« ヤクルト戸田球場(1/25) | トップページ | トップリーグ第4節 リコー対NTTコム »

トップイースト順位決定戦 BIG BLUES対富士ゼロックス

2020.1.26(日) 14時 東京ガス大森グランド 

 BIG BLUES 14(7−26)36 富士ゼロックスファイヤーバーズ
          (7−10)

トップイーストの順位決定戦。トップイーストdiv1のリーグ戦9位・10位のチームとdiv2の1位・2位のチームがノックアウト方式で対戦して、改めて順位を入れ替え、来季の所属リーグを決める入替戦。例年だとdiv1と上のリーグの入替次第で、div1の枠が変わってくる可能性があるが、今季はW杯開催の関係で、そこの入替がないので、単純に上位2チームがdiv1行き。ということは、今日の試合で対戦する、先週勝った(今季div1だった)2チームがdiv1に残留することが決まっていて、今日の試合は最終順位を決めるという目的はあるものの、限りなく消化試合に近い。

ちなみにこの2チームのリーグ戦での成績は、BIG BLUESが9位で、直接対決でも勝っていた。

序盤にゼロックスがモールで押し込んで、優位な状況から先制トライ。BIG BLUESは粘り強くボールを繋ぎ、球際に強さを見せて、15分過ぎにはトライを返して同点にしたが、5分後にゼロックスがハイパント攻撃で競り勝って2つ目のトライ。
この辺から、ゼロックスのモールの強さがじわじわ効き始め、押し込む時間が長くなる。BIG BLUESはモールを押し返すことが、ほとんど出来ていなかった。32分、36分とゼロックスが立て続けにトライを決めて、リードを拡げた。BIG BLUESは、ようやく40分過ぎにチャンスをつかみ、ボールを繋ぎ続けて相手ゴール前で粘ったが物に出来ず、前半は終了。
後半も前半終盤の流れのまま、ゼロックスが優勢。前半はBIG BLUESがまだ健闘していたスクラムやラインアウトでも、ゼロックスが優位に立ち、ほぼワンサイドゲームのような雰囲気に。それでも雨の後でピッチコンディションが悪かったり、そもそも試合結果に大きなものは懸かっていないので、あまり無理をする意味もないせいか、ゼロックスがそれほどかさにかかって来なかったこともあり、それほど点差は開かなかった。終了直前にはBIGBLUESが縦に繋いで1トライを返して、14対36で終了。リーグ戦の順位がひっくり返った結果になった。

もう少し競った試合を期待していたが…。ただBIG BLUESの今のチーム体制からすると、div1残留が決定した後の消化試合で、力を発揮するほどの余力はないのかもしれない。仕方ないかな。

ちなみに、今年の初観戦試合だった。やっと年が明けた感じ(^_^;)
20200126pitch 20200126score

|

« ヤクルト戸田球場(1/25) | トップページ | トップリーグ第4節 リコー対NTTコム »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤクルト戸田球場(1/25) | トップページ | トップリーグ第4節 リコー対NTTコム »