« 感想「不死身の特攻兵」 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(3/16) »

春季教育リーグ ヤクルト対楽天(3/13)

2019.3.13(水) 12時半 ヤクルト戸田球場
E 000001000 1
S 000001101 3

今年の野球初観戦。ただし4回裏から。

到着時点でまだ0対0。
投手はヤクルトが寺原、楽天が菅原だったが、球数表示などから考えて、どっちも先発投手がまだ投げていたぽかった。双方、割と安定感があり、0対0のまま5回終了。
6回表に寺原が、内野のエラーで出たランナーを岩見のツーベースで返され失点。しかし、その裏、この回から登板の楽天2番手戸村に対し、ヤクルトが相手エラーをきっかけに得点して1対1。
6回裏には内野安打で出塁した三輪を、今季日ハムから移籍加入した太田がツーベースで返し、ヤクルトが勝ち越し。
ヤクルトは7回以降は、山田大、久保、屋宜、中尾と継投して無失点。2対1で9回表を終えたが、春季教育リーグのレギュレーションで、9回裏も実施。楽天3番手の投手、渡邊佑に対し、また太田がタイムリーを打って3点目を挙げ、3対1で試合終了。

勝ち負けをどうこう言う試合でもないし、主な関心事は選手の印象。寺原は、6イニング投げたうち、4イニングしか見てないが、悪くないピッチングだったと思われる。6回で被安打3だし、球数も多くなかったあたりからの推測。
あとは2打点の太田がちょっと目を引いた。打撃だけでなく、守備でもイキのいい所を見せていた。まあ、6回の失点のきっかけになったエラーにも絡んでたんだが、その辺はご愛敬。
20190313board
20190313kyujo
20190313score

|

« 感想「不死身の特攻兵」 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(3/16) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春季教育リーグ ヤクルト対楽天(3/13):

« 感想「不死身の特攻兵」 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(3/16) »