« 感想「プロ野球入門」 | トップページ | 「新聞記者」 »

感想「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」 ブレイディみかこ 新潮社
イギリス在住の著者が、アイルランド人の夫との間にもうけた、中学1年の息子の周辺に起きる日々の出来事を通して、イギリス社会の差別や格差について考えたことを書いた本。タイトルは、著者の息子であるイエロー(東洋人)とホワイト(白人)の混血の少年が、レイシズムに触れてブルーになった気分を表した文章から拝借したもの、とのこと。2019年の刊行で、Brexitも背景に見えている。 

元々、この人の本は何冊か読んでいるので、イギリスにある様々な問題についての描写はそれほど目新しいものではないし、これらは簡単に解決する問題でもないから、エピソードごとにはっきりした結論や回答が示されるわけでもない。しかし、ひとつの問題に触れるごとに、差別や格差に対抗する立場から、どう対処するのが正しいのかと真剣に考える著者や少年の姿には、こうありたいと思わされる。
ちなみに、イギリスについて書かれた本ではあるものの、おおかたは日本でも同様な問題が起きているし、決して他人事ではない。日本での状況を考える手がかりにもなる。著者が息子と日本に里帰りした時のことが書かれているくだりもあり、これがまた、排外主義を体験する、どうにもやりきれない話も含まれていたりする。

それにしても、この少年はとてもよい子で、格好良すぎるくらい。自分が中学1年の頃は、とてもこんな社会的な感覚は持っていなかった。もちろん、国も時代も違うわけだけれど、背景には、本人や家族の意識の持ち方もあるにせよ、学校でこうした感覚を醸成するプログラムがあることも大きいように思える。素晴らしいことだと思うし、大昔に自分が受けた教育にはなかったはずだが、今の 日本の中学には、そういうプログラムはあるんだろうか。 
(2020.2.21)

|

« 感想「プロ野球入門」 | トップページ | 「新聞記者」 »

小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想「プロ野球入門」 | トップページ | 「新聞記者」 »