« 感想「魂の沃野」 | トップページ | 「21世紀の資本」 »

感想「目の見えない人は世界をどう見ているのか」

「目の見えない人は世界をどう見ているのか」 伊藤亜紗 光文社新書
2015年に刊行された本だが、結構順調に版を重ねているようで、今回読んだのは、2018年に刊行された第15版だった。
子供の頃、かなり度の強い近視で、失明というものに、そこそこ現実味のある危惧を感じていた影響で、タイトルに書かれているような事柄には、以前からかなり興味を感じていた。

内容はタイトル通り。ただし、目の見えない人を、単なる身体障害者としてではなく、健常者とは異なるものが「見えている」人として、ポジティヴに捉えようとしているのが特徴かと思う。著者の専門は 美学と現代アートだそうで、 医療や福祉といった方面の人ではない。目が見えないのが日常生活する上での多大な障害であることは踏まえつつも、それを欠点ではなく一種の持ち味と考える、独特なアプローチをしようとしている。

目が見えない人の世界認識というと、一般的には、視覚以外の感覚が高度であるとか、点字を使うといったイメージになるが、そうした思い込みを崩していきながら、実際のところを解説していく。 また、五感と言われる感覚の中で、視覚を最上位とする考え方には疑問を投げ掛ける。
点字の認識率がそんなに低いとは知らなかった。確かにこんなに難しいものをよく使えるな、と思ってはいたけれど、実際にそうなんだな。
目が見えない人の美術鑑賞というのが、興味深かった。見える人が絵画を口頭で説明して、それを見えない人が自分の頭の中で再構成していくのだそうだが、そもそも美術作品の受け取り方は、人によってまちまちなわけだし、特に現代アートになると、何が描かれているのか、見える人にもよくわからなかったりすることも多い。描かれている色や線の情報だけを受け取って、それを再構成するというのは、そうした作品の鑑賞方法として、それほど特異ではないのかもしれない。また、そのように時間を掛けて作品と向き合うことは、見える人が展覧会で急ぎ足で作品の前を通り過ぎていくのに比べたら、ずっと深い作品理解になっているのかも、という気もした。

そういった話も含め、視覚を使えない人が、視覚情報からの錯覚や思い込みから解放されていて、違う物事の捉え方をするというあたりは、確かにと思うし、そこから前提が全く違う文化が生まれることもありえるのかもしれないと思った。ただ、あくまでも、多数の見える人の中で暮らす、少数の見えない人という状況では、そこまでの劇的なことは起きにくいかな。
それから、見えない人といっても、中途失明の場合は、見えていた時の記憶がある分、見える人との意識の違いは起きにくいはず。最初から見えなかった人たちの世界認識は、かなり違うのでは、と思うんだが、その辺はあまり触れられていない。

一方で、見えないことによる独特な感覚を強調するあまり、見える人の感じ方を限定的に捉えすぎている感もある。たとえば自販機やレトルトのギャンブルなんて、見える人でもやる人はやるだろう。

そうしたところに、いくらかの物足りなさは残ったが、目が見えない人の感覚について、認識を改めさせてくれる内容だったのは確かだと思う。
(2020.6.11)

|

« 感想「魂の沃野」 | トップページ | 「21世紀の資本」 »

小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想「魂の沃野」 | トップページ | 「21世紀の資本」 »