« YBCルヴァン杯第4節 名古屋対広島 | トップページ | 感想「プロ野球「経営」全史」 »

J1リーグ第9節 鹿島対名古屋

2022.4.17(日) 15時 カシマスタジアム
観客 11410人 主審 松尾一 副審 武部陽介、森川浩次

 鹿島アントラーズ 0(0−0)0 名古屋グランパス
           (0−0)

現地観戦。ここは2年ぶり。

名古屋の先発は、GKランゲラック、3バックが中谷、藤井、丸山。中盤がレオシルバ、稲垣、仙頭。左サイド相馬、右サイド森下。2トップが金崎とマテウス。
3バックでスタートするのは水曜のルヴァン杯広島戦からだが、出場停止の影響もあるにしても、メンバーは入れ替わってるし、控えには吉田温や内田が入って、だいぶ変えてきたと感じた。

前半は名古屋の方が攻めている時間が長くて、一応優勢だったと思うが、決定的な場面はほとんど作れなかった。鹿島にも作らせなかったけれど。
コンタクトで選手が倒れる場面が多く、試合が荒れるのを気にしてか、松尾主審の笛も頻繁で、あまり流れのいい試合にはならなかった。その辺も影響したかもしれない。
後半も似たようなものだったけれど、後半優勢だったのは鹿島。しかし後半も双方、決定的と言えるような場面はほとんどなかったと思う。最後の最後に、鹿島に決定的ぽいシュートを撃たれたが、ランゲラックの好守でしのいだ。
必然的にスコアレスドローで決着。守り合いの試合だったという感じ。

名古屋としては、決定機が乏しかったとはいえ、しょっぱい負け試合が続いた後だけに、チームが落ち着くためには、悪くない結果だったと思う。このところ失敗が多い、セットプレーでのディフェンスも危なげなかったし。
鹿島は好調だったんじゃなかったのかな。上位争いしているにしては、だいぶ淡白で、いつもはもっとアグレッシブなのに、と思った。ただ、名古屋の3バックがよく機能していたのは確か。藤井が鈴木に対して、最初は一回競り負けたけれど、以後はよく抑え込んだと思う。復帰した丸山も、さすがの安定感だったし。あとはレオシルバが、相手のことをよくわかっているのが効いたのかもしれない。鹿島がやりたいようにやらせなかったという印象。
攻撃に関しては、正直、あまり見所はなかったけれど、少ないチャンスの場面では、マテウスが効果的なプレーをしていたように思うのと、75分に仙頭に代わって入った齋藤が、短い時間で期待感のある動きを何度も見せてくれたように思った。
20220417board 20220417pitch 20220417score

[参考]
2020年以降のカシマスタジアム開催の鹿島対名古屋 COVID19の影響
2020.5.6 ルヴァン杯 中止
2020.10.31 リーグ戦 ビジター席有り、観客収容数50%上限での開催
2021.3.21 リーグ戦 ビジター席有り、観客収容数50%上限での開催
2021.9.5 ルヴァン杯準々決勝 無観客開催
2022.4.17 リーグ戦 ビジター席有り、観客収容数100%上限での開催

|

« YBCルヴァン杯第4節 名古屋対広島 | トップページ | 感想「プロ野球「経営」全史」 »

名古屋グランパス(2022年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« YBCルヴァン杯第4節 名古屋対広島 | トップページ | 感想「プロ野球「経営」全史」 »