« J1リーグ第1節鳥栖対名古屋 | トップページ | J1リーグ第2節名古屋対C大阪 »

J2リーグ第1節大宮対甲府

2019.2.24(日) 14時 NACK5スタジアム大宮
観客 12090人 主審 榎本一慶 副審 岩田浩義、渡辺康太

 大宮アルディージャ 0(0−0)0 ヴァンフォーレ甲府
            (0-0)

Jリーグ開幕節なのに、1試合も見に行かないのもつまらない気がしたのと、サッカー観戦の勘を取り戻す意味も込めて、NACK5大宮に行ってみた。J2開幕戦。名古屋絡みでない大宮のリーグ戦を見に行くのは、相当久しぶりだったと思う。

大宮は、シモビッチが出ないかなと思ったが、ベンチにも入らず。まあ、今年、監督が高木琢也になって、FWにファンマを補強したんなら、そりゃ、ファンマを使うだろう。シモは、少なくともしばらくは厳しい立場になりそうだなと思った。あと、畑尾が控えに居たが、出場しなかった。もっとも、畑尾は名古屋に居た感が、かなり薄い選手ではある。
甲府では、内田が左サイドでスタメン出場。結果として、甲府に肩入れして見ることになった(席は東側のスタンドのホームのエリアに居たが)。

試合の中身は、どっちもなかなかビルドアップ出来ないし、たまにロングボールがうまくはまって、決定機まで持ち込んでも、シュートミスで得点出来なくて、このもどかしさがいかにもJ2だなあ、と思った。馴染んで見続けていれば、こういう試合展開も、これはこれで楽しめるはずだけど(実際、以前はJ2を楽しんで見ていた)、自分のチームが昇格を賭けながら、こういう試合を続けてるのを見続けるのはしんどい。2017年一度だけでたくさんだよ。

展開的には、序盤が甲府、前半の半ば以降と、後半半ばくらいまでが大宮、終盤は甲府が優位だったと思う。
甲府の優位は、ピーター・ウタカ次第という感じ。というか、ウタカ自体は、終始、一人だけ格上なプレーぶりだったが、周囲の選手が彼に付いてこれるかどうか。序盤はマークが弱かったからか、ドゥドゥが結構うまく連携出来ていたが次第に失速。終盤、ドゥドゥがジュニオール・バホスに交代すると、これが当りで甲府に流れを呼び込んだ。多分、ウタカを生かすのに周囲の構成をどうする、というあたりで、今後、甲府は試行錯誤していくんだろう。それでも、横谷あたりは、終始、割とうまく連携出来ていたような気はした。
一度、内田がゴール正面、ちょっと長めで直接FKを蹴った場面があって、直接ゴールを狙ったけど浮かせてしまった。残念。ウッチー、悔しがってたな。
大宮に関しては、2年間、長崎に苦しめられたチームのサポとしての経験から、ファンマは見かけほど怖くないと思ってたし、この試合もその通りだったと思う。シモビッチの方が、コンディションの問題とかがないのであれば、全然いいFWだと思うよ。大宮は、攻撃に関しては、ちょっとタレント不足な感じだった。大前と茨田だけでは足りてなくて、マテウスをうちに抜かれたのが、結構厳しいのかもしれない。もっとも、近年の大宮については、攻撃面で、それほど感銘を受けるような試合運びを見た記憶がない。それなのに、毎度名古屋がやられるもんだから、毎回むかつきながら帰っていたんだよな。

まあ、開幕戦だし、どっちのチームも、これからチームを作っていく状態なんだろうな。スコアレスドローだったのは順当なところだろう。
20190224board
20190224pitch
「121%」てのが、今年の大宮のスローガンらしい。
20190224surogan
20190224score
マスコットの皆さん。久々にヴァンくんの姿を見た。
20190224mascot1
20190224mascot2

|

« J1リーグ第1節鳥栖対名古屋 | トップページ | J1リーグ第2節名古屋対C大阪 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J2リーグ第1節大宮対甲府:

« J1リーグ第1節鳥栖対名古屋 | トップページ | J1リーグ第2節名古屋対C大阪 »