« ヤクルト戸田球場(6/21) | トップページ | J1リーグ第2節清水対名古屋 »

感想「コックファイター」

「コックファイター」 チャールズ・ウィルフォード 扶桑社ミステリー
1962年刊行の小説。ただし、訳者あとがきを読むと、1972年に改訂版が出ていて、本書の底本はそちらとのことだから、1972年刊と言った方がいいのかもしれない。
翻訳が出たのは今年の5月。扶桑社ミステリーはウィルフォードをよく出してくれるな、と思ったが、これも訳者あとがきによると、訳者の持ち込みだったとか。とはいえ、ウィルフォードを沢山出している扶桑社ミステリーだから、訳者も持ち込んだんだろうし、扶桑社だから出してもくれたんだろう。


本書が刊行された当時のアメリカ南部を舞台に、闘鶏に全人生を捧げた主人公を描いている。当時のアメリカでの闘鶏がどのようなものであるかを、マニアックに描きこんだ、闘鶏小説としか言いようのない作品。少なくともミステリではない。
主人公を筆頭に、あくの強い登場人物だらけな所は、いかにもウィルフォードの小説らしいが、ストーリーの骨格自体は、それほど特別なところはなく、扶桑社ミステリーから比較的近年に出た「炎に消えた名画」や「拾った女」のような、仕掛けでうならせるような小説ではなかった。本書の最大の特徴は、あくまでもマニアックな闘鶏の描写。もっとメジャーな題材であれば(野球とか、カードなどのポピュラーなギャンブルとか)、こういう小説もあるよね、という気もするのだけれど、本書を読む限り、当時のアメリカでも決してメジャーなものではなかったと思われる、闘鶏という奇妙な世界を、ここまで描き切ったというところに、この作家のカルト性の真骨頂が見える、という感じ。
もっとも、これが著者自身の闘鶏への愛情から来ているのか、あくまでも小説の題材としてのものなのかはわからない。闘鶏に打ち込む登場人物たちの、かなりグロテスクな描写を見ると、いくらか揶揄的な意図が感じられるような気もしないではなく、そこはかとなく底意地の悪さが感じられるようでもある。本当にそうなのだとすれば、やはり後者かもしれない。
ちなみに主人公は、周囲の人間の言うことには全く耳を貸さない男。信念を持っているといえば聞こえはいいが、あらゆることを自分に都合よくしか解釈しない偏狭な人物。ただ、著者が彼を、殊更に肯定的、または否定的に描いているという感じはしない。そういう男の生き方を、そのまま描いているという感じ。闘鶏に出場させるニワトリの育成や訓練の過程、試合の展開などの綿密な描写は、スポーツのドキュメンタリーを読むような真に迫ったもので、引き込まれるのだけれど、主人公の描き方は、小説のそうした内容に合っているかもしれない。
なにせウィルフォードのことだから、細部まで描きこまれた闘鶏の風景も実はフェイクだよ、みたいなことがあるのかも、と考えたりはするけれど、面白く読めた小説だったから、そうだとしても特に問題はないと思った。

|

« ヤクルト戸田球場(6/21) | トップページ | J1リーグ第2節清水対名古屋 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤクルト戸田球場(6/21) | トップページ | J1リーグ第2節清水対名古屋 »