« 交流戦 ヤクルト対日本ハム(5/26) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/29) »

J1リーグ第16節 広島対名古屋

2022.5.28(土) 14時 エディオンスタジアム広島
観客 9937人 主審 西村雄一 副審 田尻智計、田中利幸

 サンフレッチェ広島 1(0−0)0 名古屋グランパス
            (1−0)

 得点 58分 広島・野津田

リアルタイムでは観れなくて、夜にDAZNの見逃し配信で観た。
広島はチーム内にCOVID19感染者が出た影響で、水曜の東京戦がキャンセルになっていて、一週間のインターバルでの試合。名古屋は水曜の福岡戦では、試合の半分を数的不利で戦っていたし、この試合が体力的にかなり不利な状況だったのは、間違いなかったと思われる。

名古屋の先発はGKランゲラック、3バックが中谷、藤井、丸山。右サイド森下、左サイド相馬。中盤がレオシルバ、稲垣。前目に仙頭、マテウス、柿谷。
福岡戦はチアゴと宮原が起用され、少しイレギュラーだったけれど、この試合はいつものメンバーに戻った感じ。

開始7分にアクシデント。広島のFKが直接ゴールを狙ってきたのを、ランゲラックが受け止めたが、抑えきれずにおおきく跳ね返り、広島の柏がゴールへ折り返す。柿谷がライン上でクリアし、失点は免れたが、ゴール前の混戦の際に、ランゲラックが足を痛め、まさかの離脱。武田が交代で入った。しかし武田はさすがの安定感を見せて、これによる戦力ダウンはなかったと思う。
試合は、双方、当りの強い展開。前節の福岡戦も同じようにガチガチ当たっていて、選手が倒れると主審が割と細かく試合を止めたから、ややギクシャクしたところがあったが、この試合の主審はどんどん流したので、攻防の激しい、流れのいい試合にはなっていたと思う。ちょっと選手が心配になるくらいではあったけれど。
23分には広島が右から仕掛けて速いクロスがゴール前に入り、ベンカリファのシュートがポスト直撃。
前半の決定的な場面は広島のこの2回。名古屋はほぼなくて、全体的にも劣勢。やはり体力的な不利は否めないのかな、という感じ。もっとも、ルヴァン杯でも広島には2試合とも負けているし、攻撃の組立で見劣りしていたのも確かなので、それだけではなかっただろうな。

後半は、名古屋は柿谷を石田に代えてスタート。それでも流れは変わったようには見えなかった。
そして58分に、直接FKを野津田に決められ先制された。この後、だんだん広島の勢いが増して、武田の好セーブが目立ち始める。
62分には森下と仙頭を内田と酒井に交代。81分にはレオシルバを阿部に代える。選手交代に合わせて、こまめに選手の立ち位置も変えていったが、流れはなかなか来ない。
85分過ぎ、マテウスのミドルが枠近くに飛んだのが、この日の名古屋で一番惜しい場面だったと思う。この辺の時間帯は、いくらか可能性を感じる場面が他にもあったけれども、得点には至らず。結局、0対1の敗戦に終わった。

まあ、あれだけ広島に優位に試合を運ばれながら、失点は直接FKの1点のみだったし(あれも蹴った方を褒めるべきと思う)、日程的にかなり不利な状況だったことも含め、負けたとはいえ、健闘した部類と考えていいとは思う。
今のチームは、守備の安定感は認めていいんじゃないかと思う。ひところより、明らかに良くなっていて、つまらない失点がない。問題はやはり攻撃の組立。いい形になる場面が少なすぎる。なまじタレントが何人もいる分(ただし、決定力のあるFWはいないんだな)、誰をどう組み合わせればベストな結果が出るのか、かえって難しい問題になっている気もする。
そして、リーグ戦はこれで一旦中断するんだけれど、名古屋は天皇杯とルヴァン杯で日程がきっちり埋まっているから、試合しながら打開策を探っていくしかないんだよな。

|

« 交流戦 ヤクルト対日本ハム(5/26) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/29) »

名古屋グランパス(2022年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 交流戦 ヤクルト対日本ハム(5/26) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/29) »