« J1リーグ第18節 名古屋対鹿島 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(7/3) »

J1リーグ第19節 湘南対名古屋

2022.7.2(土) 19時 レモンガススタジアム平塚
観客 8219人 主審 清水勇人 副審 聳城巧、岩田浩義

 湘南ベルマーレ 0(0−0)0 名古屋グランパス
          (0−0)

平塚は昨年もビジター席有りでの開催だったが、観客数制限はあったし、水曜の夜ということもあって、名古屋サポは少なかった。久しぶりに名古屋サポが多い中での開催。ただ、おかげでビジター寄りの席はかなりきっちり埋まっていて、狭苦しかった。酷暑の中での開催だったので、かなりつらかった。混んでるスタジアムは、やっぱりいやだなと思う。

名古屋の先発は、GKランゲラック、3バックが中谷、チアゴ(藤井は体調不良だったとのこと)、丸山。右サイドは出場停止の森下に代り内田。左サイドは相馬。ボランチはレオシルバ。前目の中盤に稲垣と仙頭。2トップがマテウスと柿谷。
前半から、名古屋は低調な内容。森下の不在がてきめんに効いていて、前への推進力不足。結果として、湘南に攻められ放し。ルーズボールはほとんど湘南に拾われ、攻撃につなげられていた。湘南の攻撃に、そこまでの迫力はなかったので、攻め続けられている割には、それほど危険は感じなかったけれど、町野には2回、決定的な形でシュートを撃たれたし(枠は外れた)、危ない場面がなかったわけでない。
前半の名古屋でいい形になりかけたのは、カウンターから稲垣がゴールまで合わせた場面くらい。しかしこちらも合わせきれなかった。

後半の名古屋は選手交代なしでスタート。前半よりはアグレッシブな感じのする試合運びにはなっていたと思う。前半はほとんど目立たなかった内田も、後半は試合に絡み始めた。70分には、カウンターからゴール正面でマテウスがミドルを撃つ場面もあったが、湘南DFに防がれた。これが多分、この試合で名古屋の一番決定的だった場面。
名古屋が攻勢に出る場面が増えてはいたものの、後半も基調は湘南優勢で、競り合いでの弱さは最後まで変わらなかった。試合終盤は湘南に長い時間、ゴール前に釘付けにされる場面もあった。シュートをCKに逃れ、そこからまたシュートを撃たれてCKの繰り返し。ただ、ランゲラックやチアゴを始めにした名古屋守備陣のサイズ感は、湘南よりもだいぶ優位に見えていたので、セットプレーからの失点はあまりなさそうに思えた。80分にはタリクにゴールポストに当たるシュートを撃たれ、危なかったのだけど、その場面以外は、それほど危うさは感じなかった気がする。
とはいえ、得点出来そうな雰囲気も、それ以上に感じられなかった。89分には稲垣の強烈なミドルがゴールに飛んで、相手GKの好セーブに阻まれたけれど、これも相手GK谷の安定ぶりを見ていると、最初から決まりそうには思えなかった。

結局、0-0のスコアレスドローで終了。
試合全体について言えば、負ける気はあまりしなかったのだけれど、勝てる気はさらにしなかったというのが正直なところ。名古屋の見どころ的な場面はほとんどなかった。降格圏近辺に湘南相手にこの試合ぶりというのは、かなり不安を感じる。とはいえ、名古屋も湘南よりも大して勝ち点が多いわけでもない。そういう意味では、もはや名古屋も、決してJ1残留争いに無縁とはいえない。
まあ、試合途中で、このところ姿を見なかった吉田豊、宮原が交代で出場し(2人ともケガだったらしい)、選手層がいくらか厚くなったようなので、ここから巻き返していけるのかもしれない。そうであって欲しいと思う。この試合に関しては、彼らが交代出場して、試合内容が劇的に良くなったという印象は、全くなかったけれど、選手の選択に幅がある、バックアップがあるというのは、かなり重要だと思うので。
20220702board 20220702pitch 20220702score1 20220702score2
名古屋サポのみなさん。メインやバックにもたくさんいた。20220702nagoya
この人は何度も遭遇してるレフェリーだけど、名字の読み方を知らなかった。「たかぎ」さんだそうで、もう忘れないようにしたい。20220702takagi
この時期の平塚ではおなじみの七夕飾り。本番は来週だが、飾り付けが準備されていた。20220702tanabata

[参考]
2020年以降の平塚(ネーミングライツは2020年はShonanBMW、2021年からレモンガス)開催の湘南ベルマーレ対名古屋 COVID19の影響
2020.8.19 リーグ戦 ビジター席無し、観客数5000人上限での開催
2021.4.7 リーグ戦 ビジター席有り、観客数50%(約6900人)上限での開催
2022.7.2 リーグ戦 ビジター席有り、観客数100%での開催

 

|

« J1リーグ第18節 名古屋対鹿島 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(7/3) »

名古屋グランパス(2022年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« J1リーグ第18節 名古屋対鹿島 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(7/3) »