« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

感想「フィルムノワール/黒色影片」

「フィルムノワール/黒色影片」 矢作俊彦 新潮社
ここ30年くらいに出た矢作俊彦の本は、だいたい全部読んでいる気でいたけれど、2014年に出たこの本を見落としていたことに気付いて、入手して読んでみた。

主人公はおなじみのシリーズキャラクターの二村。神奈川県警の刑事だったはずだけど、本作では警察を辞職はしたものの、嘱託という中途半端な立場にいるという設定。
大物女優の頼みを受けて、香港へ幻の映画フィルムを探しに行くことになるが、この件には、二村が横浜で現場に出くわした、中国人が関わる殺人事件も絡んでいるらしく、両者が混然となって話が進んで行く。
そこら中に日活アクション映画への言及があるし、宍戸錠が重要な登場人物として、度々登場する。日活アクション映画への愛情を語るために書かれたような、徹頭徹尾、趣味的な小説(実際、新潮社のサイトにある宍戸錠との対談では、矢作自身がそんなような趣旨のことを言っている)。しかも550ページを超える大作で、こんな小説が出せるんだ、と思った。それだけ矢作俊彦のファンが居る(自分も含めて)、ということではあるんだろうな。すごいな。
まあ、帯には「日活100年記念」という記載もあるから、そっち絡みの企画でもあったんだろう。
とはいえ、登場人物のキャラクターとか、ストーリーの構成とか、いかにも矢作俊彦らしい小説なのは間違いなくて、そういう意味で完成度は高いし、ファンなら本当に楽しめると思った。
映画(これは必ずしも日活に限らない)への膨大な言及や、イメージの引用があるが、これに関しては、こちらの教養が薄すぎて、多分、1割も理解できてないんじゃないかと思うけれど、それでも雰囲気は十分に楽しめたし。

ただ、舞台となっている香港が、どの程度、リアルに描かれているのかは知らないけれど、これがこの本が出た2014年の現実だったとしても(本書の原型は、「新潮」で2010~2012年に連載されたようだから、さらに古いかも)、2019年以降、大陸による統制が強化されている現在では、失われた風景なんだろうなと思ってしまった。

| | コメント (0)

J1リーグ第33節 神戸対名古屋

2023.11.25(土) 14時 ノエビアスタジアム神戸
観客 25365人 主審 清水勇人 副審 三原純、道山悟至

 ヴィッセル神戸 2(2−1)1 名古屋グランパス
          (0−0)

 得点 12分 神戸・井出
    14分 神戸・武藤
    30分 名古屋・ユンカー

名古屋が負ければ(神戸が勝てば)、神戸の優勝が決まる試合だった。
所用でリアルタイムでは見れなかったので、夜、帰宅してからDAZNで見た。神戸の優勝が決まったら、さすがに日頃とは違うレベルでニュースに流れるだろうから、事前に結果を知ってしまわないように、最新の注意を払っていた(^^;。

名古屋の先発は、このところ2試合と同じ。

開始直後は、名古屋も積極的に攻めていたけれど、次第に神戸の分厚い攻撃陣に押し込まれるようになった。そして12分に、スローインからの流れで、速い展開で大迫がゴール前へ入れたボールを井出に決められる。ワンタッチで、ポストに当てながら、よく決めたな、と思ったのだけど、これが勢いというものなんだろう。
2分後には、佐々木→大迫→武藤の流れで、早々に追加点。これもそう簡単な得点ではなかったと思うし、神戸の勢いに飲み込まれたような、立て続けの失点だった。この時点では、惨敗での優勝献上を覚悟した。
その後も、神戸ペースの試合が続いた。名古屋は23分に、早々と久保を森島に代えて、和泉をサイドに下げ、森島をトップ下的なポジションに置いた感じ。流れを変えようというイメージだったのかな。ちなみに久保は、頑張ってはいたけれど、武藤あたりとのマッチアップで、かなりいっぱいいっぱいな感じに見えていたから、これはこれで悪くない交代だった気はする。
しかしその後も神戸の優勢は続き、決定機も作られていた。29分にはDFのこぼれ球を拾われて、佐々木にGKと一対一まで持ち込まれる決定的な場面を迎えたが、シュートがわずかに逸れてくれた。ここで0-3になっていたら、完全に決まっていたと思う。そして、ここが転機になった感じ。
直後の30分、神戸GK前川のゴールキックを、名古屋陣内で藤井が跳ね返したボールが神戸陣内に落ちた所へ、ユンカーがいちはやく到達してゴールへ疾走。DFに寄せられながらも、うまくかわしてアクロバティックなシュートを放ち、得点を決める。事故っぽい状況を生かして、ゴールを決める技術の確かさを見せる、いかにもユンカーらしいゴールで1-2。まだわからないかな、という気配が出て来た。
森島のボール捌きが、名古屋の攻勢を呼び起こしたとも思う。この後、前半終了までの時間は、名古屋の方に流れがあった。きわどいシュートが何本もあったが、紙一重で追加点には至らず。

後半も名古屋に勢いがあったけれど、神戸も決定機に持ち込む場面を度々作った。しかし神戸は、最初の2得点以降はシュートに精度を欠いて、枠になかなか飛ばなかった。
66分に名古屋は、米本と稲垣を山田と前田に交代。前田を前線に入れて、森島と山田がボランチ。そして、76分に前田が、永井のクロスを頭で合わせ、クロスバーを叩くきわどいシュート。
80分には永井が中島に交代。
攻め合う展開だったけれど、この後、得点は動かず、1-2で名古屋が敗れ、神戸の優勝が決まった。

立上りの神戸の気迫に屈したのが全てだった、という感じがする。神戸は度々シュートチャンスを作りつつ、結局、最初の2ゴールのような決定力を、その後は見せることはなかったから、あの時間帯さえ耐え切れていれば、と思えるのだけど、まあ、その時はまた別の流れがあったかもしれないし、言っても詮無いことではある。
それにしても、前半の後半以降は、名古屋が五分、もしくはやや優勢な試合展開に見えたし、内容も決して悪くはなかった。確かに優勝に値すると思える神戸と、ここまでいい試合が出来たんだから、名古屋も決して悪いチームではないということだよな。
森島投入が効いたのは確かだったと思う。前の湘南戦も森島はかなり良く見えていたから、この試合で先発で起用しても良かったのでは、と思うのだけど、まあ、長谷川健太には、何か考える所があるのかもしれない。とはいえ、来年は、とりあえずは、森島を軸にチームを作っていくことになるんだろうな。

神戸に関しては、今年のホームでの試合は現地で見たけれど、その時も、勢いだけではなく、本当に強さを感じた。補強で人材が揃ったこともあるにしても、10年以上もこのチームに関わり続けて、知り尽くした吉田孝行が作り上げたチームという感じがする。何かと話題の多い、このチームのことだから、雑音など、いろいろ面倒なことも多かっただろうけど、よくここまで持ってきたと思うし、素直に敬意を表したい気持ち。

| | コメント (0)

館山、安房国分寺跡(11/19)

バスで一旦、館山駅まで戻り、レンタサイクルを借りて、館山市内を回ってみることにした。とりあえずは、今回のもう一つの目的地、安房国分寺跡へ向かった。
館山駅から、レンタサイクルで少し迷いながら行って、15分程度で着いた。幹線道路沿いながら、館山の街外れ、といった印象。
20231119kokubunjiban 20231119kokubunji
現役のお寺があるので、その辺の兼ね合いもあるのか、あまり史跡らしい雰囲気はなくて、それほど大々的な調査も行われてはいないようだった。境内には、地元の人らしい人たちの姿を何人も見かけた。地域に溶け込んだ、普通のお寺という感じだった。
20231118keidai 20231119kondo 20231119setumei
国分尼寺跡と推定される場所も、比較的近所にあるようだったけれど、現地に行っても何も見つけられない可能性が高そうだったのと、それほど時間的な余裕もなかったので、パスすることにした。

観光案内所で貰った地図を頼りに、館山城に行ってみることにした。館山城周辺の公園は広々として、人出も多く、賑わっていた。少しのんびりしてもいい感じだったが、やはりあまり時間の余裕がないので、早々に立ち去った。
ちなみに併設されている郷土資料館では、里見八犬伝関係の展示をしていたようだった。館山では市内の各所で、里見八犬伝絡みのポスターなどを見掛けた。里見八犬伝が町おこしの重要な道具になっているんだな、という感じ。
20231119siro
最後に港にある「渚の駅」たてやまへ行った。さかなクンが監修したらしい「さかなクンギャラリー」をのぞいた。また、展望テラスからは海の向こうに富士山が見えた。館山で、こんなに綺麗に富士山が見えるとは知らなかった。
20231119fuji
そして館山駅に戻り、内房線に乗って引き上げた。(写真は館山駅西口)
20231119ekinisi

| | コメント (0)

野島埼(11/18,19)

房総半島最南端へ行った。房総へは何度も行っているが、館山は多分初めてだったし、最南端の野島埼(ここは南房総市)も初めて。

JR内房線で行った。君津までは普通の首都圏の長距離列車という感じだったのが、そこを過ぎると単線になり、一気にローカルな感じになった。ただ、木更津ー君津間の時点で既に、駅間は長いし、沿線も、だいぶ奥まで入り込んだ、という雰囲気があった。
朝方の天気は雨。次第に雨は上がったものの、曇り空。しかし列車内から西の方に、三浦半島や、雲に隠れながらの富士山が見えてきて、こういうロケーションなのかと思った。地図で位置関係は理解はしていたけれど、実際に目の当たりするとちょっと感じ方が違う。

館山駅で下車。寒いし、風は冷たいし、時々小雨がぱらつくしで、厳しい天候。それでも、徐々に快方に向かっているようではあった。
(写真は館山駅東口)
20231118ekihigasi

駅前からバスに乗って、野島埼へ向かった。
野島崎灯台口のバス停でバスを降り、今回の目的地のひとつの野島埼灯台へ。ここは見学者が入場可能な灯台で、見学者向けの展示がされている別館もある。しかし、閉鎖されていた。雨は上がっていたので、大丈夫かと思っていたが、強い風が吹いていたのでダメだったらしい。確かに灯台の上に上がったら、飛ばされてしまいかねない強風だった。
20231118toudai 20231118kanban強風にあおられて、海は高い波が立っていた。
20231118araumi仕方ないので、この日は諦めて周辺を散策。安房白浜駅というのを見つけて立ち寄ってみた。「駅」といっても、鉄道の駅ではなく、バスステーション。ただ、ここを発着するバス路線が減少傾向にあるようで、駅機能も縮小されているようだった。
20231118sirahamaしかし、晴れて来たとはいえ、風は強いし寒いので、早々に宿に撤退した。そして、この日は野島埼泊り。

翌日はきれいに晴れ、風も弱まっていた。朝一で灯台へ向かい、開場していたので入場した。
灯台の上から望む太平洋。
20231119umi
房総半島最南端の碑と、野島埼灯台
20231119nantan
野島埼灯台を見学するという目的を果たして、館山へ向かった。

| | コメント (0)

J2リーグ第42節 大宮対東京

2023.11.12(日) 13時 NACK5スタジアム大宮
観客 10857人 主審 中村太 副審 熊谷幸剛、内山翔太

 大宮アルディージャ 0(0-0)2 東京ヴェルディ
            (0-2)

 得点 63分 東京・綱島
    78分 東京・中原

J2最終節。曇り空で、だいぶ肌寒い天候。
前節、清水に大敗して、J3降格枠入りが決定した大宮が、勝てば、同時進行の他会場の結果次第で、自動昇格の可能性があるヴェルディを迎えての試合。
なお大宮は、J3の上位2チームがどうなるかによって、降格を免れる可能性は、わずかに残している。

大宮はさすがにアンジェロッティも外すなど、前節までとはメンバーを入れ替えて、システムも変えていた感じ。
GKはこのところ出ていた志村に代えて、今季限りで引退を発表した南。引退試合的なものかなと思っていたが、これでJリーグ通算400試合出場になったらしく、そういう含みもあっての起用だった模様。

前半は、ヴェルディがやや押し気味で、度々シュートまで持ち込んでいたけれど、決定的というほどの形は、あまり作れていなかった感じ。むしろ大宮の方が、よりゴールの可能性を感じる形を作る場面が多かった印象。しかし、こちらもフィニッシュの精度を欠いて、ゴールを決めきれなかった。それでも前半終盤になってくると、むしろ大宮が押し気味な雰囲気になっていた。
0-0で前半終了。この時点では、他会場も同点で、ヴェルディは4位のまま。

後半もなかなかスコアは動かなかった。59分にヴェルディが選手交代で動いて、前線に綱島を投入。63分にヴェルディのカウンター。右サイドを持ち上がった中原が森田に縦にパスを送り、森田が中へ折り返すと、逆サイドから入って来た綱島が合わせて先制。選手交代が、早々に結果を出した形。
これですっかり流れはヴェルディに行ってしまった感じ。
大宮は次々に選手を入れ替えたが、流れは変わらず、78分には中原にドリブルからシュートを決められ、2点目を失った。
そのまま試合終了。
ヴェルディは、自動昇格を争っていた上位2チームのうち、清水は引き分けたが、磐田が勝ったことで3位止まりとなり、自動昇格は逃して、最上位で昇格プレーオフに臨むことになった。

順位通りの結果とはいえ、大宮もそれなりに競った試合は出来ていたし、フィニッシュの精度次第では、勝てた可能性もあったと思う。まあ、双方、特別な状況下での試合だったから、単純には言えないと思うのだけど、そこまで圧倒的な差があったわけではないよな、という気がした。
今年の大宮は、昇格が狙えるようなチームではなかったにしても、昨年終盤にJ2残留に貢献した選手はおおむね残留していたし、他チームのお下がりとはいえ、外国人選手(アンジェロッティ)の補強もして、ここ2年に比べれば、チーム力はそこそこ悪くなかったと思う。実際、開幕当初の成績はそんなに悪くなかったから、今年は割と楽に残留を決められるんじゃないかな、と思っていた。
その後、全く勝てない泥沼にはまり込んで、最下位独走状態まで順位が急降下していったわけだけど、何が狂ったんだろう。今季の観戦は、シーズン半ばに少し持ち直してからの試合だけだったけれど、そこで見ている限りでも、選手の個人能力という点では、そこまで戦力の整ってないチームではないように見えていた。
でも、逆に、そこが罠なのかもしれない。戦力を過信して、戦い方を詰め切れなかったというか、戦術の模索に終始していた印象がある。やり方を変えて結果が出ても、長続きせずに、また連敗。そしてまた戦術を変えることの繰り返しだった。

来年はどうなるんだろうな。まだ降格が確定したわけではないけれど(逆に確定してない分だけ、準備が遅れそうな気もする)、チーム内のことだけでなく、親会社NTTからの扱いや、スポンサー関係とかも、大きく変わって来るのは避けられないんじゃないかな。

20231112board 20231112pitch 20231112score1 20231112score2
ヴェルディサポのみなさん。
20231112verdy

| | コメント (0)

J1リーグ第32節 湘南対名古屋

2023.11.11(土) 14時 レモンガススタジアム平塚
観客 11227人 主審 西村雄一 副審 五十嵐泰之、穴井千雅

 湘南ベルマーレ 2(2−0)1 名古屋グランパス
          (0−1)

 得点 15分 湘南・大橋
    23分 湘南・大橋
    63分 名古屋・久保

現地観戦。一面の曇り空で、雨がぱらついて来ないか、少し気になっていたけれど、それは問題なかった。
名古屋は、ACL絡みの順位の可能性を残しているとはいえ、消化試合に近い状況だったし、湘南はJ1残留がかかっていたから、モチベーションが違う。そもそも名古屋は、このところ、ほとんど勝てていないし、楽な試合にはならんだろうなとは思っていた。

名古屋の先発は2週前の前節と同じ。

両チームが積極的に攻め合う試合の入りになった。名古屋は前節の鳥栖戦も、こういう試合の入り方をして、優勢な展開に持ち込んでいたと思う。ただ、前節では明らかに押し気味になっていたけれど、この試合は攻める一方、度々攻め込まれていて、五分五分な印象だった。決定機も双方に同じくらい生まれていた。そして、先に決定機を物にしたのは、湘南の方。
15分に、中盤から阿部が左サイドゴール前へロングパスを送り、走り込んだ平岡が受けて大橋につないで、その大橋に決められた。守備を完全に崩された失点だった。
ただ、湘南は先制しても逃げ切れてない試合をしてるイメージがあったので、まあ、何とかなるんじゃないかとは思った。実際、この後も名古屋の決定機が生まれたが、相手GK(ソン ポムグン)が好守連発したこともあり、得点に至らない。
逆に23分に、名古屋が湘南のゴール前に人数を掛けて攻め込んで、自陣に選手がほぼ残っていない状況で、クリアされたボールを阿部に拾われ、そこからパスを受けた大橋にゴールまで独走された。大橋のループシュートは、ランゲラックが辛うじて触って、一旦は阻止したものの、ボールは大橋の方へこぼれ、再度シュートされて0-2。
さすがに2点差はキツイな、というのが、この時点での正直な感想。
この後も双方が攻め合う展開だったが、どちらも得点は出来ないまま、前半終了。

決定機の数自体は同じくらいだったと思うが、湘南は複数の選手が意思疎通しながら、厚みのある攻撃を仕掛けていたように思えた。一方の名古屋は、絡む人数が少なく、単発な攻撃で終ってしまうことが多いように感じられた。
また、2点目の失点は、改めて見直すと、あまりにも無防備だったと思う。ビハインドを背負った試合終盤のようなノーガードでの攻撃で、あの時間帯にそこまでやるか、という感じはした。

名古屋は後半、永井に代えて森島を投入。
この試合の森島は、今まで見た中では一番良かったように思った。トップからは少し下がり目な位置取りで、うまく攻撃に作っていた。
63分、相手ゴール前への縦パスを和泉が受け、久保に繋いで、さらに森島が受けてシュート。相手DFに当たったこぼれ球を、久保が拾ってシュート。決まって名古屋が1点を返した。
名古屋がなかなか出来ない連動した攻撃が、この場面では出来た。こういう場面をコンスタントに作れるようになれば、来季につながるのかなと思う。ただ、ここは、ボールが主審に当たって、ドロップボールでリスタートした流れで、一旦リセットしたところからだったので、セットプレー的にやりやすかったのかな、という気はしないでもない。
あとは、やっぱり1点差なら追い付けたんだよな、と思ったのだけれど、時間が早かったこともあり、この時点では、まだ追い付けるかもしれん、とも思った。
しかし、これ以降、名古屋が優勢な気配にはなったものの、一方的な展開には持ち込めなかったし、逆に湘南に攻め込まれる場面もあった。
75分に稲垣を貴田に交代。87分に和泉を中島に交代。ロスタイムには米本を吉田に交代。吉田は時間が少な過ぎたし、正直、貴田はほとんど印象にないが、中島は前線でポストとして、それなりに効いていた気がする。終了間際には、中島の走り込みでCKを獲得。
ラストプレーと思われたこのCKで、ランゲラックが前線に上がり、こぼれて来たボールをランゲラックがヘディングでシュート。しかしソン ポムグンに抑えられ、奇跡の同点ゴールとはならず。そのまま試合終了。

2週間、間が空いていたので、直後はあまりピンと来なかったけれど、あとで考えてみると、鳥栖戦を思わせる試合だったような気はする。選手の使い方がよく似ていたし、その結果か、攻撃が活性化していた。
キーマンは米本という感じがしたり、久保がよくやっていたところなども、鳥栖戦の印象に重なった。
それでもやっぱり勝てないんだけど、この形を発展させていけば、活路は見えるのかもしれない。もっとも、最終的には来年の話になるだろうし、選手の顔触れも含め、そうやって見えた形を、どの程度、来年に引き継けるかわからないけれど。
それから、ここへ来て、毎試合、あまりにもあっさり失点してしまっているのは、解決しないといけないもうひとつの問題だろう。シーズン終盤での選手の疲れてるというのも、原因の一部ではあるんだろうけど、全てではないよね。ただこれも結局、来年の陣容が決まらないと、どうしようもないだろうな。

湘南GKのソン ボムグンは、8月に故障離脱してから、久々の復帰戦だったようで、気合が違ったのかもしれない(試合終了後に場内で流れたインタビューでは、感極まっている場面もあった)。決定的なシュートをあそこまで止められては、やはり厳しい。そういう意味では、この試合は、鳥栖戦の朴一圭や福岡戦の永石の大当たりとも、通じるものがあったかもしれない。GKの能力、巡り合わせというのはあるにしても、なぜそういう試合ばかりになってしまうのかという理由を、考えてみる値打ちはあると思うな。名古屋の攻め方に、そういうものを呼び込む要素があるのでは、というような。

20231111board 20231111pitch 20231111score1 20231111score2

| | コメント (0)

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »