« J2リーグ第40節 大宮対甲府 | トップページ | J2リーグ第42節 大宮対東京 »

J1リーグ第32節 湘南対名古屋

2023.11.11(土) 14時 レモンガススタジアム平塚
観客 11227人 主審 西村雄一 副審 五十嵐泰之、穴井千雅

 湘南ベルマーレ 2(2−0)1 名古屋グランパス
          (0−1)

 得点 15分 湘南・大橋
    23分 湘南・大橋
    63分 名古屋・久保

現地観戦。一面の曇り空で、雨がぱらついて来ないか、少し気になっていたけれど、それは問題なかった。
名古屋は、ACL絡みの順位の可能性を残しているとはいえ、消化試合に近い状況だったし、湘南はJ1残留がかかっていたから、モチベーションが違う。そもそも名古屋は、このところ、ほとんど勝てていないし、楽な試合にはならんだろうなとは思っていた。

名古屋の先発は2週前の前節と同じ。

両チームが積極的に攻め合う試合の入りになった。名古屋は前節の鳥栖戦も、こういう試合の入り方をして、優勢な展開に持ち込んでいたと思う。ただ、前節では明らかに押し気味になっていたけれど、この試合は攻める一方、度々攻め込まれていて、五分五分な印象だった。決定機も双方に同じくらい生まれていた。そして、先に決定機を物にしたのは、湘南の方。
15分に、中盤から阿部が左サイドゴール前へロングパスを送り、走り込んだ平岡が受けて大橋につないで、その大橋に決められた。守備を完全に崩された失点だった。
ただ、湘南は先制しても逃げ切れてない試合をしてるイメージがあったので、まあ、何とかなるんじゃないかとは思った。実際、この後も名古屋の決定機が生まれたが、相手GK(ソン ポムグン)が好守連発したこともあり、得点に至らない。
逆に23分に、名古屋が湘南のゴール前に人数を掛けて攻め込んで、自陣に選手がほぼ残っていない状況で、クリアされたボールを阿部に拾われ、そこからパスを受けた大橋にゴールまで独走された。大橋のループシュートは、ランゲラックが辛うじて触って、一旦は阻止したものの、ボールは大橋の方へこぼれ、再度シュートされて0-2。
さすがに2点差はキツイな、というのが、この時点での正直な感想。
この後も双方が攻め合う展開だったが、どちらも得点は出来ないまま、前半終了。

決定機の数自体は同じくらいだったと思うが、湘南は複数の選手が意思疎通しながら、厚みのある攻撃を仕掛けていたように思えた。一方の名古屋は、絡む人数が少なく、単発な攻撃で終ってしまうことが多いように感じられた。
また、2点目の失点は、改めて見直すと、あまりにも無防備だったと思う。ビハインドを背負った試合終盤のようなノーガードでの攻撃で、あの時間帯にそこまでやるか、という感じはした。

名古屋は後半、永井に代えて森島を投入。
この試合の森島は、今まで見た中では一番良かったように思った。トップからは少し下がり目な位置取りで、うまく攻撃に作っていた。
63分、相手ゴール前への縦パスを和泉が受け、久保に繋いで、さらに森島が受けてシュート。相手DFに当たったこぼれ球を、久保が拾ってシュート。決まって名古屋が1点を返した。
名古屋がなかなか出来ない連動した攻撃が、この場面では出来た。こういう場面をコンスタントに作れるようになれば、来季につながるのかなと思う。ただ、ここは、ボールが主審に当たって、ドロップボールでリスタートした流れで、一旦リセットしたところからだったので、セットプレー的にやりやすかったのかな、という気はしないでもない。
あとは、やっぱり1点差なら追い付けたんだよな、と思ったのだけれど、時間が早かったこともあり、この時点では、まだ追い付けるかもしれん、とも思った。
しかし、これ以降、名古屋が優勢な気配にはなったものの、一方的な展開には持ち込めなかったし、逆に湘南に攻め込まれる場面もあった。
75分に稲垣を貴田に交代。87分に和泉を中島に交代。ロスタイムには米本を吉田に交代。吉田は時間が少な過ぎたし、正直、貴田はほとんど印象にないが、中島は前線でポストとして、それなりに効いていた気がする。終了間際には、中島の走り込みでCKを獲得。
ラストプレーと思われたこのCKで、ランゲラックが前線に上がり、こぼれて来たボールをランゲラックがヘディングでシュート。しかしソン ポムグンに抑えられ、奇跡の同点ゴールとはならず。そのまま試合終了。

2週間、間が空いていたので、直後はあまりピンと来なかったけれど、あとで考えてみると、鳥栖戦を思わせる試合だったような気はする。選手の使い方がよく似ていたし、その結果か、攻撃が活性化していた。
キーマンは米本という感じがしたり、久保がよくやっていたところなども、鳥栖戦の印象に重なった。
それでもやっぱり勝てないんだけど、この形を発展させていけば、活路は見えるのかもしれない。もっとも、最終的には来年の話になるだろうし、選手の顔触れも含め、そうやって見えた形を、どの程度、来年に引き継けるかわからないけれど。
それから、ここへ来て、毎試合、あまりにもあっさり失点してしまっているのは、解決しないといけないもうひとつの問題だろう。シーズン終盤での選手の疲れてるというのも、原因の一部ではあるんだろうけど、全てではないよね。ただこれも結局、来年の陣容が決まらないと、どうしようもないだろうな。

湘南GKのソン ボムグンは、8月に故障離脱してから、久々の復帰戦だったようで、気合が違ったのかもしれない(試合終了後に場内で流れたインタビューでは、感極まっている場面もあった)。決定的なシュートをあそこまで止められては、やはり厳しい。そういう意味では、この試合は、鳥栖戦の朴一圭や福岡戦の永石の大当たりとも、通じるものがあったかもしれない。GKの能力、巡り合わせというのはあるにしても、なぜそういう試合ばかりになってしまうのかという理由を、考えてみる値打ちはあると思うな。名古屋の攻め方に、そういうものを呼び込む要素があるのでは、というような。

20231111board 20231111pitch 20231111score1 20231111score2

|

« J2リーグ第40節 大宮対甲府 | トップページ | J2リーグ第42節 大宮対東京 »

名古屋グランパス(2023年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« J2リーグ第40節 大宮対甲府 | トップページ | J2リーグ第42節 大宮対東京 »