« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

J1リーグ第37節 C大阪対名古屋

2021.11.27(土) 14時 ヨドコウ桜スタジアム
観客 10313人 主審 松尾一 副審 中野卓、勝又弘樹

 セレッソ大阪 2(0−0)1 名古屋グランパス
         (2−1)

 得点 67分 名古屋・柿谷
    80分 大阪・藤田
    87分 大阪・西尾

DAZNでライヴで見ていた。

先発は前節から変わらず、DFが宮原、中谷、ミンテ、吉田。ボランチは稲垣、木本。前は、相馬、前田、柿谷、シュヴィルツォク。

序盤からセレッソに優勢に試合を運ばれた。ディフェンスの裏を狙ったパスやセットプレーから、決定的な場面を度々作られたが、ランゲラックが何度もスーパーなセーブを見せて、失点を免れた。しかしまあ、こういう展開だと、そのうち決壊するパターンだなと思いながら見ていたが、何とか持ちこたえて、前半はスコアレスで終了。名古屋にも惜しい場面はあったとはいえ、明らかに劣勢な展開だったけれど、ルヴァン杯決勝を考えると、これは前半は割り切って守備的に運んだ名古屋のペースと言っていいのか?、という感じ。

ハーフタイムに前田と木本をマテウスと長澤に入れ換えて、後半スタート。
マテウスの積極的な仕掛けもあって、名古屋は前半よりも攻撃的に試合を進めた。55分にはシュヴィルツォクと相馬を山崎と齋藤に入れ替え、さらに攻勢を強めた。
それが効を奏したのが67分で、FKを起点にボールをゴール前へ入れていき、山崎が落として、そのボールを中谷が合わせ損ないつつも柿谷へ繋ぎ、柿谷が芸術的なバイシクルシュートを決めた。今年見た中で、最高に華やかなゴールだったかもしれない。
狙い通りの先制点に見えたから、これで後は守りきってお馴染みの1対0勝利かと思ったが、そううまくは行かなかった。
直後からセレッソの猛攻に次第に防戦一方になり、自陣から出られない。ランゲラックが好守連発などで凌ぎ続けたが、80分に、ついにFKのクリアボールを、ミドルで撃ち込まれて失点。さらに87分にはCKから頭で叩き込まれて、勝ち越し点を奪われ、そのまま終了。

先制した後、守りきる展開に持ち込めなかったのは、セレッソの勢いに圧されたか。ホーム最終戦で、今季で引退する大久保のホーム最終戦でもあったから、セレッソの意気込みが違ったのは確かとは思える。
ただ、名古屋も少し変だったかもしれない。ACL出場権獲得の可能性を残すためには負けられないという意識が強すぎたのか。というか、名古屋というよりマッシモが、選手交代のタイミングや、ハーフタイムや試合後のコメントを見て、いつもよりも冷静さを欠いていたように感じたのだけど、考えすぎかな。まあ、このところ、先行しても、その後、守備が持ちこたえられない試合が多いし、単純に、これもそういう試合だったと考えてもいいのかもしれない。 
とりあえず、リーグ3位以内でのACL出場権の獲得はなくなった。残り1
試合の結果で4位に入って、天皇杯の他力本願でプレーオフ経由で出場する可能性は残るけど、それはいろんな意味で、あまり考えないほうがいい気がする。

| | コメント (0)

J2リーグ第40節 大宮対水戸

2021.11.21(日) 14時 NACK5スタジアム大宮
観客 5424人 主審 吉田哲朗 副審 戸田東吾長峯滉希

 大宮アルディージャ 1(1-2)2 水戸ホーリーホック
            (0-1)

 得点 10分 大宮・三門
    23分 水戸・松崎
    45+1分 水戸・藤尾
    64分 水戸・藤尾

久々の大宮観戦。大宮はいっとき、割と好調で、降格争いを抜け出しかかっていたように見えたが、上位チームとの対戦が続いたりした影響で、このところペースを落としている。それでもここで水戸に勝ってしまえば、J2残留にかなり近付くのでは、という状況だった。

水戸はNACK5でほとんど勝ったことがないそうで、立ち上がりのディフェンスのバタツキはいかにもそういう感じ。大宮が攻め続け、決定機を2-3度作った後、ゴール正面へのこぼれ球を、三門がミドルシュートで決めて、大宮先制。大宮が楽勝して、J2残留に大きく前進かなと思った。
しかし水戸が次第にペースを掴んで、相手ゴール前でボールを持つ時間が増えてくると、前線の選手の連携の良さが目立ち始めた。9番のキャプテン中山がポイントになって、彼を中心にうまくパスが回る場面が見られるようになった。23分に、左サイドからカウンターで仕掛け、奥田がゴール前へクロスを送ると、中山が折り返して松崎が決めて同点。
以降は水戸が主導権を握った。大宮も何も出来なかったわけではなく、一対一では大宮の方に分があるのでは、と思う場面も結構あったのだけど、水戸の連携が大宮の個人技を上回っていた印象。ロスタイム、水戸は奥田が左から中へボールを送り、これを中山が絶妙なトラップでゴール前に詰めた藤尾に流す。藤尾が決めて水戸が逆転。これで前半終了。
後半もそれほど展開は変わらなかった。大宮が攻め込んで、惜しいシュートを撃つ場面もあったが、厚みがなく、押し込むことが出来ない。逆に後半19分に、ゴールキックを大宮陣内でトラップした中山が藤尾にパスを出し、藤尾が大宮ディフェンスをかいくぐって3点目を決めた。
以降の大宮は、焦りもあって攻撃がなかなか形にならず、手堅く守りを固めた水戸から得点を奪うことは出来なかった。

立上りの印象とは裏腹に、水戸の完勝だったと思う。J2中位の水戸と降格争いをまだ抜け出せない大宮には、やっぱり順位通りの力の差があったんだな、という感じ。ばたつく時間はあるにしても、水戸はまとまりのある試合が出来る、いいチームだったと思う。大宮は、毎度思う通り、選手個人の力は決してそれほど低くはないんだろうけど、チームとして形になっていないと思う。それはそれで、とにかく個々の力を前面に出していけば、ある程度の勝ち点は稼げるし、そういう風にして、一時よりは順位を上げて、降格を逃れられる見込みは、かなり大きくなってきているとは思う。ただ、このままJ2残留できたとしても、今年の延長線上には活路はないと思うんだが、残り2試合で、まだ全然安心できない状況の今、そんなことを気にしている余裕はないわな。
水戸は中山が本当に良かったと思う。攻撃の核になるだけでなく、前線からの守備や、自ゴール前での大宮のセットプレーでの守備でも、よく貢献していた。さすがキャプテン、という感じだった。
20211121board 20211121pitch 20211121score1 20211121score2_20211126212601
水戸サポのみなさん。
20211121mito

| | コメント (0)

J1リーグ第36節 G大阪対名古屋

2021.11.20(土) 14時 パナソニックスタジアム吹田
観客 16343人 主審 木村博之 副審 越智新次、浜本祐介

 ガンバ大阪 1(0−3)3 名古屋グランパス
        (1−0)

 得点 8分 名古屋・シュヴィルツォク
    22分 名古屋・柿谷
    29分 名古屋・シュヴィルツォク
    53分 大阪・パトリック

2018年以来の吹田での現地観戦。ワクチンシートでの観戦で、ここはホームエリアだったはずだけれど、名古屋サポが大量に紛れ込んでいた。自分は一般客モードで、名古屋サポ的なリアクションはほとんどしなかったつもりだが、名古屋ユニを着ていて係員にチェックされるサポが目立ったし、一応ホームエリアなんだから、ちょっとどうかな的な光景は結構あったと思う。自分に見えた範囲では、トラブルまでにはなっていなかったけれど。

先発はDFが宮原、中谷、ミンテ、吉田。ボランチは稲垣、木本。前は、相馬、前田、柿谷、シュヴィルツォク。

前半は圧倒的な名古屋ペース。前の試合から2週間のインターバルで、ここまで元気になるのか、と思うくらい、選手の動きが軽快に見えた。逆に言えば、前節まではそれだけ疲れていたということか。
立ち上がりから決定的な場面を続けて作り、8分に、相馬が左サイドを抜け出して、中へボールを送ると、シュヴィルツォクがきっちり決めて早々と先制。22分には右サイドを前田が破り、中の柿谷に送って2点目。さらに29分、左サイドから相馬が起点で、またシュヴィルツォク。
ガンバも決して動きは悪くなく、ゴール前に攻め込まれる場面もあったけれど、名古屋は持ち前の堅守を発揮して、粘り強く守った。カウンターから攻められる場面も、攻守の切換の速さで、うまく凌ぎ続けた。その一方で、速い攻撃でガンバの守備を脅かし続けた。
名古屋って、こんな強いチームだったのか、と思う前半だった。特に相馬が本当に切れていた。

しかし後半は一転。ガンバの選手交代が機能したのと、戦術的な指示もあったのか、積極的にゴール前に顔を出す選手が増えて、攻撃が分厚くなったように思えた。
名古屋は押し込まれて、自ゴール周辺からなかなか出られないまま、53分にパトリックにゴールを許す。
66分にはクロスからパトリックの決定的なシュートを食らうが、ここはランゲラックが好守。
72分にはまたゴール前でごちゃつく中、パトリックに拾われてゴール…と思ったが、これはオフサイドで助かった。
その後も名古屋が優勢とは言い難い試合展開が続いたが、ガンバも焦りが出てきたか、思うようにボールが回らなくなり、名古屋の守備に手堅さが感じられるようになってきた。終盤は森下を右サイドバックに入れる、近頃お馴染みの5バックで逃げ切りに向かい、3対1で名古屋が勝利。

名古屋の快勝ではあるけれど、オフサイドになったパトリックの2点目が決まっていたら、どうなっていたかな、という気はした。神戸戦、仙台戦を思わせる後半の失速は、こうしてみると、選手の疲労だけでなく、戦術的な要素もなくはないのかなという気がしてくる。でも、あと2試合しかないんだし、いまさらその辺をどうこういうような時期でもないだろう。得点は3点とも素晴らしかったし、素直にいい勝ちだったということでいいかなと。
シュヴィルツォクはこのところ、試合を重ねるごとにフィットしてきているようで、シーズンが終わってしまうのがもったいない感じ。
20211120board 20211120pitch 20211120score 20211120bow
ビジター席の名古屋サポのみなさん。
20211120nagoya

| | コメント (0)

WEリーグ第9節 大宮対埼玉

2021.11.13(土) 14時 NACK5スタジアム大宮
観客 1959人 主審 中本早紀 副審 宮崎真理、馬場成美

 大宮アルディージャVENTUS 0(0-0)0 ちふれASエルフェン埼玉
                (0-0)

いわゆる(さいたま、ではない)埼玉ダービー。

序盤はエルフェンが優勢。いまひとつ力強さは感じられなかったけれど、コンビネーションは取れていたし、互いによくカバーしあっていたと思う。
大宮は鮫島・仲田の左サイド、井上・斉藤の2トップという強力なあたりがボールに絡む時間が次第に増え、それにつれて、流れを引き寄せた。相手ゴールに迫るようになると、積極的にシュートも撃っていた。しかし決定機と言えるほどの形は、なかなか作れなかった。前半はスコアレス、いまひとつ盛り上がりを欠いた感じで終了。
後半は大宮ペースでスタート。エルフェンの守備がばたつき気味だったこともあり、大宮が決定機に近い所まで何度か行ったが、決めきれなかった。
エルフェンは60分頃にFKから惜しいシュートがあり、多分この試合で初めての、相手ゴールを脅かすシュートだったと思うが、この辺から徐々に勢いを取り戻した。この時間帯に交代で入った2トップ(サリナと祐村)が前線で存在感を発揮して、ペースが落ちてきた大宮に対抗する原動力になったと思う。後半の後半はエルフェンが優勢。しかしエルフェンも押し込みきることは出来なかった。後半は結構盛り上がった試合展開だったが、結局0対0のまま終了。

全体的には五分の試合だったと思うので、引き分けは妥当という感じだけど、どっちでもいいから得点が欲しかったなとは思う。
エルフェンは、もう少し早くペースを握れていれば、何とか出来たのかもしれない。力関係があっての、あの時間帯からだったかもしれないが。大宮は勢いがあった中盤の時間帯で、得点出来なかったのが痛かった。大宮は、先日の長野戦の印象も込みで、シーズン開始頃に比べると、少し調子が落ちてきて、力強さが薄れている気がする。

観客は2000人弱で、少ないとは思うけど、実質、昨季のなでしこリーグ2部の試合だったと考えれば、悪くはないんじゃないかな(大宮をFC十文字の後継チームと考えて。ただし、昨季FC十文字に所属して、今季大宮に在籍する選手は、先発には1人もいなかったようだけど)。
大宮は、アルディージャのトップチームに来る習慣がある観客を、それなりに掴めているようなのは有利。ただ、ゴール裏のサポが、トップチーム同様のオッサンばかりでいいのか?とは思う。もっとも、この試合から解禁になった大旗の一部は、女性が振っていたみたいだったけれど(トップチームの時にどうなのかはしらない)。
あとは、「埼玉ダービー」ってことだし、今後、もっとビジターのサポも大勢来てくれるカードになればいいね、というところかな。
20211113board 20211113pitch 20211113score1 20211113score2
エルフェン・サポのみなさん。
20211113elfen

| | コメント (0)

J1リーグ第35節 仙台対名古屋

2021.11.7(日) 14時 ユアテックスタジアム仙台
観客 8341人 主審 岡部拓人 副審 木川田博信、森川浩次

 ベガルタ仙台 1(0−1)1 名古屋グランパス
         (1−0)

 得点 14分 名古屋・柿谷
    47分 仙台・西村

現地観戦。

名古屋の先発はDFが宮原、中谷、木本、吉田。ボランチは稲垣、長澤。前は、相馬、前田、マテウス、柿谷。
キム ミンテが、ベンチにも居ないのが気になるところだった。

前半は名古屋ペース。特に左サイドからの相馬の意欲的な仕掛けが目についた。
14分には相馬が左サイドを攻め上がり、ゴール前の前田へパスを送ると、前田が少し戻し、柿谷がゴールへ蹴りこんで名古屋が先制。いい試合運びに見えた。
攻撃的な試合運びをしていた分、仙台に攻め込まれる場面もあったが、ゴール近くの決定機まで持ち込ませることはなく、長い距離からのクロスやシュート止まりで、ほとんど危険は感じなかった。
ただ、自分たちの呼吸が合わずに、少しひやりとする場面があったのと、攻撃についても、精度がもうひとつな長いパスが次第に目立ってきて、少し粗いなと思っていた。
とはいえ、優勢な状況は保ったままで折り返し。

しかし後半立ち上がり、ゴール前を崩され、失点してしまう。多分、仙台のこの試合初めての決定機を物にされた形。名古屋が優勢な雰囲気は変わらなかったが攻めあぐむ気配はあり、8分にマテウスと相馬をシャビエルと森下に代えた。シャビエルはパスで攻撃を組み立てて、攻め方を切り替えてきて、これはかなり効果があったと思う。その後、柿谷をシュヴィルツォクに代えた影響もあり、相手陣内に押し込んでゴールに迫った。25分過ぎには分厚い攻撃であと一息まで行ったが、最後に稲垣が押し込みきれなかった。稲垣が押し込めない試合は危ないというイメージがあるので(^_^;)、これはダメなパターンかも、と思い始めた。
以降も後半の後半には決定的な形を何度も作ったが、最後の所でパスが合わなかったり、仙台の粘る守備に阻まれたりで、どうしてもゴールに届かない。
逆にロスタイムに仙台にCKを与え、そこから決められて、やられた、と思ったが、ここはオフサイドで助かった。
1対1の引き分けで終了。

名古屋が取りこぼした感は否めない。いまひとつ噛み合わなかったのは、やはりハードスケジュールから来る疲労が影響していたのか? 確かにボールを追いきれていない場面が結構多かった。
まあ、これでようやく過密日程は終了だし、可能性はかなり低くなってきたとはいえ、まだACL出場権という目標は残っているわけでもあるから、気を取り直して、2週間後の次の試合に臨んでほしいと思ってる。
20211107board 20211107pitch 20211107score 20211107bow
名古屋サポのみなさん。
20211107nagoya
[参考]
2020年以降のユアテックスタジアム仙台開催のベガルタ仙台対名古屋 COVID19の影響
2020.2.22 リーグ戦 通常開催。COVID19の影響を受けずに通常開催された、最後の名古屋の試合。
2021.11.7 リーグ戦 ビジター席有り、観客数約9500人上限での開催

| | コメント (0)

J1リーグ第34節名古屋対柏

2021.11.3(水祝) 15時 豊田スタジアム
観客 14435人 主審 福島孝一郎 副審 八木あかね、松井健太郎

 名古屋グランパス 2(1−0)0 柏レイソル
           (1−0)

 得点 34分 名古屋・シュヴィルツォク
    71分 名古屋・中谷

現地観戦。

名古屋の先発はDFが宮原、中谷、キムミンテ、吉田。ボランチは稲垣、木本。前はシャビエル、前田、マテウス、シュヴィルツォク。

ルヴァン杯決勝・優勝から中3日の影響か、名古屋の立ち上がりは、なんとなくふわっとしていた。開始早々、決定的なシュートを打たれたが、わずかに外れた。その後も押され気味で、ランゲラックの好セーブで逃れる場面もあり、こういうのが続くとえてしてという、イヤな連想が働いた。
しかし、名古屋は次第に落ち着いてきて、むしろ優勢に試合を運び始めた。34分、相手ゴール近くでのスローインのボールを、シュヴィルツォクがはたいて稲垣へ送り、自分はゴール前へ。稲垣からのリターンを受けると、巧みに柏の守備をかわし、GKもかわしてゴールへ流し込んで先制。シュヴィルツォクの技術の高さを改めて感じる先制点だった。
そのまま名古屋のリードで前半は終り。
後半はシャビエルと前田を、長澤と森下に代えてスタート。3ボランチのシステムに代えた。ただ、これはいまいちはまっていないように見えて、マッシモもそう感じたのか、13分には木本を柿谷に代えた。柿谷とシュヴィルツォクを前に置き、森下をバックラインの宮原の外側に張らせた、5-3-2のような形に見えた。これで守備的には安定感が増した気がする。
そして25分頃、相手ゴール前でマテウスからのパスを柿谷がシュヴィルツォクに流し、ゴールの左手前、角度のない所からシュヴィルツォクがシュート。GK?がなんとかクリアしてCKになった。これをマテウスがゴール前へきっちり入れて、中谷が決めて2対0。
あとは守ればいいだけ。39分にシュヴィルツォクとマテウスを金崎と相馬に代えて、金崎1トップ、柿谷が左サイドに下がり、守備的布陣で守りきった。

名古屋は、序盤のもたつきだけでなく、試合を通しても、調子のいい相手なら付け込まれたんでは、と感じるようなミスが、いくつかあったように思う。柏は明らかに不調で、そういう対戦相手なので助かった気がする。日程の厳しさから来たものと思うので、仕方ないだろうなと感じるし、そういう条件でも勝ち点3を取れたのは、よくやったとも思う。
あとは、この試合も、シュヴィルツォクが巧さを見せてくれたなあ、という感じ。いっとき、マークが厳しくなって、活躍が鈍って見えたけれど、そういう中でのプレーの仕方を、きっちり編み出してきたかなと思う。相当いい選手なのは間違いないんだろう。
20211103board 20211103pitch 20211103score1 20211103score2柏サポのみなさん。
20211103kashiwa試合後、ルヴァン杯優勝トロフィーを囲んでの記念撮影、のはずだけど、この写真ではどこにトロフィーがあるか、わからないな(^^;
20211103photo

| | コメント (0)

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »