« 「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」 | トップページ | 皇后杯 全日本女子サッカー選手権決勝 日テレ対浦和 »

全日本大学サッカー選手権決勝 明治大対桐蔭横浜大

2019.12.22(日) 13時 浦和駒場スタジアム
観客 6084人 主審 野田祐樹 副審 数原武志、岩田浩義

 明治大 3(0ー0)1 桐蔭横浜大
      (0-0)
      (2-1)
      (1-0)

 得点 92分 桐蔭横浜大・眞鍋
    96分 明治大・佐藤亮
    98分 明治大・蓮川
    112分 明治大・森下

曇り空で、予報では15時過ぎから雨。15時からは大宮で女子サッカーの選手権準決勝があり、元々はそちらに行くつもりでいたが、予報を見て切り替えた。

序盤から、かなりはっきり明治の優位が見える試合だった。スキルのある選手が多くて、安定した試合運びが出来ていたが、押し込んでいる分、桐蔭が守備に人数が掛かる形になっていて、そこをなかなか破れなかった。
桐蔭もカウンターやセットプレーでチャンスを作ってはいたものの、攻め手が薄いので、得点は遠い感じ。動きの少ない前半だったと思う。

後半になると明治の攻勢が激しくなり、シュートの場面も増えたが、ペナルティ内まで持ち込む形はなかなか作れず、ミドルが主体。それも今一つ精度が悪く、枠を捉えきれないものが大半で、惜しいシュートもGKに弾かれた。得点出来ないまま、スコアレスで延長へ。

なにげに月曜に見た川口での試合を思い出させる展開だった。優勢に見えた立正が、スコアレスで延長に持ち込まれ、関学に得点されて負けた試合。しかも、この試合も、延長前半3分に、ゴール近くのFKのこぼれ球を4番(眞鍋)が流し込む形で、桐蔭が先制してしまったから、やっぱり?、と思った。
しかし桐蔭がそのまま逃げ切るには、得点が早すぎた。すぐ後の明治の怒涛の反撃で、強いシュートがゴールに飛び、桐蔭は跳ね返したものの、こぼれ球に明治の選手が詰め、DFと交錯して倒されてPK。11番(佐藤亮)が決めて同点。
8分には4番(蓮川)がドリブルで持ち込み、コースをきっちり狙ったシュートを決めて、明治が逆転。
延長後半には、明治が前線の選手でゴール前をきっちり崩して、最後は8番(森下)が決め3対1として、最終スコアは明治の圧勝ぽいものになった。今季、明治は大学のタイトルを独占してたらしいから、順当な結果だったんだろう。中盤の選手たちの球捌きは、確かに見事だったし、桐蔭GKの好守もあったとはいえ、最初からシュートがきっちり枠に飛んでいれば、こんなに苦労はしなかったはず。
桐蔭は攻撃に関してはミスが目立ち、あまり強さは感じられなかった。堅守でここまで勝ち上がってきたのかな。

ちなみに、試合が延長にもつれたせいで、帰りは雨が降り始めてしまった。正直、明治には90分で決めて欲しかった(^_^;)
20191222board 20191222pitch 20191222score

|

« 「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」 | トップページ | 皇后杯 全日本女子サッカー選手権決勝 日テレ対浦和 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」 | トップページ | 皇后杯 全日本女子サッカー選手権決勝 日テレ対浦和 »