« J1リーグ第9節名古屋対広島 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/3) »

東都大学野球 亜細亜大対國學院大、駒澤大対東洋大(5/1)

第一試合
2019.5.1 (水祝) 11時 神宮球場
亜細亜 000000000  0
國學院 000000001X 1
[勝]吉村、[敗]内間
[H]國學院:鎌仲(内間)

先発投手は亜細亜が内間、國學院が吉村。両投手とも粘りがあり、ヒットや四球で走者は出るものの、なかなか得点に結び付かない展開。
國學院は3回裏に1死2-3塁としたのが最大の得点機だったが、次打者の三ゴロで三走が三本間に挟まれ逸機。亜細亜の得点機は5回表の2死2塁。次打者の中前打で二走が本塁へ突っ込んだが、國學院センターのバックホーム好返球でタッチアウト。
それ以外には双方大きな得点機はなく、投手交代もないまま、0対0で9回表まで終わったが、その裏、國學院先頭打者の鎌仲が、ライトスタンドへホームランを打ち込んで、試合を終わらせた。
どちらも大きく崩れる場面がない締まった展開だったと思う。最後も一振りでスッキリけりがついたし、いい試合だった。
20190501board1
20190501kyujo1
20190501score1

第二試合
2019.5.1 (水祝) 13時55分 神宮球場
駒澤 000000000 0
東洋 02000100X 3
[勝]村上、[敗]竹本

先発投手は駒澤が竹本、東洋が村上。
竹本が2回裏に2死取った後で制球を乱し、ランナー2人を置いてタイムリーで1失点。さらに四球と死球で押し出して、もう1失点。その後は一旦持ち直した感じだったが、6回裏に先頭打者ヒットの後、犠打で1死2塁となった所で、2番手小川に交代。しかし小川は暴投で走者を三塁に進めた後、タイムリーを打たれて1失点。
東洋の村上は、初回から快調なピッチング。打者に粘られて多少苦労する場面はあったが、粘り負けなかった。アウトの半分以上を内野ゴロで取って、ゆうゆうの完封。
村上は速球はあまり多くなく、それほど迫力はなかったが、多彩な球種で打者の狙いを外し続ける、うまいピッチングをしていた感じがした。東洋大ってのは、毎年いい投手が出てくるのかねえ。
駒大は竹本の調子に波がありすぎたと思う。
20190501board2
20190501kyujo2
20190501score2

なお、第二試合途中から雨が降り始め、天候回復の見込みがないとのことで、第三試合の中央大対立正大は中止(翌日に順延)になった。

|

« J1リーグ第9節名古屋対広島 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/3) »

「野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« J1リーグ第9節名古屋対広島 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/3) »