« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(10/21) | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(10/23) »

J1リーグ第33節横浜FM対名古屋

2020.10.21(水) 19時半 日産スタジアム
観客 6607人 主審 東城穣 副審 木川田博信堀越雅弘

 横浜F・マリノス 2(1−0)1 名古屋グランパス
           (1−1)

 得点 41分 横浜・エジカル・ジュニオ
    69分 名古屋・マテウス
    80分 横浜・渡辺

2節連続の現地観戦。
マリノスが出場するACLのスケジュール変更に伴い、急遽、水曜夜、しかも19時半キックオフで突っ込まれた試合。スタンドはガラガラ。

ただ、名古屋のビジターゲームとしては、COVID19感染拡大防止対策が始まってから初めて、ビジター席が設定された。その効果もあってか、ビジター席はそこそこの入り。まあグランパスからも、首都圏のみなさんは是非、応援に行ってください、というメールが来てたし。

名古屋の先発は、両SBが前節から変更。成瀬とオジェソクが、宮原と太田になった。戦術的なものというより、負担の分散の意味合いが強かったんじゃないか。他は前節のまま。

前半はマリノスのハイスピードな試合運びに、名古屋が飲み込まれていた感じ。名古屋はクロックアップしたマリノスに合わせてしまって、自分たちのテンポで試合を運べなかった。マイボールにしても、速いテンポでプレッシャーを掛けられるから、どうしてもそうなってしまう。うまくいなして、テンポを落とすことが出来れば、もう少しやりようがあった気がしたけれど。
たまにチャンスらしいものは生まれたけれど、基本的には押され放しだった。決定機を何度も作られながら、守備陣の奮闘とマリノスのシュートミスに助けられて、40分まではスコアレスで持ちこたえた。実際、マリノスにしても、あれだけテンポの速い試合運びをしていれば、当然プレー精度は下がる。ただ、ミスのリカバリーも速いから、簡単には相手に主導権を奪われない。そういう思想で組み立てられているサッカーなんじゃないかな、と思った。
そして42分にとうとう失点。正直、ああやっぱり、としか思わなかった(^_^;)

後半は選手交代なくスタートしたが、試合の流れに変化がないと見切ったか、マッシモは早々に前田と阿部を、石田と山崎に入れ替えた。
前線に明確なターゲットが増えたことと、山崎を前に置いて、夢生が動ける自由度が上がったことで、相変わらず押される展開ながら、名古屋の攻めるとっかかりが、いくらかは増えた気がする。
ただ、唯一、マリノスのクロックの速さに対抗出来ているように見えたマテウスが、ある意味、名古屋のテンポからずれてしまい、何でも一人でやってしまいがちで、チームのバランスが崩れていたように思う。その影響で、攻撃に厚みが生まれていなかった気もする。
しかし後半15分頃から、次第に名古屋に流れが来はじめた。マテウスの惜しいオーバーヘッドシュートなどもあった後の69分、左サイドをオーバーラップした太田のクロスを、ゴール前で山崎がポスト。粘り強く後方のマテウスにつなぎ、マテウスが蹴り込んで同点。ここは、最後のシュートを狙うだけという形で、マテウスが関われたのが良かったんじゃないかな。また、この場面の山崎の粘りは見事だった。
とはいえ、そこから一気に勝ちにいく勢いは、名古屋になかった。
80分、マリノスの速い攻撃から、ゴール前に左サイドからクロスが入った。これは右サイドへ流れるこぼれ球になったが、競り負けて拾われ、そこから失点。ただ、この場面のマリノスは、それほど特別な攻撃をしているわけではなかったように思える。うまくつながれたのは確かだけれど、普通に攻められて単純に競り負けた、もったいない失点という印象だった。
終盤、名古屋は相手ゴール前まで攻め込みはしたが、同点ゴールには至らず、1対2の敗戦。

結果は僅差だけれど、内容的には名古屋の完敗に近いようには感じた。マリノスのスピード感に圧倒されていたと思う。
そうはいっても、マリノスも決して、ミスの少ない手堅い試合運びをしていたわけではないし、粘り強く対応していれば、少なくとも引き分けで終えることは可能な試合だったと思える。勝てなかったことよりも、そこが残念だった。
それに、ホームでは勝っていたことも考えれば、実は見た目ほどの差ではないのかもしれない。必要以上に、差を大きく考えるのは、意味がないかもしれない(まあ、試合が終って、あれこれ考えてから、そう思えるようになったんだが(^^;)。
それと、マリノスは前節(土曜日)から、先発メンバーを8人入れ替えていた。先発11人中9人が前節(日曜日)の川崎戦から引き続きだった名古屋と、中1日分のずれも含め、選手のコンディションにも差があったと考えるべきだろうな。そして、マリノスについては、それだけメンバーを入れ替えても、ああいう試合が出来るという所を、むしろ見るべき、という気がする。
20201021board3 20201021pitch 20201021senshu 20201021score3
マリノスのギャラクシーってのを見たのは3回目だけど、見る角度で、だいぶ印象が変わる。過去2回は、あんまりぱっとしないと思ったが、スタンドのこの角度だと、観客が多いエリアが正面に来るので、全体的に観客数が少なくても、結構華やかに見えた。
20201021galaxy

|

« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(10/21) | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(10/23) »

名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(10/21) | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(10/23) »