« J2リーグ第23節大宮対琉球 | トップページ | 感想「なっとくする数学記号」 »

「ゴジラVS.コング」

公開直後の7/3に見に行った。「キングコング 髑髏島の巨神」と「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」の共通した続篇で、ゴジラとキングコングが闘う話。一応、東宝の「キングコング対ゴジラ」が元ネタと言えるだろうけど、中身は全く別物。
そんな簡単にうまくいくわけねえがな的な、ツッコミ所は山ほどあるバカ映画だけど、バカを承知でやりきった娯楽映画らしい清々しさがある。レジェンダリーのモンスターバースの中でも、突き抜けた感じがして、愉しかった。
それ以上書くには、ネタバレしないわけにはいかないし、書いておきたいこともあるから、ちょっと行を開けておく。公開から2週間経っているから、もういいのかな、とは思うけれど。






話が進んでいくうち、これはアイツが登場する流れ、と思っていたら、案の定。もうひとつの大物怪獣、メカゴジラを共通の仇役にすることで、話をまとめた。ルーティンとはいえ、うまく作っている。
小栗旬の出演が話題になっていたけれど、質量とも、やっぱりこんなもんかという感じ。渡辺謙とはアメリカでの実績が違うんだから、当たり前か。もっとも、裏の事情がいろいろあるという話も、流れてはいるみたい。
最終決戦の場面は香港。COVID19の世界的流行の影響を受けた、公開の1年延期があったりした映画だから、ここで背景になっているのは、まだ中国に制圧される前の香港なのか? そういえば製作プロダクションは、しばらく前に、中国資本との関係がゴチャゴチャした件があったはずで、前作「キング・オブ・モンスターズ」に比べると、中国色が希薄になっているように感じられたのは、その辺にも理由があるのか?、と思ったり。
前作に出てきた、その他の巨大怪獣の皆さんの姿がなかったのは、ちょっとさびしかった。それをやったら、こんなにきれいに話がまとまらなかっただろうけど。まあ、怪獣はいろいろ、出てはくるけれど。
陰謀論者が重要な役回りで登場するが、巨大怪獣がうろつき回り、地球の地下が空洞だったりする世界でも、陰謀論てものが成り立つものなんだろうかと思った。まあ、その世界なりの陰謀論がある、ということか。
レジェンダリーは、次作も考えているようだけれど、メカゴジラまで出してしまうと、東宝特撮のレジェンド級の怪獣は、もう残っていないように思える。今後は独自路線に進むのかな。このシリーズは、元々、坂野義光が関わっていたことを考えれば、ヘドラ(をベースにした怪獣)は、現れても不思議ではない気もするけれど。また、パシフィック・リムと絡むとかいう話もあるみたいだ。

|

« J2リーグ第23節大宮対琉球 | トップページ | 感想「なっとくする数学記号」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« J2リーグ第23節大宮対琉球 | トップページ | 感想「なっとくする数学記号」 »