« イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(4/24) | トップページ | J1リーグ第10節 磐田対名古屋 »

J2リーグ第12節 大宮対群馬

2022.4.27(土) 19時 NACK5スタジアム大宮
観客 4761人 主審 井上知大 副審 熊谷幸剛金次雄之介

 大宮アルディージャ 3(0-2)2 ザスパクサツ群馬
            (3-0)

 得点 4分 群馬・岩上(PK)
    27分 群馬・平松
    57分 大宮・菊地
    62分 大宮・西村
    68分 大宮・矢島

 退場 89分 群馬・城和(一発)

久々にNACK5での現地観戦。大宮は前々節にようやく今季初勝利して、上昇傾向らしい。

開始2分にいきなり大宮は左サイドを攻め込まれ、小島にペナルティに進入されかかった所で柴山が倒してしまいPK。群馬の岩上が決めて0対1。ただ、このPKは、現場で見た時も、後でDAZNで確認した時も、エリア外でFKでよかったのでは、という気がした。
ともあれ、これで試合の入りを失敗した大宮が迷走し始めた。流れをつかんだ群馬は、大宮のバックラインの裏を突いてくる攻撃で揺さぶり、27分には左サイドからのクロスをゴール前の平松がきっちり決めて0-2。
31分には、ゴール前へのボールを群馬の加藤が受けに行ったところを、大宮の茂木に当たられて倒れ、これがPK。大宮の選手がしきりに抗議していたけれど、自分には、茂木が露骨に身体に当たりに行っていたように見えたから、ダメでしょ、という感じだった。
でもこのPKは、岩上がGK南に止められて決められない。これで流れが変わった感があり、大宮が優勢になり始めた。
それでも前半のうちは、そこまで攻撃の形が満足に作れなかったのが、後半になると、選手交代の影響もあってか、いきなり圧倒的に大宮が押し込んだ。サイドバックが高い位置取りで、ほとんど2バックのような形。その前の位置から矢島が、どんどん前へボールを送って攻勢を演出していた印象。対する群馬は5バックで守備を固めたが、押し込まれたまま、前に出ていくことが出来ず、12分に菊地のゴールで大宮が1点を返す。
その後も流れは変わらず、17分に武田のCKから西村が決めて、大宮が同点に追い付く。
さらに23分に、ゴール前のFKからのこぼれ球を矢島が押し込んで、大宮が逆転。
30分頃から、大宮は足がつって交代する選手が出始めたこともあり、疲れが出て来たようで、ようやく群馬が攻め込む場面も出て来たが、精度を欠いた攻撃であまり可能性を感じさせなかった。しかもロスタイム寸前、交錯プレーで群馬の城和が一発退場。このレフェリングは、ちょっと厳しいんじゃない?という気がした。
しかし、むしろ群馬は、ここから相手ゴール前に迫った。ロスタイムに入って、スローインからゴールを決める場面も。しかしこれはオフサイド。3-2で試合終了、大宮が逆転勝ち。

前半と後半では全く違う試合だった。追い詰められた大宮が捨て身で攻撃に出たことと、それに対して群馬が、守備を固めて受けに回ったことの相乗効果だったように思えた。まあ、大宮の日頃の試合ぶりを考えると、押し込んだ時にゴールを決めきれたのが大きかったな、とは思う。あそこで決めてれば、というのが、結構多いチームという印象なので。
それにしても、立上りのPKに試合全体が大きく左右されたのは間違いないと思う。あれがなかったら、ここまで極端な試合にはならなかったんじゃないかな。

20220427board 20220427pitch下の写真は試合終了時のメンバーで、群馬の城和は退場後だけれど、更新されていない。スコアボードは最後まで更新されなかった。
20220427score1 20220427score2群馬サポのみなさん。
20220427gunma

|

« イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(4/24) | トップページ | J1リーグ第10節 磐田対名古屋 »

大宮アルディージャ(2010年~)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(4/24) | トップページ | J1リーグ第10節 磐田対名古屋 »