工相模原に負けたので、来季はトップリーグから降格。とりあえずはトップリーグでの最後の試合ということで、モチベーションは高かっただろうなと思う。

とはいえ、開始2分でヤマハがあっさり先制して、やはり格が違うのかと思ったんだが、その後はむしろ織機の方が優勢。SO(グリーン)がキックを効果的に使って、ヤマハのディフェンスをうまく崩し、ゴール前では粘り強い攻めを繰り返して、トライ2発で14分に逆転。24分にヤマハに一旦は追いつかれたが、その後もペースを維持して、トライ2つとPGで31対14まで点差を広げて、前半を終えた。
後半も立ち上がりは織機が攻めていたが、5分にヤマハのFB(ラブスカフニ)が自ゴール前で織機のパスをインターセプトし、そのまま織機ゴールまで突っ走り、トライを決めた所から流れが変わり、ヤマハが優勢な展開に。織機も、度々ゴール前まで攻め込まれながら、こらえ続けていたが、31対28の後半18分に故意の反則を取られて18番(水野)がシンビンを貰い、一人少ない状態でとうとう逆転のトライを許してしまった。その後も、ヤマハ優勢の流れは変わらず、織機は追加点は許さなかったものの、後半は無得点のまま試合終了。織機31対35ヤマハが最終スコア。

織機はよく頑張ったけれど、後半を見ていると、やはり力の差があったかもしれないな、という気がした。
ヤマハは清宮監督の最後の試合だったらしい。この監督がひとつの時代を築いたのは間違いない。来季のヤマハは、どう変わるんだろうな。
20190119board1
20190119pitch1
20190119score1

|

« トップリーグカップ総合順位決定トーナメント1回戦 NTTコム対神戸製鋼 | トップページ | トップリーグカップ総合順位決定トーナメント2回戦 リコー対NEC »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグカップ総合順位決定トーナメント2回戦 豊田自動織機対ヤマハ:

« トップリーグカップ総合順位決定トーナメント1回戦 NTTコム対神戸製鋼 | トップページ | トップリーグカップ総合順位決定トーナメント2回戦 リコー対NEC »