« YBCルヴァン杯第2節 名古屋対大分 | トップページ | J1リーグ第4節東京対名古屋 »

イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(3/16)

2019.3.16 (土) 13時 ヤクルト戸田球場
B 000020000 2
S 30000630X 12
[勝]清水、[敗]中川虎

イースタンリーグ開幕戦。

試合開始前には開幕戦セレモニー。つばみとパッションとパトリック・ユウが来場。神宮っぽい演出で試合を進行した。

先発投手はヤクルトがドラフト1位の清水、DeNAは育成の中川虎。
先制したのはヤクルト。初回に中川の制球が安定しないのに付け込んで、川端と奥村の連打で1死2-3塁とした後、暴投で先制。さらに四球2つで満塁として、藤井の3塁線へのツーベースで2点追加し、3-0とした。ただ、中川は2回以降は立ち直り、時折抜け玉はあるものの、きっちりまとめて、5回までの4イニングを三者凡退で終えて交代。
清水はさすがに安定感のあるピッチングを見せていたが、球速はそれほど出ていなくて、決め球は変化球を多用していた印象で、いまいち迫力に欠けた。4回くらいから制球がややばらつき始め、5回には嶺井の2点タイムリーで1点差に迫られた。清水もこの回で終了。
6回表のヤクルトは、日ハムから加入した高梨が登板。1安打2四球で、いきなり2死満塁のピンチを作ったが、ここは切り抜けた。
6回裏のDeNAの投手は平田。これが乱調だった。いきなり奥村にスリーベースを打たれて動揺したのか、その後2四死球と2安打で3失点、なお無死満塁。そこから2死を取ったものの、そこで川端が走者一掃のタイムリーを打って、一気に9対2。
そして、7回裏のDeNAの投手は古村。すんなり2死を取ったが、そこからが長かった。5連続四球で2失点。捕手の牽制悪送球でもう1点の後、さらに四球で6連続四球。次打者は内野ゴロで、ようやく止まったが、スコアは12対2。
しかも、四球4人目あたりから雨がポツポツ落ち始め、この回が終わったら帰ろうか?と思い始めたが、一向に終わらず、雨がどんどんひどくなるという、悪夢のような展開(^^;。この回が終った時には、本降りに近い状態で、土手の上は強い風まで吹いてきて、たまらず撤退した。それほど長く続く雨じゃないという予想はついたが、完全に壊れた試合になっていたので、苦労してでも見続けようという気は起きなかった。
帰宅した頃には雨は小降りになっていて、確認すると、試合は最後までやれたらしい。最終スコアは12対2のままだったから、まあ、いいかという感じではある。

ヤクルトの大勝ではあるけれど、DeNAの2-3番手の投手が酷過ぎた感じなので、いい試合をしたという印象はあんまりない。
清水は、まだ本調子ではないのかな? 悪い出来ではなかったと思うが、今一つ物足りなさが残った。打つ方では、奥村がツーベースとスリーベース各1本で、気を吐いてた感じだった。
20190316board
20190316ceremo
20190316kyujo
20190316score

|

« YBCルヴァン杯第2節 名古屋対大分 | トップページ | J1リーグ第4節東京対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(3/16):

« YBCルヴァン杯第2節 名古屋対大分 | トップページ | J1リーグ第4節東京対名古屋 »