« J1リーグ第14節 清水対名古屋 | トップページ | J1リーグ第15節 名古屋対福岡 »

WEリーグ第22節 大宮対神戸

2022.5.22(日) 13時 NACK5スタジアム大宮
観客 3281人 主審 草処和江 副審 吉澤久惠、荒川里実

 大宮アルディージャVENTUS 2(0-3)5 INAC神戸レオネッサ
                (2-2)

 得点 12分 神戸・田中
    15分 神戸・高瀬
    43分 神戸・田中
    66分 大宮・高橋
    77分 神戸・田中
    80分 神戸・成宮
    90+4分 大宮・鳥海

WEリーグ初年度の最終戦。
最終戦ということで、大宮は観客1万人を目指して、ファンクラブ会員無料招待や、チケットのディスカウントなど、いろいろ企画していた。そういうわけで、ファンクラブ優待で無料で観に行った。

神戸が前節で優勝を決めていたので、試合開始前はその祝賀ムード。選手入場は、神戸の選手を大宮の選手が祝いながら迎える形で、こういうのは賛否両論ありそうだよなと思いながら見ていたけれど、個人的には悪くない雰囲気と思った。

神戸は、優勝を決めた後ということもあって、緩んでいる部分もあったのか、それほど圧倒的な強さは感じなかった。とはいえ、細かい所で大宮よりは一枚うわてだな、と感じる部分は多く、そういうのの積み重ねで優勢に試合を運び、12分、17分にきれいな連携から立て続けにゴールを奪った。やっぱり強いという印象。
しかし、この後、神戸はやや中だるみになったように思えた。大宮がボールを持って攻め込む時間が増え、きわどいシュートも生まれた。しかしGKのセーブやオフサイドで得点にはならず、逆に前半終了目前の43分に、中盤でのパスカットからゴール前で押し込まれて大宮は失点。大宮0-3神戸で折返し。
後半立ち上がりは、神戸が勢いを取り戻していたが、大宮は何とか持ちこたえた。そして68分に、64分に交代で入っていた田嶋の右サイドからのクロスを受けた高橋が、ゴール前でシュートを決めて、大宮が一矢を報いる。
しかし77分、80分に、神戸が立て続けに2得点。77分のゴールは、田中美南のハットトリック。大宮は、神戸に圧倒されたまま終わるかと思ったのだけど、83分に入った阪口と鳥海が最後に一仕事。終了寸前、中盤から阪口が、ラインの裏へ抜け出そうとする鳥海にパスを通し、鳥海がゴール前へ運んできっちりシュートを決めた。これがこの試合のラストプレー。勝敗には関係ないけれど、今季の最後のプレーが得点という、大宮にとっては劇的な幕切れになったと思う。

阪口も初出場が1月くらい前と出遅れてたが、鳥海も故障で出遅れていたんだそう。最後のゴールの前にも、この2人のコンビネーションでチャンスを作る場面があった。ベレーザでも一緒にやっていたことがあって、お互いのことがよくわかっているそうで。そういう二人が最後のゴールを決めたのを見れば、最初から居れば、チームはもう少しいい成績も残せたのかな、と思うけれど、それは言っても仕方ないことだな。ちなみに阪口は、先月末に仙台戦で見た時よりも、ずいぶん動けるようになっていたように見えた。

大宮は全11チームの中で8位で終了。今季、ほぼゼロから立ち上げたチームと考えれば、仕方ない成績だとは思う。ちなみに下に居るのはエルフェンと相模原で、これもまあ、妥当かな、という感じ。大宮の本当の勝負は来季からだろう。まあ、来季は自分がどの程度見に行けるかは、ちょっとよくわからないけれど。ただ、昨年から今年にかけても、COVID19の影響下で、いろんなものの観戦が不確実だった中で、身近な所で試合を観ることが出来たという意味で、個人的に今季の大宮VENTUSは、随分ありがたかった。来季もなるべく見に行きたいと思ってはいる。

ところで観客は3281人。1万人にはとてもとてもだけど、これも現時点ではしょうがないだろうな。来季は、どこまで伸ばせるか。

20220522board 20220522pitch 20220522score1 20220522score2
神戸サポのみなさん。20220522kobe
最終戦セレモニー。
20220522ceremony
20220522aisatu

|

« J1リーグ第14節 清水対名古屋 | トップページ | J1リーグ第15節 名古屋対福岡 »

女子サッカー」カテゴリの記事

大宮アルディージャ(2010年~)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« J1リーグ第14節 清水対名古屋 | トップページ | J1リーグ第15節 名古屋対福岡 »