« 「タクシー運転手 約束は海を越えて」 | トップページ | J1リーグ第7節横浜対名古屋 »

「麻雀放浪記2020」

4/5に公開された映画。五輪絡みの内容が不謹慎だとか、ピエール瀧が出演してるのが問題だとか、二度も上映中止の危機にさらされながら、東映の判断で上映が始まった映画。東映、えらい。応援の気持ちもあって、早々に見に行ってきた。

1945年の東京で賭け麻雀で暮らしていた坊や哲が、九連宝燈を出したのをきっかけに、2020年にタイムスリップ。その2020年の日本では、突然勃発した戦争に敗戦したことで、2020年五輪の開催権を返上し(この辺のストーリーが最初に揉めた理由)、代わりのイベントとして(日本が誇っているらしい)AIと人間の雀士が対戦する麻雀五輪を、「新国立競技場」で実施しようとしていた、という話。

坊や哲は元になっている「麻雀放浪記」(阿佐田哲也の小説でも、和田誠によるその映画化でも、どっちでもいい)の主人公だし、背景となる1945年の出来事も、それを踏まえている。一方、2020年の話はオリジナルだが、元作品をうまく使いこなしている感じがしたし、リスペクトも感じられた。
直前の「戦争」の詳細がほとんど語られないので、なぜそうなったのかはよくわからないんだが、2020年の日本は、マイナンバーの強制や暴力的な警察など、強権支配による管理社会になっており、そこからはみ出した人間たちは、底辺の生活を送っていて、主人公(斎藤工)はそういう底辺の東京へ紛れ込んでいく。描かれている社会は明らかにディストピアだけれど、今の世の中を見ていると、現実からそれほどかけ離れた世界にも見えなくて、コメディのネタとしてはかなり苦く感じた。ただ、東映の特撮ヒーロー物にはこういう話が多いよな、とも思ったから、さすが東映という感じではある。娯楽作品に、世の中の風潮や社会への批判をさりげなくすべりこませる。そうであっても、話の中身はあくまでも娯楽という、お馴染みの作風。
ゲテモノな映画には違いないけれども、竹中直人を中心に、笑えるシーンに事欠かないし、麻雀の試合のシーンは、イカサマのテクニックの見せ方も含め、なかなかの迫力で、本当に面白く見れた。

2020年の世界で、強い雀士として有名になった主人公(斎藤工)が、賭博で警察に捕まり、お詫びの記者会見をすれば釈放してもらえる、という場面があるが、折しも、保釈で出てきたピエール瀧が、神妙な顔でお詫びしたというのが、まるっきり映画と被って見えた。こういうネタを入れている以上、瀧の事件があったからといって上映中止するのは、まさにこの映画の精神に反する。東映が公開を決めたのは当然だったかなと思う。実際のところ、瀧の出番はそれほど多いわけでもなく、こんなもので上映中止にされたら、たまったもんではないわな。東映はよくやったし、この映画がヒットすればいいな、と思う。
(2019.4.6)

|

« 「タクシー運転手 約束は海を越えて」 | トップページ | J1リーグ第7節横浜対名古屋 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「タクシー運転手 約束は海を越えて」 | トップページ | J1リーグ第7節横浜対名古屋 »