« YBCルヴァン杯第1節 名古屋対鹿島 | トップページ | J1リーグ第1節仙台対名古屋 »

「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」

久々に見に行った、テリー・ギリアムの映画。
テリー・ギリアムは、個人的にモンティ・パイソンブームだった一時期、割とフォローしてたけど、もう20年くらい、映画を見には行ってなかった。今回、行く気になったのはたまたまで、もしかしたら、ギリアムがドン・キホーテの映画を作ろうとしてるという話を、フォローしてた頃に聞いた覚えがあったからかな。

学生時代にスペインの田舎の村で、地元の住民を俳優に使ってドン・キホーテの映画を撮った男が、映像作家として成功した10年後、たまたま村に戻ってきて、悪夢のような経験をする話。ただ、ストーリーそのものに、そんなに重要性はない気がする。
というか、ある程度、内容を思い出せるギリアムの映画というと、「未来世紀ブラジル」と「バロン」くらいだけど、あの辺もストーリーを追って見てはいたけれど、そこにポイントはないような気がしていたと思う。でも、じゃあ何がポイントかというと、よくわからない。具体的なテーマや主張を描いているわけでもなく、現実と虚構が入り交じる曖昧模糊とした、わかりにくい映画という印象だった。
この映画も同様だったので、そういう意味では、まさに自分がイメージしてるギリアムの映画そのものだったのかもしれない。そういえば、考えようでは、主人公のたどる道筋は、「ブラジル」の主人公にかなり似ているようにも思える。
しかし「ブラジル」では、これはどういう映画なんだろうと考える以前に、ビジュアルの華々しさで幻惑されたのだけど、この映画にはそういう要素は薄いと感じる。その分、これはどういう意味なのか、というようなことを、見ながらいろいろ考える余裕があったともいえるか。
ただ、ストーリーが全てではないと感じる、こういう映画を見るのは久しぶりだったし、映画そのものを、大した本数を見ていない昨今、この映画をきっちり受け止めて、あれこれ語るほどの知識を自分は持っていないな、という気はした。

それはそれとして、この映画には、モンティ・パイソンぽい場面が所々に出てきた。そもそもオープニングが、「And now」だったし。つまりはこれがギリアムの一貫した作風ということなのか、それともこれがモンティ・パイソンからの流れを意識した映画ということなのか、どっちなんだろう。そういうあたりも、ギリアムのこの20年くらいの映画を見ていれば、察しがつくのかなと思うのだけど、残念ながらそういう知識もないわけで。

|

« YBCルヴァン杯第1節 名古屋対鹿島 | トップページ | J1リーグ第1節仙台対名古屋 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« YBCルヴァン杯第1節 名古屋対鹿島 | トップページ | J1リーグ第1節仙台対名古屋 »