« J1リーグ第32節 湘南対名古屋 | トップページ | 野島埼(11/18,19) »

J2リーグ第42節 大宮対東京

2023.11.12(日) 13時 NACK5スタジアム大宮
観客 10857人 主審 中村太 副審 熊谷幸剛、内山翔太

 大宮アルディージャ 0(0-0)2 東京ヴェルディ
            (0-2)

 得点 63分 東京・綱島
    78分 東京・中原

J2最終節。曇り空で、だいぶ肌寒い天候。
前節、清水に大敗して、J3降格枠入りが決定した大宮が、勝てば、同時進行の他会場の結果次第で、自動昇格の可能性があるヴェルディを迎えての試合。
なお大宮は、J3の上位2チームがどうなるかによって、降格を免れる可能性は、わずかに残している。

大宮はさすがにアンジェロッティも外すなど、前節までとはメンバーを入れ替えて、システムも変えていた感じ。
GKはこのところ出ていた志村に代えて、今季限りで引退を発表した南。引退試合的なものかなと思っていたが、これでJリーグ通算400試合出場になったらしく、そういう含みもあっての起用だった模様。

前半は、ヴェルディがやや押し気味で、度々シュートまで持ち込んでいたけれど、決定的というほどの形は、あまり作れていなかった感じ。むしろ大宮の方が、よりゴールの可能性を感じる形を作る場面が多かった印象。しかし、こちらもフィニッシュの精度を欠いて、ゴールを決めきれなかった。それでも前半終盤になってくると、むしろ大宮が押し気味な雰囲気になっていた。
0-0で前半終了。この時点では、他会場も同点で、ヴェルディは4位のまま。

後半もなかなかスコアは動かなかった。59分にヴェルディが選手交代で動いて、前線に綱島を投入。63分にヴェルディのカウンター。右サイドを持ち上がった中原が森田に縦にパスを送り、森田が中へ折り返すと、逆サイドから入って来た綱島が合わせて先制。選手交代が、早々に結果を出した形。
これですっかり流れはヴェルディに行ってしまった感じ。
大宮は次々に選手を入れ替えたが、流れは変わらず、78分には中原にドリブルからシュートを決められ、2点目を失った。
そのまま試合終了。
ヴェルディは、自動昇格を争っていた上位2チームのうち、清水は引き分けたが、磐田が勝ったことで3位止まりとなり、自動昇格は逃して、最上位で昇格プレーオフに臨むことになった。

順位通りの結果とはいえ、大宮もそれなりに競った試合は出来ていたし、フィニッシュの精度次第では、勝てた可能性もあったと思う。まあ、双方、特別な状況下での試合だったから、単純には言えないと思うのだけど、そこまで圧倒的な差があったわけではないよな、という気がした。
今年の大宮は、昇格が狙えるようなチームではなかったにしても、昨年終盤にJ2残留に貢献した選手はおおむね残留していたし、他チームのお下がりとはいえ、外国人選手(アンジェロッティ)の補強もして、ここ2年に比べれば、チーム力はそこそこ悪くなかったと思う。実際、開幕当初の成績はそんなに悪くなかったから、今年は割と楽に残留を決められるんじゃないかな、と思っていた。
その後、全く勝てない泥沼にはまり込んで、最下位独走状態まで順位が急降下していったわけだけど、何が狂ったんだろう。今季の観戦は、シーズン半ばに少し持ち直してからの試合だけだったけれど、そこで見ている限りでも、選手の個人能力という点では、そこまで戦力の整ってないチームではないように見えていた。
でも、逆に、そこが罠なのかもしれない。戦力を過信して、戦い方を詰め切れなかったというか、戦術の模索に終始していた印象がある。やり方を変えて結果が出ても、長続きせずに、また連敗。そしてまた戦術を変えることの繰り返しだった。

来年はどうなるんだろうな。まだ降格が確定したわけではないけれど(逆に確定してない分だけ、準備が遅れそうな気もする)、チーム内のことだけでなく、親会社NTTからの扱いや、スポンサー関係とかも、大きく変わって来るのは避けられないんじゃないかな。

20231112board 20231112pitch 20231112score1 20231112score2
ヴェルディサポのみなさん。
20231112verdy

|

« J1リーグ第32節 湘南対名古屋 | トップページ | 野島埼(11/18,19) »

大宮アルディージャ(2010年~)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« J1リーグ第32節 湘南対名古屋 | トップページ | 野島埼(11/18,19) »