« 感想「エラリー・クイーン完全ガイド」 | トップページ | 感想「「帰ってきたウルトラマン」の復活」 »

「ザ・フォッグ」

ジョン・カーペンターの1980年の映画。今、都内の映画館でやっている、ジョン・カーペンター・レトロスペクティブ2022での上映。初めて見た。ちなみに今日行ったのは、アップリンク吉祥寺。初めて行ったと思う。

よかった。観客の不意を突いてビックリさせるシーンがやたらと多い割に、この時代の映画らしく、どぎつさもほどほどで、抑制が効いてる。怖がらせ方とかは、定石通りとは思えるけど、娯楽映画の王道という感じで、むしろそこがいい。素直に面白く見られる映画だった。
ギミックや合成があんまりなくて、日常そのものの風景の中で話が進んでいく所も好き。背景にたびたび出て来る、広々とした海岸の風景がきれいで、映画館の画面で見てよかったと思った。
この映画、ジェイミー・リー・カーティスが出ているというのを、けっこうあちこちで目にしていたから、主役なのかと思ってたが、どっちかというと主役は「ニューヨーク1997」にも出てたエイドリアン・バーボーの方だったのね。
ただ、抑制が効いてるとはいえ、これくらいのホラーでも、おっかないものが本当に苦手だった公開当時の頃の自分には厳しかっただろうな、と思う。今なら余裕だけれど(そうでなかったら、そもそもジョン・カーペンターの映画なんか見れない)、当時、見る気を起こさなかったのは正解だったな。もっとも、自分がジョン・カーペンターの映画に関心を持ったのは、「ニューヨーク1997」からなので、それより前のこの映画は、そもそもホラーというだけで、関心の対象から外していたはずだなとは思う。

|

« 感想「エラリー・クイーン完全ガイド」 | トップページ | 感想「「帰ってきたウルトラマン」の復活」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想「エラリー・クイーン完全ガイド」 | トップページ | 感想「「帰ってきたウルトラマン」の復活」 »