« YBCルヴァン杯第6節 徳島対名古屋 | トップページ | J1リーグ第14節 清水対名古屋 »

イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(5/20)

2022.5.20 (金) 13時 ヤクルト戸田球場
M 000040000 4
S 14300000X 8
[勝]丸山翔、 [敗]土居

高曇りな感じで、陽射しが弱いのはありがたかったが、少し蒸し暑さを感じた。

先発投手はヤクルトが丸山翔、ロッテが土居。
丸山はいきなり先頭打者の荻野貴にツーベースを打たれ、その後、四球も出して、あまりいい立ち上がりではなかったけれど、無失点で切り抜けて調子を掴んだ感じ。2回から4回まで、ヒットは1本打たれたが、毎回3人で終えるペース。
一方の土居に対してヤクルトは、これも先頭の丸山和が内野安打で出て、立て続けに盗塁2つを決めて3塁へ。内川の内野ゴロで生還して、ヤクルトが先制。
2回には坂口が内野安打で出た後、ショートのエラーと犠打で1死2-3塁。並木のセンター前で2者還って3-0。並木が盗塁した後、バッテリーエラーで3塁へ進み、丸山が四球で出て、こちらもまた盗塁。西浦の内野安打で並木が還り、さらに内川の犠飛で丸山も還って5-0。
出塁は内野安打やエラーばかりで、投手としてはあんまり打たれた気はしてないだろうに、この大差。
3回には元山がヒットで出て、武岡のスリーベースでまた1点。並木のタイムリーでもう1点。さらに投手の牽制悪送球で並木が3塁へ進み、丸山のヒットで生還。8-0。丸山はここでも盗塁を決めて、この日4つ目(公式記録でどうなってるかわからないけど)。
さすがに土居はこの回まで。ちょっと気の毒な感じもしたけれど、まあ、自分でも牽制悪送球とかやらかしてるんで、仕方ないかな。ただ、ショートの平沢に、守備でかなり足を引っ張られていたのは確か。
ロッテの2番手成田が、4回裏をきれいに三者凡退に抑えると、5回表はヤクルトがおかしくなった。丸山翔は2死は簡単に取ったが、西川にツーベースを打たれ、バッテリーエラーで2死3塁。四球の後、荻野貴にツーべ―スを食らい2点を失う。さらに四球とファースト(内川)のエラーで1点、福田光のタイムリーでもう1点。すっかり泥試合ペースになってしまったが、なんとかここで止めた。
丸山は球数が少なかったこともあってか、6回も続投(キャッチャーは西田から松井に代わった)。この回は三者凡退で抑えて降板。
ヤクルトはロッテ3番手種市に対して、5回は三者凡退だったが、6回は1安打2四球で2死満塁まで攻めた。しかし得点できず。7回は二木、8回は本前に0点に抑えられた。
ヤクルト投手陣は、7回は久保がランナーは出したが無失点でしのぎ、8回星、9回小澤が三者凡退。結局、8-4でヤクルトの勝ち。

序盤に勢いで得点したヤクルトが、そのまま勝ったという感じ。ただまあ、内野手の守備の安定感は、ヤクルトの方が一枚上手だったかなと思う。それが効いた面はある。
丸山翔は5回の崩れ方がもったいなかったが、そこそこ手堅いピッチングは出来ていたと思う。
20220520board 20220520kyujo 20220520score 20220520end

|

« YBCルヴァン杯第6節 徳島対名古屋 | トップページ | J1リーグ第14節 清水対名古屋 »

ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« YBCルヴァン杯第6節 徳島対名古屋 | トップページ | J1リーグ第14節 清水対名古屋 »