« J1リーグ第12節 横浜対名古屋 | トップページ | YBCルヴァン杯第6節 徳島対名古屋 »

J1リーグ第13節 名古屋対C大阪

2022.5.14(土) 14時 豊田スタジアム
観客 17129人 主審 中村太 副審 山内宏志、武田光晴

 名古屋グランパス 1(1−0)0 セレッソ大阪
           (0−0)

 得点 6分 名古屋・仙頭

豊田スタジアムで現地観戦。

名古屋の先発はGKがランゲラック、DFが中谷、藤井、丸山で、中盤がレオシルバ、稲垣、仙頭。右サイド森下、左サイド相馬。2トップが酒井とマテウス。前節に比べると、左サイドが吉田豊から相馬に代わった。

立上りから双方が攻め合う感じで、そういう中で、いきなり藤井が警告を貰い、波乱気味の出足。そして6分、マテウスのバックライン裏へのパスを受けた仙頭が、GKと1対1になってきっちり決めて、名古屋が先制。
しかし、この後は、波乱というよりも、むしろ静かな試合運びになった印象。名古屋はこのところ続いている、先制するが追い付かれる展開への反省からか、実質5バックのような厚い守りを引いた。結果的に、セレッソにゴール前を脅かされる回数は増えたが、人数の多さで決定的な場面に持ち込ませない。
逆に33分、左サイドから丸山→相馬→酒井とつないで、酒井のクロスからマテウスがゴールに蹴り込むが、オフサイドディレイでゴールにはならない。マリノス戦でもVARでのゴール取消しから逆転されているから、いやな兆候だった。でも、とりあえず前半は1-0のまま終了。
後半立上りは、セレッソが後半からFWに投入したタガートを軸に、猛攻を掛けてきたが、名古屋は何とか凌ぎ、次第に猛攻は失速。名古屋は酒井がサイドに下がって、マテウスの1トップのような形になっていたが、15分には仙頭に代えて石田を投入し、トップに張らせた。この石田が前線でターゲットになり、ボールもよくキープして、いい流れを作った。20分には後方からのパスを受けた石田がゴール前へ送ったクロスに対して、セレッソのクリアボールがゴール前のマテウスに当たってゴールの中へ。しかしこれも、オフサイドディレイで得点にはならない。
ただ、相変わらずセレッソに攻められる時間は長くても、それほど不安なく守れてはいた。さらに29分には酒井を吉田豊に代えて、逃げ切りに入った。その後も、機を見て得点を狙いに行く形が作れてはいて、45分にはゴール正面で石田がパスを受けて、決定的なシュートを撃った。大きく枠の上に逸れたけれども。
結局、名古屋がそのまま1点のリードを守り切って勝った。リーグ戦では4/6の第7節湘南戦以来の、久々の勝利。

名古屋は守備意識の高い試合運びで、それが勝ちにつながったという印象。ただし、そういう意識付けもあったのだろうけど、開始早々の得点で、そういう風に試合を運びやすい形になったのも確か。運もあったかもしれない。もっとも、きわどいオフサイドで2ゴール取消しになったのも運だろうから、差し引きはゼロかな。
セレッソの攻撃が、得点を狙うという点では迫力に欠けたという印象もある。これも、名古屋の分厚い守備に手こずったと見るか、セレッソがそもそも調子がいまひとつだったのか、という二つの考え方がありそう。どう考えるかで、チームの状態に対する考え方は変わってくる。個人的には、攻撃の組立て自体は、セレッソは名古屋よりもだいぶ良かったように思うので、どっちかといえば前者じゃないかな、とは考えたいのだけど。
だから、1試合勝って、ここから一気に上昇するとまでは、単純に考えられない。1点先制して守り切る、みたいな守備的なサッカーを、今季は目指していないだろうし(去年、あんな形でマッシモを切った以上はね)、この試合のような形が落ち着きどころではないはず。まあ、2点目を狙いに行く意識も感じられはしたけれど、あくまでも相手のスキを突いてのカウンター狙いで、それほど攻撃的には見えなかった。まだチーム作りの途上で、チームの成績が上向くのは(上向くとして)まだ先だと思ってる。
とはいえ、勝ち試合が見れたのは嬉しかった。上位チームと引分けて健闘した試合とも、後味はやっぱり全然違うと、しみじみ思った。
20220514board2 20220514pitch2 20220514score20 20220514score21
セレッソサポのみなさん。20220514cerezo2

|

« J1リーグ第12節 横浜対名古屋 | トップページ | YBCルヴァン杯第6節 徳島対名古屋 »

名古屋グランパス(2022年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« J1リーグ第12節 横浜対名古屋 | トップページ | YBCルヴァン杯第6節 徳島対名古屋 »