« 感想「犬であるとはどういうことか」 | トップページ | 感想「脱落者」 »

感想「内戦の日本古代史」

「内戦の日本古代史」 倉本一宏 講談社現代新書
日本の古代に起きた内戦がどのようなものだったか、というのを解説する内容。
前振りとして、日本の古代は、諸外国(といっても、中国や欧州程度と思われるが)に比べて、対外戦争も含めて極端に戦争が少なく、事後処理も、敵側の人間であっても、降伏したのであれば戦後の統治体制に受け入れるなど、概して穏やかなものだった、ということを言っている。
その後、ひとつひとつの内戦を細かく解説していくが、日本史のかなり細かい所まで踏み込んだ内容なので、バックグランドの知識が乏しい自分にとっては、なるほどそうなんですか止まりだった。それでも、こんな所まで文献から読み解けているのか、というあたりには、ちょっと感銘を受けたけれど、たとえば邪馬台国の所在にしても、説が色々ある中で、この著者は自身が妥当と思う説に基づいて自説を組み立てているから、この本全体の内容も、どこまでが専門家の中での共通認識なんだろう、とは思った。

元々は、穏やかだった古代が、なぜ血腥い中世へ移行して、さらには明治以降の殺伐とした好戦的な国家へ繋がっていったのかというのが、著者の問題意識らしいのだけど、本書は古代の戦争の解説の域を出ていないように思える。問題意識に関わる部分の考察はあまり厚くなく、そこに興味を引かれて読んでみた本だったので、その点は残念だった。諸外国に比べて、と言っている割に、外国の歴史にそれほど通じているようでもない印象を受けたあたりもマイナス点。要するに、著者の主張の部分に、どの程度の妥当性があるのかを、本書を読んだだけでは、いまひとつ判定しづらかった。
それでも、あまり知識のない古代の権力闘争について、なにがしかの知識が得られたのは良かった。古代の権力闘争が、朝鮮半島のそれと、思っていた以上に密接に繋がっていたのも興味深かった。日本と朝鮮半島は、少なくとも権力者のレベルでは、今よりもずっと密接な関係にあったということなんだよな。
(2019.5.5)

|

« 感想「犬であるとはどういうことか」 | トップページ | 感想「脱落者」 »

小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想「犬であるとはどういうことか」 | トップページ | 感想「脱落者」 »