« J1リーグ第11節 名古屋対京都 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/5) »

イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/4)

2022.5.4 (水祝) 13時 ヤクルト戸田球場
F 000001003 4
S 000000010 1
[敗]杉山、[勝]ロドリゲス、[S]福田

いい天気で、少し暑いくらいの気温だった。

先発投手はヤクルトが下、日本ハムが河野。
両投手が立上りから好投で、4回まで両者ノーヒット・無四球ピッチング。下は3回に野手のエラーで1人走者を出したが、河野はそれすらないパーフェクト。
しかし5回になると、ほころび始めた。5回表、下は四球を2つ出し、1死1-2塁。しかし後続を断って、ノーヒットを継続。一方の河野は、赤羽、松本友に連打されて無死1-2塁。しかしこちらも後続を断ち、0-0のまま5回終了。
ノーヒットが続いていたからか、下は6回も続投。しかし5回に既に見えていた制球の乱れは、この回も回復せず、1死後杉谷にヒットを打たれると、次の佐藤にはツーベースを打たれて失点。投球数も100球を超えたところで、2四球でさらに2死満塁としてしまうが、なんとか追加点は許さなかった。下は4回までは好投だったけれど、長いイニングになってくると、やはりまだ厳しいのかな。
日本ハムは6回から継投に入り、6回鈴木、7回松本遼は無失点。しかし8回のロドリゲスに対して、松井がヒットで出て、代走の並木が盗塁の後、西浦がタイムリーを打ち、ヤクルトが同点に追い付いた。
ヤクルトの7回からの継投は、7回鈴木、8回寺島が無失点で、9回は杉山。しかしこの杉山が、2四死球の後、杉谷にツーベースを打たれて2点を失い、また勝ち越される。佐藤にもツーベースを打たれ、この回3失点。
9回裏、日本ハム4番手の福田に対して、ヤクルトは四球と失策で無死1-2塁としたが、後続が打ち取られて無得点で、1-4で負けた。

2試合続けて登板を見て、やはり下は面白いかもしれないと思った。もう少し長いイニング抑えられる力が欲しいな、とは思うし、その辺は今後の楽しみかもしれない。
ショートが西浦で、エラーもあったけれど、守備でかなり投手を助けていた感じがした。
20220504board 20220504kyujo 20200504score 20220504end

|

« J1リーグ第11節 名古屋対京都 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/5) »

ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« J1リーグ第11節 名古屋対京都 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/5) »