« J1リーグ第35節 仙台対名古屋 | トップページ | J1リーグ第36節 G大阪対名古屋 »

WEリーグ第9節 大宮対埼玉

2021.11.13(土) 14時 NACK5スタジアム大宮
観客 1959人 主審 中本早紀 副審 宮崎真理、馬場成美

 大宮アルディージャVENTUS 0(0-0)0 ちふれASエルフェン埼玉
                (0-0)

いわゆる(さいたま、ではない)埼玉ダービー。

序盤はエルフェンが優勢。いまひとつ力強さは感じられなかったけれど、コンビネーションは取れていたし、互いによくカバーしあっていたと思う。
大宮は鮫島・仲田の左サイド、井上・斉藤の2トップという強力なあたりがボールに絡む時間が次第に増え、それにつれて、流れを引き寄せた。相手ゴールに迫るようになると、積極的にシュートも撃っていた。しかし決定機と言えるほどの形は、なかなか作れなかった。前半はスコアレス、いまひとつ盛り上がりを欠いた感じで終了。
後半は大宮ペースでスタート。エルフェンの守備がばたつき気味だったこともあり、大宮が決定機に近い所まで何度か行ったが、決めきれなかった。
エルフェンは60分頃にFKから惜しいシュートがあり、多分この試合で初めての、相手ゴールを脅かすシュートだったと思うが、この辺から徐々に勢いを取り戻した。この時間帯に交代で入った2トップ(サリナと祐村)が前線で存在感を発揮して、ペースが落ちてきた大宮に対抗する原動力になったと思う。後半の後半はエルフェンが優勢。しかしエルフェンも押し込みきることは出来なかった。後半は結構盛り上がった試合展開だったが、結局0対0のまま終了。

全体的には五分の試合だったと思うので、引き分けは妥当という感じだけど、どっちでもいいから得点が欲しかったなとは思う。
エルフェンは、もう少し早くペースを握れていれば、何とか出来たのかもしれない。力関係があっての、あの時間帯からだったかもしれないが。大宮は勢いがあった中盤の時間帯で、得点出来なかったのが痛かった。大宮は、先日の長野戦の印象も込みで、シーズン開始頃に比べると、少し調子が落ちてきて、力強さが薄れている気がする。

観客は2000人弱で、少ないとは思うけど、実質、昨季のなでしこリーグ2部の試合だったと考えれば、悪くはないんじゃないかな(大宮をFC十文字の後継チームと考えて。ただし、昨季FC十文字に所属して、今季大宮に在籍する選手は、先発には1人もいなかったようだけど)。
大宮は、アルディージャのトップチームに来る習慣がある観客を、それなりに掴めているようなのは有利。ただ、ゴール裏のサポが、トップチーム同様のオッサンばかりでいいのか?とは思う。もっとも、この試合から解禁になった大旗の一部は、女性が振っていたみたいだったけれど(トップチームの時にどうなのかはしらない)。
あとは、「埼玉ダービー」ってことだし、今後、もっとビジターのサポも大勢来てくれるカードになればいいね、というところかな。
20211113board 20211113pitch 20211113score1 20211113score2
エルフェン・サポのみなさん。
20211113elfen

|

« J1リーグ第35節 仙台対名古屋 | トップページ | J1リーグ第36節 G大阪対名古屋 »

女子サッカー」カテゴリの記事

大宮アルディージャ(2010年~)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« J1リーグ第35節 仙台対名古屋 | トップページ | J1リーグ第36節 G大阪対名古屋 »