« J1リーグ第10節湘南対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/7) »

イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/6)

2019.5.6 (月祝) 13時 ヤクルト戸田球場
L 000002030  5
S 000030111X 6
[勝]中澤、[敗]田村
[H]S:濱田(大石)

空模様が怪しくて、最後まで持つだろうかと不安になりながらの観戦。

先発投手はヤクルトが山田大、西武が南川。
双方、走者をポツポツ出すものの、大崩れすることなく抑えるという内容で、4回までは速い展開の試合だった。5回表、山田大は守備のミスも絡んで、2死満塁のピンチになったが抑えた。その裏、西武は投手を齊藤大に交代。これに対して中山がヒットで出て、齊藤大の牽制悪送球と内野ゴロで進塁し、三輪のタイムリーで還ってヤクルトが先制。さらにその後、四球でランナーが増えた場面で、奥村がレフト前ヒット。これをさらにレフト斉藤彰が後逸し、二者還って3-0になって5回が終了。この辺から試合のテンポが遅くなった。
6回表、山田はヒット2本の後、金子一に2点タイムリーツーベースを打たれ1点差。山田はこの回まで。
7回裏、西武3番手大石に対して、1死1-3塁から藤井のスクイズで追加点を挙げ、4-2。
8回表、7回から登板した久保が連打を浴び、1死1-2塁で蔵本に交代。ここで蔵本が齊藤誠に2点タイムリーツーベースを打たれて同点。さらに綱島にも右中間を深々と破られて逆転。綱島は3塁を回ってホームへ突っ込んだが、バックホームでタッチアウト。ランニングホームランにはならなかった。
これで西武が勝ちかなと思ったが、8回裏に濱田が大石からレフトにホームランを打ち込み、5-5の同点。ちなみにこれは1号ホームランだったそうなので、濱田の(イースタンでは)プロ入り第1号だな。
9回表は蔵本→中澤のリレーで無失点。9回裏の西武のピッチャーは田村。先頭の吉田がヒットで出て、犠打で二進。2死2塁となった所で、藤井が右中間を破るサヨナラヒット。延長寸前でケリをつけてくれた。

濱田は3日に見た試合でもよく打っていたし、打撃は結構いいのかなと思い始めた。山田大は投球に粘りがあって、悪くはなかったけれど、すごく良かったとも言い難く、上げるという所まではいかないような気がする。
藤井は下だと輝くよなあ、と思う。まあ、サードを守って、豪快な1塁悪送球もあったけど(^^;
天気が最後までもってくれて有難かった。というか、時間が経つにつれて雲は薄くなった。ただ、だんだん寒くなってきたので、延長に入ったらどうしようかと思っていたんだ。
20190506board
20190506kyujo
20190506score

|

« J1リーグ第10節湘南対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/7) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« J1リーグ第10節湘南対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/7) »