« トップリーグカップ総合順位決定トーナメント2回戦 豊田自動織機対ヤマハ | トップページ | 2019年グランパス日程 »

トップリーグカップ総合順位決定トーナメント2回戦 リコー対NEC

2019.1.19(土) 14時 熊谷ラグビー場

 リコーブラックラムズ 28(7−17)35 NECグリーンロケッツ
              (21−0)

勝った方が9位の順位決定戦。

序盤はNECがFWの強さを見せて、ラインアウトをモールで押し込む形から2トライで10点先行。リコーがその後1トライ返したものの、NECはキレイにパスを展開して、再度突き放し、17対7で前半終了。
リコーは前半終盤、後半序盤と、NECのゴール前まで攻め込んだが決めきれず、残念な雰囲気が漂っていた。ただ、この試合は序盤から若干荒れ気味で、試合の流れが悪く、ぎくしゃくしていた感じ(主審に問題があったという意見もあるようで、実際、自分も現地でそういう印象は受けた。判断ミスで、無駄に試合を止めてしまっていたという感じ)。そういう中で後半17分に、NECの13番ネマニがクビに巻き付くタックル。TMOで危険なプレーと判断され、ネマニは退場。試合の流れが決定的に変わった。
元々、リコーも攻め込む時間帯は作れていたわけで、数的優位になったことで(しかも、ネマニは攻守で非常に効いていた)、一気に勢いが増した。68分までに2トライを決めて逆転。76分にはとどめのトライ。NEC17対28リコーで終了。

リコーが(リコーらしい?)決め手を欠いた残念な試合をしちゃいそうなところだったのを、NECの自滅で救われた、という印象。まあ、NECも割とやらかしがちなチームという印象を持ってるが。
終了寸前、NECが攻め込みながらミスした所で、場内MCがマイクが入っているのを忘れていたらしく、「またやっちゃった」という声が場内に響き渡って、笑いを誘った。その直後に80分が経過したが、ホーンを鳴らす担当者がそのアナウンスに気を取られたのか、鳴らすのを忘れているうちに、NECからボールを奪ったリコーがタッチに蹴った。その後でホーンが鳴った。蹴った時点で80分を過ぎていたから、それで試合終了のはずだったけれど、ホーンが鳴る前に蹴っていた形になっていたので、しばらくピッチ上が混乱。選手が審判に確認して終了が周知され、ようやくリコーの選手たちが喜ぶというドタバタした結末。まあ、のどかな風景だったと思う(^^;。終始ドタバタしていた試合らしい幕切れだったかもしれない。

それにしても、レッドカードを久々に見た気がする。まあ、意図的というよりは、はずみでクビに入っちゃった感じには見えたけれども、ラグビーの危険なプレーは本当に深刻な事故になりかねないから、うっかりの事故でも厳しく対処するべきだろうね。全体的にレフェリングに問題があったとしても、ここは妥当な判断だったと思う。
20190119board2
20190119pitch2
20190119score2

|

« トップリーグカップ総合順位決定トーナメント2回戦 豊田自動織機対ヤマハ | トップページ | 2019年グランパス日程 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグカップ総合順位決定トーナメント2回戦 リコー対NEC:

« トップリーグカップ総合順位決定トーナメント2回戦 豊田自動織機対ヤマハ | トップページ | 2019年グランパス日程 »